おすすめのハバロフスク観光スポット3つ


 

 

「いや、ハバロフスク観光・・・意外と良かったです」

 

 

 

マニラ、フィッシャーモールの斜め前のスカイバーで

レッドホースをガンガン飲みながら語った持田さん。

 

俺も以前、観光で行ったハバロフスクについて

その意外な魅力で盛り上がった。

 

 

 

 

 

観光地ハバロフスクってどんな場所?

 

 

あなたはハバロフスクと聞いて

何をイメージするだろうか?

 

 

ハバロフスクは、同じロシアのウラジオストクとともに

知る人ぞ知るコンパクトな観光地。

 

3日もかからず、ほとんどの見どころを周れる。

 

忙しい日本人がなかなかヨーロッパに行けない中、俺の移住した

このフィリピンと同じくらいの時間でヨーロッパのような雰囲気を

楽しめるということで、ハバロフスクは観光地としてその人気が

上がってきている。

 

極東ロシアというと、今までなら日本人にとって旅行したい海外

としてはことごとく対象から外れていたが、この状況にもすでに変化が。

 

 

このハバロフスクはアジアである中国との境目の街で、

独特の文化を保っている観光地だ。

 

ここが面白いのは「コリアンロシア人」が多く、俺がよく

新大久保で食べていたようなサムキョプサルやキムチといった

韓国料理を、本格的な味で堪能できること。

 

 

ちなみにハバロフスクが、俺のおじさんが一時住んでいた

新潟市と姉妹都市になっているのも意外な発見だった。

 

 

 

ハバロフスクに移住も?時間と場所の

自由を伴った収入のつくり方とは

 

 

 

 

ハバロフスク観光におすすめの場所

 

 

見どころは、人々が行き交うセントラル広場

 

活気があるのはセントラルステーションもそうだが、

持田さんは食事のためだけにここを訪れている。

 

 

レーニン広場もいいが、個人的にはそこから徒歩で行ける

リパブリック」というコーヒーショップを訪れてほしい。

 

 

そして最もおすすめしたいのは、アムール川からの風景

対岸には中国の広大な土地が広がる。

 

ロシアからアジアを眺められるというのも

なかなかレアな体験だ。

 

 

ロシアは冬が厳しく、また英語が通じづらかったり

入国のためにビザが必要などネガティブな面も多いものの・・・

日本からそう遠くない場所で異国情緒を感じられるのはいい。

 

綺麗な女性が多いところなど(笑)、男性にとっては

外せない魅力もある。

 

 

 

ウラジオストク旅行ハバロフスク観光の後、そのまま

フィリピンのダバオに来てダバオ観光にガツンとシフトした

モテ仲間のケンタさん。

 

俺と同じ強いくせ毛の彼は(笑)、マンゴーを始め

フィリピンの果物をとても気に入った様子。

 

 


メールアドレス >

よく読まれている記事



コメントは11件です

  1. mini より:

    ロシアでキムチやサムギョプサルが食べれるなんて意外過ぎます!しかも3日で観光できるんですね〜、まだまだ知らない事が多いな〜

  2. シルビアン より:

    ハバロフスクに観光なんて考えてもみなかったです。
    でも確かに近いですね。長時間のフライトが苦手な私にはいいかも。
    ヨーロッパのような異国情緒を味わえるのは魅力ですね。

  3. てなん より:

    ハバロフスク・・・まったくノーマークでしたね笑)観光してみます。>>若い頃、何かにつけてよく落ち込んでいた人が
    年齢を重ねるごとに落ち込まなくなるのは、

    仕事で部下を持ったリ自分の家族を持ったりして、
    誰かを励ます機会が増えるからだと聞いた。
    だから、まだ若くても意識して他人を励まし
    勇気づける習慣をつければ、落ち込むことは減るし
    リカバリーも早くなる。

    もしかしたらフィリピン人は、
    これが自然にできているのかも・・・

    あのランキングを見て、そう感じた。

    そして、ドストエフスキーのこの言葉。

    「人間が不幸なのは、
    自分が幸福であることを知らないからだ」

    アメリカの修道女をサンプルに、
    全く同じ生活環境や食事を用意し

    それを幸せと感じている人と
    不満ばかりの人

    それぞれの追跡調査を行ったデータがある。

  4. 相良 より:

    恥ずかしながら、ハバロフスクという名前自体初めて知りました。3日もかからず周れるっていいですね。韓国料理好きで、キムチは毎日食べるほど好きなので、俄然ハバロフスクに興味が出てきました。物価とかはどうなのでしょうか?韓国に行くのよりやすいんですか?

  5. makostyle より:

    コンパクトな観光地大好きです!ミニチュアのように狭い区画にギュッと必要なものがつめこまれたような街は本当に郷愁を感じます。なぜでしょう?ハバロフスクポイント高いです。

  6. マリ より:

    日本から近くて、3日間で観光できて、
    しかも韓国料理も食べれて、行ってみたいです。
    長期の休暇がとれなくても行きやすいかもしれませんね。

  7. 野田 より:

    ハバロフスクはキムチや韓国料理以外にもインドにあるような宮殿の建物もありますよ。
    日本の出島みたいな感じで色々な国の文化などが入り混じったロシアの中でも珍しい所です。

  8. ゆい より:

    ハバロフスクは聞いた事もありませんでした。あまり海外に興味がなかったです。
    ロシアに韓国の人が多くいるのは、驚きです。中国の人なら分かるけど。何か歴史があるんでしょうね。

  9. ユウゾラ より:

    中国のロシアよりの地域にはロシア風の顔立ちの方が多く、案外私にとっては魅力的な顔立ちに思っていましたが、コリアンロシア人もいらっしゃるのですね。ロシアで食べるキムチはどんなものかすごく興味があります。

  10. マゼンタ より:

    コリアンロシア人が多いのは意外な感じですね。国境的に中国系なら分かるのですが、北朝鮮系なんでしょうか。長時間の飛行機が苦手なので、近場でヨーロッパの雰囲気を感じられるのは良いですね。

  11. ひかり より:

    世界にはまだまだ知らない場所が
    沢山ありますね。
    色んな風景を見てみたいです。
    市場では時間を忘れるくらいに
    楽しめそうですね!!

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

自由への道

海外移住プロデューサー:DAN

 フィリピン在住の40代独身男。

  現地でフィリピン人の起業

  支援をしつつ、日本人の

  海外移住をサポート。

  東南アジアを中心に世界を

  周ることを日常とする。

DANの半生

    自由への道
カテゴリー
最近の投稿

ページの先頭へ