マレーシアでの子育てのメリットとデメリットとは?


 

 

日本人が海外移住したい国として長い間、人気ナンバーワンを

誇っているマレーシア・・・ここでの子育て事情はどうなって

いるのか?

 

 

 

モテ仲間の一人、安西さんも娘のみなちゃんの

子育てのためにマレーシアに移住することを検討していた。

 

 

 

 

 

マレーシアでの子育てのメリット

 

 

マレーシアがイギリス連邦の加盟国であることから、

現地には優秀なインターナショナルスクールが少なくないこと。

その割に当然だが、欧米よりも子育ての費用や教育費が格安で済む。

 

 

東南アジアの中では比較的英語が通じるというのも、この

マレーシアのメリット。観光大国のタイや最近人気のベトナム、

ミャンマー辺りはやはりまだまだ英語が伝わらないことが多い。

 

国際言語を身につけさせるための子育てに、この点は大きい。

当然あなたがお子さんと日常生活を過ごす場面でも。

 

 

一年中温暖で生活がしやすいこと、

日本と比べて地震などの災害が少ないこともメリット。

 

和食レストランや日本からの輸入品を扱っている店も

少なくないので、食生活ではそれほど不自由しない。

 

このフィリピンもそうだが、思ったよりも医療施設の

しっかりしている場所が多い。特に外国人の多い

クアラルンプール辺りにはその傾向が。

 

 

その他マレーシアは他民族国家であり、

多くの人とコミュニケーションをする中で

多様な価値観を身につけていけるのもいい。

 

 

 

マレーシアに住んで楽しい南国生活。

ストレスのない子育てのために場所を

問わない経済的自由を手に入れるには?

 

 

 

 

マレーシアでの子育てのデメリット

 

 

マレーシアは治安が良いと日本人に認識されているが、

実際に住んでいる多くのモテ仲間の話、そして俺が訪れた

限りではそれほどでもない(笑)。

 

一時、不動産投資先として注目されていたジョホールバルにも

よく通っていたが、ここに刃物を持った男が出没する話は

仲間の間で有名だった。

 

これは極端としても、やはり東南アジアでは特に

スリや置き引きといった軽犯罪は避けられない。

 

 

一方で生活費が安いという話もあるが、ここでは値段に応じた

物やサービスという感覚が強く、値段に対しての特別なお得感を

感じない。

 

さらにイスラム教の国であり、日本との文化の違いを

感じる面が少なくないともいえる。

 

 

 

マレーシアやドバイの旅費だけでなく、東南アジア周遊、特に

シンガポールの旅費まで気にしていたのは子育てに夢中なマイルズ。

 

話すのは苦手だがどうしてもチェコのプラハ

行きたいと話す彼女。俺と同じく太りやすい

遺伝子を引き継いでいる(笑)。

 

 


メールアドレス >

よく読まれている記事



コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

    自由への道

海外移住プロデューサー:DAN

 フィリピン在住の40代独身男。

  現地でフィリピン人の起業

  支援をしつつ、日本人の

  海外移住をサポート。

  東南アジアを中心に世界を

  周ることを日常とする。

DANの半生

    自由への道
カテゴリー
最近の投稿

ページの先頭へ