カリマンタン島の魅力とは?


 

 

「カリマンタン島に転勤になりました。
ていうか・・・どこですか?」

 

 

 

自分が働くことになった場所もよく把握していない

機械専門商社の営業マン、健(笑)。

 

 

 

 

 

カリマンタン島の魅力

 

 

世界で3番目に大きな島として知られるカリマンタン島は、

インドネシア人にとっての呼び名。カリマンタンは、

マレーシア側からはボルネオ島と呼ばれている。

 

とにかく、一つの島をブルネイを含め3つの国が所有している

というのがユニークで面白い。実際は70パーセント以上が

インドネシアの土地だが。

 

 

カリマンタンには、ケニャ族やガジュ族を始め

何と200以上もの島の種族が暮らしている。

 

現地で原住民の伝統的な生活を見れたのは、

非日常が好きな俺にとって素晴らしい経験だった。

 

 

インドネシア語で「森の人」を意味するオランウータンで

有名な、このカリマンタン島。彼らを取り巻くのは当然、

緑豊かに生い茂るジャングルだ。

 

まさに野生生物の宝庫といえる。

 

実はここが、中東のような石油の産地というのは意外だった。

丈夫な木材も熱帯雨林のジャングルから採取されている。

 

 

このカリマンタン島を訪れる時に外せないのが、

バリクパパンという東にある港湾都市。

 

まさに健が働くことになったのがこの街。

 

ここではビーチも楽しめるし、ダイビングをするあなたには

サンガラキ島というダイビングスポットがある。

 

 

二階建ての船でマハカム川をクルーズしながら、

豊かな自然を堪能できる喜び・・・

 

場所と時間の自由を手に入れて

本当に良かったと思えた瞬間だった。

 

 

 

カリマンタン島に移住するための

「場所を問わない安定収入」のつくり方

 

 

 

 

カリマンタン島へのアクセス

 

 

ダイレクトマーケティングビジネスの先輩ユメさんが

家を持ち、自然との一体感が魅力のバリ島。

 

サーファーのメッカであるこの場所からは、

国内線の飛行機でカリマンタン島にアクセスできる。

 

 

インドネシアと聞くと、イスラム教徒(ムスリム)が世界一

多いということで、過激派のイスラム国に次の拠点として

狙われた場所でもあるが・・・

 

現地でのテロの失敗から、次のターゲットは

俺のいるフィリピンに移った。

 

もともとムスリムの人達は、平和を愛し穏やかな人達。特に

カリマンタン島については、基本的にのどかで落ち着いた場所だ。

 

 

 

カリマンタン行きの前にマニラのゴーゴーバーアンヘレスでの

夜遊び、そしてサバンビーチ(プエルトガレラ)を楽しんだのは、

島暮らしをずっと望んでいた松島さん。

 

俺と同じフェミニストで嫁が白人の彼は、

なぜかアイルランド文化に異常に詳しい。

 

 


メールアドレス >

よく読まれている記事



コメントは9件です

  1. ゆう より:

    カリマンタン島、名前は聞いたことありましたがどこにあるかとかはさっぱりでした。自然がすごく多そうな場所ですね。一度行ってみたいです!

  2. makostyle より:

    カリマンタン島というと以前冒険系のテレビ番組か何かで観たような気がしますが、ものすごい秘境というイメージが強いです。オランウータンで有名な島だったのですね。世界はすごいです。

  3. チョリ より:

    そんな島があるってでもよく見たらマップを見たらカリマンタン島っていうのはばっちりと出ていますよねボルネオ島のほうがどちらかと言うと読めない方でしょうかしかし世の中には面白い島がいろいろあるものですしかしフィリピンを見るとやっぱりすごい島国ですよね驚きました日本がそれなりにでかい島でその周りにちっちゃい島がくっついてると言う形なので気づかなかったんですがフィリピンっていうのはほんとにしましましまですよねそれなのに行くのが大変移動が大変と言うこともあり言葉も違っていたり人々の文化も違っていたりといろいろな背景が生まれてくるんでしょうねやっぱり日本との形が違っていうのがそういった文化の違いを生んでいくんだと思います興味がちょっとずつ出てきたところですブログから情報いただきます

  4. マゼンタ より:

    カリマンタン島の名前は聞いたことがありましたが、ボルネオ島のことだとは知りませんでした。ジャングルだとは知っていましたが石油も出るのですね。資源の宝庫、うらやましい限りですね。

  5. ぽぽ より:

    カリマンタン島、はじめて聞きました!
    全国にはいろんな島がありますね。
    オランウータンで有名ってすごい!ほんとに野生の宝庫だ。
    現代の地球ではかなり貴重な地域かもしれませんね。
    健さん、知らない土地で不安が多かったかもしれませんが、
    湾岸都市でビーチもあるってかなりアタリの勤務先じゃないですか!
    うらやましいです~!

  6. ユウゾラ より:

    日本で生まれ育った私からは200以上もの種族が暮らす島というのがどのようなものか全く想像できません。その種族間の交流はどのようなものなのか、種族というのはどのような違いがあるのかなど、カリマンタン島には知りたいことが一杯です!

  7. きよ より:

    カリマンタン島知りませんでした。ボルネオ島のことなんですね。
    200以上の種族が暮らすというのは想像がつきません。
    どのような暮らしをしているのか、興味あります。

  8. くろ より:

    カリマンタン島? どこの未開の島だと思いましたよ。インドネシアのボルネオ島なら知ってます。ジャングルがあって海も綺麗で固有の動植物がたくさんある島ですね。大都会もあるけど、先住民も暮らしています。近年は環境破壊と密漁が問題になっています。自然環境保護が進んで欲しいですね。

  9. 美女も野獣 より:

    カリマンタン島。オランウータンで有名な島なんですか。私もカリマンタン島と聞いて、どこ? ってなりました。でも少し調べると相当複雑な土地っぽいですね。ちょっと行ってみたいです。

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

自由への道

海外移住プロデューサー:DAN

 フィリピン在住の40代独身男。

  現地でフィリピン人の起業

  支援をしつつ、日本人の

  海外移住をサポート。

  東南アジアを中心に世界を

  周ることを日常とする。

DANの半生

    自由への道
カテゴリー
最近の投稿

ページの先頭へ