高い旅費のドバイ。行く価値はあるか?


 

 

世界7位の観光都市ドバイ・・・

旅費はいかにも高そうだが、実際はどれぐらいだろうか?

 

 

下見なしで移住したフィリピンから

現地へ飛んだ男が、実体験を語る。

 

 

 

 

 

旅費が高いドバイってどんなところ?

 

 

俺と同じくハリウッド映画好きなあなたなら、「ミッション

インポッシブル4」でトム・クルーズが超高層ビルの外側に

張り付いて上っていくシーンを覚えているはずの(笑)ドバイ。

 

 

日本人が敬遠しがちな中東だが、その中でも

アラブ首長国連邦のドバイは特別。

 

何しろ観光都市として国が力を入れ、「世界一」「世界最大」に

こだわっている。有名なブルジュハリファやドバイモール、世界唯一

の7つ星ホテル・バージュアルアラブもそう。

 

治安に不安のある中東の中では、

観光都市であることから治安がいい。

 

親が子供を夜中の0時過ぎに外に連れ出している光景には

驚いたが、これは海外ではなかなか見られない。

 

 

タカシも「旅費が高そう」と話していたドバイだが、ここは

鉄道があったりと交通の便がしっかりしていて、またタクシーの

マナーが良いのも特長。

 

ドバイ空港を中心に近代的な高層ビルが立ち並んでいるかと思えば、

車で少し行けば海が見られるし、また砂漠が広がっている・・・

このギャップが魅力であり、旅費が高い理由にもなっている。

 

ちなみにこの砂漠では、四駆やラクダでの

アクティビティが楽しめ観光客にも大人気。

 

 

海外での親日度の高さは、このドバイでも感じる。

怖そうな顔のアラブ人が親切で安心した(笑)。

 

 

 

旅程や旅費を気にせずドバイに何度でも。

時間とお金の自由を同時に手に入れる手段

とは?

 

 

 

 

ドバイへの旅費の概算

 

 

ドバイに限らず、訪れる海外でどんなホテルに泊まり、

どんな観光の仕方をするかで当然旅費はピンキリになる。

 

 

現地の通貨はAEディルハムだが、物価水準は

先進国レベルになっているドバイ。

 

食事などは東京と変わらず、ショッピングモールや

レストランで食事をすれば軽く1人1,000円台後半になる。

 

むしろ、先進国の中では食費が安い日本。

東京のほうが安くつくともいえる。

 

ドバイでの移動手段としては鉄道もあり、東京と変わらない

タクシー代を抑えるためにもこれを上手く活用し、旅費を節約したい。

 

 

ちなみにSIMカードをビジタープランで購入したが、2,000円ほどと

高い割に200MBなどの制限があり、また場所によっては通信状況も

かなり悪かった。

 

もっとインフラが整っていると期待しただけに、少しがっかり

させられた。この点、香港やシンガポールのネット状況はかなり優秀。

 

 

世界最大の水槽があるドバイ水族館の中に入る場合は

数千円かかったりと、見る場所によって追加で旅費がかかる。

 

結局、俺の場合は4泊5日で60,000円程度。ただし

これはフィリピンのマニラからドバイに入ったため、

航空運賃を安く抑えられたおかげ。

 

日本からだと、同じ日程で

80,000円程度は見ておきたい。

 

 

 

ドバイで黒人の彼女と過ごした後は、

旅費も気にせずドゥマゲッティダイビングへ。

 

話すのが苦手だったのに、バシッとコミュ障を改善した後は

フィリピンに友達をつくりまくっているモテ仲間の光さん。

 

俺と同じく、かつては人見知りだったなんて

言わなければ誰も気づかない(笑)。

 

 


メールアドレス >

よく読まれている記事



コメントは7件です

  1. モカシンシューズ より:

    ドバイ!MI4で出ましたね?行きたいけど旅費が。。。。笑
    >この中でも、いともたやすく結果を出す仲間と
    そうでない人の差は、ひとえに
    「継続しているか否か」
    のみで決まっている。
    継続できない理由と、
    その具体的な対策については
    以下にまとめたので参考に。
    【継続のポイント】
    「3週間継続すると、その行動は習慣に変わる」
    情報発信の中で繰り返し語ってきたこと。
    ダイエット、禁酒、禁煙、勉強、
    英会話、ブログ、ビジネス・・・
    毎日の行動が習慣になれば
    サボることに強烈な罪悪感を感じ、
    やらないことが気持ち悪くて仕方なくなる。
    こうなると、サボることのほうが難しい。
    俺がモテたい盛りに太り始めた中3の秋、
    和光から隣町の朝霞までのジョギングを

  2. makostyle より:

    本当にドバイへは今死ぬまでに一度訪れてみたいと思っています。グーグルアースで少し散策はしましたが、建造物の迫力に圧倒されます。また世界有数のお金持ちが集結している都市というイメージもあり、どうにかして友達が作りたいと思ったりもします!

  3. シルビアン より:

    競馬が好きなので、ドバイにはぜひ行ってみたいです。
    旅費がとても高そうに思っていたけど、案外普通なんですね。
    MI4でトム・クルーズがブルジュハリファをよじ登るシーン、ドキドキでした。
    よくあんな装置で登る気になりますよね。

  4. ちびかお より:

    さすが世界トップクラスの観光都市ドバイですね!東京ですら物価が高いと思う田舎者にしたら、ドバイ旅行へはなかなか手が出せそうにありません(笑)仮に旅行券が抽選で当たったとしても、なかなかの出費がありそうですね。お金には変えられない価値と感動は間違いなくあるとは思いますが。大都市もあり、海もあり砂漠もあるなんて、こんな贅沢な旅行は他には味わえないですよね?何かの間違いで行けることを夢見て日々過ごしたいと思います(笑)

  5. ユウゾラ より:

    ドバイへの旅費は私の想像よりずっと安いので驚きです!ドバイというととんでもないお金持ちの都市で、私のような一般人はどうあがいても行けるようなところではないと思っていました。希望が湧いてきました!

  6. ひかり より:

    海外に行くにはやはり費用は高いですよね。
    ドバイにはいってみたいので
    それくらいの費用は覚悟の上ですね!!
    色々な場所もありそうなので
    ぜひ行ってみたいです。

  7. ニック肉食 より:

    流石はドバイ‼と言いたいところだけど、あまりに高いのは嫌だなぁ。まぁそれだけ観光地として面白い場所なんだと思いますけど。ドバイの海は素晴らしいですよね。勝手なイメージですが。

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

自由への道

海外移住プロデューサー:DAN

 フィリピン在住の40代独身男。

  現地でフィリピン人の起業

  支援をしつつ、日本人の

  海外移住をサポート。

  東南アジアを中心に世界を

  周ることを日常とする。

DANの半生

    自由への道
カテゴリー
最近の投稿

ページの先頭へ