日本からキューバへの行き方って?


 

 

日本人に注目される社会主義国、キューバ。

行き方をご存じだろうか?

 

 

 

俺がここに興味を持ったのは・・・

 

昔テトリスで競った(笑)地元の

てっちゃんが、ここに移住を決めたから。

 

 

 

 

 

キューバへの行き方

 

 

キューバはアメリカからの直行便がなく (マイアミからは

何とキューバ人専用の便があるが)、 北のカナダや南の

メキシコ、もしくはヨーロッパのフランス経由の行き方になる。

 

個人的におすすめなのは、美しいメキシコのビーチリゾート

カンクン、そして爆笑映画「クールランニング」で大好きに

なったジャマイカ辺りを一緒に楽しむルートだ。

 

 

 

安く効率的なキューバへの行き方を

始め、世界を楽しく旅する方法、

経済的自由を手に入れる手段を学ぶ

 

 

 

 

行き方が分かったら。キューバの魅力とは?

 

 

実はキューバという国が安全で落ち着いている

場所だと知ったのは、行き方に迷ったあげく

実際に足を踏み入れてからだった。

 

これも大好きな映画「スカーフェイス」でアル・パチーノが演じる

キューバ難民トニーのキャラクター(笑)、さらにカストロや

社会主義と聞いて恐れおののいていたが・・・

 

実際はイメージと全く異なっていた。

 

 

むしろ、社会主義ということで

現地の人達が助け合って生きている。

 

日本人だと分かっても、ふっかけてきたり

ぼったくりに合わないのは、このフィリピンよりも

モラルがしっかりしている証拠(笑)。

 

 

そしてまだまだこれから発展していく国であり、事業を

始めるチャンスも。日本から遠く離れて何かにチャレンジ

したいあなたには、面白い場所の一つといえる。

 

オンラインビジネスで食べている俺としては、

ここのネット環境が改善されたら移住を考えてもいいほど。

 

 

ちなみにリアルタイムで観てはいないが・・・

 

日本のTV番組の影響なのか、キューバに興味を持ち

実際に移住方法や現地への行き方を調べる日本人が

増えていると聞く。

 

それでも、外国人である俺達が現地で暮らすのは当然、

キューバ人ほど安く済まないこと、社会主義ということで

様々な文化の違いを感じること。スペイン語がメインになること。

 

さっき語ったように、そもそも距離がある上に

乗り換えが必要であり、日本に一時帰国しづらいなど

移住の弊害があることも覚えておきたい。

 

 

 

キューバとドバイへの旅費、そしてスプリット観光

現地への行き方を気にしていたのは副業で成功したOLの芳美。

 

俺と同じひどいクセ毛の彼女は(笑)、

ドゥマゲッティダイビングフィリピンの果物に目がない。

 

 


メールアドレス >

よく読まれている記事



コメントは8件です

  1. nokian より:

    キューバ!ゲバラに会いに行きたい。行き方も知ったしバッチリです。あとはお金だけですw
    >毎回語っているToDoリスト。
    無駄なことに時間を消費しないためにも
    余計な物を買わないためにも(笑)、
    毎日10分の計画を習慣にしたい。
    大切なのは、
    計画通りにいかないことをストレスにしないこと、
    そのストレスを恐れて計画を立てないこと(笑)。
    完璧を目指さず、
    フットワーク軽く
    まずはやってみる。
    【戦略的休息の活用】
    日本人は、休むのが苦手といわれる。
    要はオンオフの切り替えが下手ということ。
    このフィリピンの人達は、むしろ休みすぎの傾向にあるが(笑)。
    そこで計画を立てる時に、
    「積極的休息日」をあらかじめ組み込んでおくことを
    勧めたい。
    最近耳にして興味深かったのは、
    「休むのが上手な人」は
    とんでもないポテンシャルを発揮するという事実。

  2. makostyle より:

    アメリカからキューバへの直行便はないのですね。距離は近いように感じますが、意外に不便なのですね。キューバは昔バレーボールをやっていたころ男女ともにものすごく強くて憧れていました。

  3. きよ より:

    キューバといえばカストロ議長です。
    国民の自由を奪った独裁者、アメリカに頼らない道を歩んでいることから
    やっぱり怖いイメージがありますね。
    イメージがまったく異なっていたということで、興味わいてきました。

  4. しおばなはるの より:

    キューバって社会主義国家だけど、結構良い国だと聞いた事があります。社会主義国家としてかなり理想に近いとも。かなり行ってみたい国ですね。

  5. いもこ より:

    キューバという単語だけ聞くとなかなか治安悪いイメージがなぜかあったのですが、全然そんなことはないのですね!!認識誤りでした。

  6. より:

    アメリカとは近くて遠い国ですね。
    私は社会主義、共産主義というのが
    よくわからなくて・・・
    キューバがそうだということも初めて知りました。

  7. ポップ より:

    キューバといえばやはり葉巻。
    葉巻をたしなむ者といては一度は行って
    現地の葉巻の工場や生産地を見学してみたいものです。

  8. うず より:

    実はキューバという国が、安全で落ち着いている場所だと思ってもいませんでした。キューバの事を全然知らないので、少しずつ調べていきたいです。

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

    自由への道

海外移住プロデューサー:DAN

 フィリピン在住の40代独身男。

  現地でフィリピン人の起業

  支援をしつつ、日本人の

  海外移住をサポート。

  東南アジアを中心に世界を

  周ることを日常とする。

DANの半生

    自由への道
カテゴリー
最近の投稿

ページの先頭へ