知られざるワーホリの「その後」


 

 

あなたは、ワーホリのその後を

考えたことはあるだろうか?

 

 

 

ワーホリという非日常体験。これにワクワクするばかりで、

その後どうするかを適当にしている人が思いのほか多い。

 

俺の身近では、オーストラリアのワーホリで

2年の滞在を終えた田川くんのその後のケース。

 

 

 

 

 

ワーホリのその後の選択肢

 

 

田川くんと出会ったのは、彼がオーストラリアでの

2年のワーホリの後いったん一時帰国し、その後

インターンとしてやってきたセブだった。

 

彼のようにワーホリ後さらにインターンや語学留学を

続けるというパターンは珍しく、日本の社会人の多くは

ワーホリの経験を活かそうと日本の転職市場に躍り出る。

 

 

やはり珍しい例として、友達のサネちゃんは

オーストラリアのワーホリの後にドイツでワーホリを続け、

その後現地でフリーランスのビザを取った。

 

一方では、やはりドイツでのワーホリの後に

東南アジアに飛び、シンガポールで仕事を見つけて

働いている兼田という男もいる。

 

 

ちなみに田川くんの場合は、2年間農場の仕事を手伝い

英語をほとんど使う機会がなく、英語力をあまり

伸ばすことができなかった。

 

韓国人の彼女と楽しくやっていたこと以外は(笑)、

あまり身にならなかったと語る。

 

 

 

ワーホリを使わなくても海外で

安定収入を得るには?その後も

移住を続ける具体的な方法

 

 

 

 

目的の曖昧なワーホリの、その後の惨状

 

 

もし今からワーホリに行くなら、TOEICの目標点数を

明確にしておいたり、海外の大学に入って現地で就職する

といった具体的な目標を決めておこう。

 

目的の曖昧なワーホリ、結果を証拠として残せないワーホリは

むしろ、あなたのキャリアにとってただのブランクになり、

マイナスになってしまうことを覚えておきたい。

 

 

具体的には、ビジネス英語まで可能なバリバリの

レベルになるか、日本企業がいまだに重視するTOEICで

750点以上出せるかどうかが一つの目安。

 

多くのワーホリ経験者のように日常会話ができるレベルだと、

転職の際に強くアピールすることもできず、むしろお遊び留学、

バカホリなどと呼ばれ評価が下がってしまう。

 

企業としては中途半端な人材を雇う余裕はないため、

帰国後のあなたへの評価はそれなりに厳しくなる。

 

 

あなたが最低でもTOEIC700点以上、また仕事で

即戦力になれる語学力を身につけていないならば・・・

 

留学経験者を求めている会社にエントリーするか、

行動力のあるタフな人材を求めている会社を見つけ、

そこに面接を申し込もう。

 

 

 

ワーホリ中にそのまま海外移住の準備を始めたのは、

個性心理学の相性チェック法を学び、その後天才の習慣

取り入れたサキ。

 

治安の良いマカティに住むフィリピン在住の日本人

知り合った彼女は、俺と同様に非日常を愛する女性だ。

 

 


メールアドレス >

よく読まれている記事



コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

自由への道

海外移住プロデューサー:DAN

 フィリピン在住の40代独身男。

  現地でフィリピン人の起業

  支援をしつつ、日本人の

  海外移住をサポート。

  東南アジアを中心に世界を

  周ることを日常とする。

DANの半生

    自由への道
カテゴリー
最近の投稿

ページの先頭へ