高い旅費のシンガポール。行く価値はあるか?


 

 

閉塞感の日本から脱出をもくろむ人も多いシンガポール(笑)。
旅費はいかにも高そうだが、実際はどれぐらいだろうか?

 

 

 

シンガポールに近いフィリピンへ移住した男が、

現地への実際の渡航時の旅費について語る。

 

 

 

 

 

旅費が高いシンガポールって、どんなところ?

 

 

日本から飛行機で6時間の東南アジア、シンガポール。俺が移住した

フィリピンはもちろん、周辺の他の国に比べて旅費が高いのは有名

だが・・・冬のない南国であり、多くの人が海外から移住している。

 

多国籍国家であり、中国語の他に、独特の訛りはあるものの

英語が通じる。そして交通やネット状況などのインフラが整っており、

厳しい条例が有名で現地の治安は日本以上に良い。

 

海外に行く場合でも綺麗で便利な場所を好む日本人には、

人気の旅行先となっている。

 

 

マレーシアから独立した小さな都市国家であり、

車を使えば1日で全て周れてしまう程度の広さ。

 

逆にこのコンパクトさが人気で、日程に余裕のない多くの

日本人旅行者にはむしろ旅がしやすい国ともいえる。

 

 

綺麗なリゾートに足を伸ばそうと思えば、近郊のインドネシアや

マレーシアに気軽に渡ることも可能。安全にナイトライフを楽しみたい

あなたにもおすすめできる。

 

 

 

旅費や帰る日を気にせず、シンガポールに

いつまでもいられる理由。時間とお金の

自由を得る方法とは?

 

 

 

 

シンガポールへの旅費の概算

 

 

まずシンガポールへの旅費として最も大きくなる航空チケットだが、

LCCなら往復40,000円かからないものの、LCC以外の直行便で高い

時期だと90,000円ほどになるケースも。

 

 

次にお金がかかるのが宿泊費。

 

安いゲストハウスなら3,000円以下でも泊まれるが、基本的には

7,000円以上と考えておきたい。フィリピンでは2,000円台でも

泊まれるところがゴロゴロあると考えると、やはりシンガポールは高め。

 

 

シンガポール料理は日本人の味覚にも合う美味しいものが多いが、

わざわざシンガポール旅行に行ってフードコートや屋台ばかりで

済ませるわけにはいかないだろう(笑)。

 

基本的に物価や人件費がすでに高いシンガポールでは、食費の安い

日本と比べレストランでの食事は東京以上にかかると考えておきたい。

 

 

ありがたいのは、現地でwifiを使う場合の

SIMカードが安くて容量が多いこと。

 

また交通の便が良い割に、交通費は

東京などよりもずっと安く済む。

 

 

シンガポールの旅費は、3泊なら安く抑えれば50,000円台。

高い時期にチケットを取れば、当然100,000円は軽く超えてくる。

 

マリーナベイサンズのような有名なホテルに泊まれば、もちろん

これでおさまるわけはない(笑)。

 

 

 

デュッセルドルフ(ドイツ)スウェーデン人女性と恋愛し、

人生逆転を図るのはモテ仲間の山路氏。

 

奥さんから感謝されないとボヤく彼も、

俺と同じマザコンであることをよく知っている(笑)。

 

 

メールアドレス  >

よく読まれている記事



コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

    自由への道

プロフィール

海外移住プロデューサー:DAN


カテゴリー

DANの半生

    自由への道
最近の投稿

ページの先頭へ