香港口座の5つの魅力


 

 

金融都市として、世界的に有名な香港。
口座をここに持ちたいと思ったことは?

 

 

 

俺の場合は、和光からフィリピン移住後に香港に渡り、

口座をつくってお金の運用を始めるという
遅咲きのスタートだった。

 

 

 

 

 

HSBC香港の口座の5つの魅力

 

 

ここでは、香港に拠点を置く

HSBCについて触れてみたい。

 

 

まずは何といっても、HSBC香港の
口座の国際的な信用度の高さ。

 

香港自体が金融都市としての発展を遂げており、
この中でもHSBCは別格の信用度を誇っている。

当然この銀行の口座は、いろいろな面で安心できる。

 

ちなみにこのフィリピンにもHSBCはあるが、
ローカル銀行としての扱いなので、やはり
口座開設は香港で行う必要がある。

 

 

次にサービスの充実。

 

インターネットバンキングによって海外でも
自由に送金できるのはもちろんのこと、世界中にある
ATMで預金の引き出しが可能。

 

さらには長期積立や、様々な投資を分散させるための
プランもある。一任勘定という形で、プロに運用を
任せることも可能。

 

 

日本人によるサポートがあること。

 

香港を始め、やはり海外の銀行については

口座開設後にそれを使いこなせるか不安になるが・・・

 

英語で分かりづらい部分も含め、玉利さんのような
長年のキャリアを持つプロがフォローしてくれる。

 

トラブルの場合にも

彼らの対応スピードは本当に早い。

 

 

また手数料が安いというメリットも。

 

HSBC香港のキャッシュカードを持つことで、
口座利用に付随した両替手数料を安くすることが可能。

 

 

かつ金利が高いこと。

 

日本の多くの銀行のように、倒産のリスクが高い割に
金利が低いというのはイレギュラー。

 

香港を始め、世界ではその銀行のリスクに見合った
利息を受け取れるのが通常。こうした海外の銀行や
口座の常識は、日本にいると気づかないことも多い。

 

 

 

香港での口座開設法や具体的な

使いこなし方、移住しても

経済的不安なく暮らす方法を学ぶ

 

 

 

 

香港に口座を持つなら

 

 

あなたが本気で香港のHSBCに口座を持とうとするなら、
急いでおきたい理由がある。

 

それはHSBC香港に限らず、日本人の海外での
口座の開設が年々難しくなっていること。

 

 

このHSBCに限っても英語での面接を必須にしたり、
ビデオでそれを撮影したりなどその時々で口座開設の
条件や手続きが変化。

 

いい加減な動機の人には不必要に

口座を開設させない方向に動いている。

 

 

日本人である俺達の国際的な信用が、

ずっと保たれていく保証はどこにもない。

 

過去の栄光に縛られず、できるうちから
行動するというスタンスでいるようにしたい。

 

 

 

かつてモテない特徴を持っていたマニラ在住の日本人

昭雄さんは、フィリピン女性との付き合い方を学ぶ課程で

完璧主義を治す必要性を痛感した。

 

俺と同様にフェミニストの彼は、

とにかく脱サラを成功させるべく毎日奮闘している。

 

 


メールアドレス >

よく読まれている記事



コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

    自由への道

海外移住プロデューサー:DAN

 フィリピン在住の40代独身男。

  現地でフィリピン人の起業

  支援をしつつ、日本人の

  海外移住をサポート。

  東南アジアを中心に世界を

  周ることを日常とする。

DANの半生

    自由への道
カテゴリー
最近の投稿

ページの先頭へ