海外に脱出した男が語るその方法と、サバイバルに必要なマインド


20583141590_7c917bd9ac_b

 

 

「不安ばかりの日本を離れて海外脱出!」

 

 

 

特に最近、海外不動産投資や永住権の取得を勧める

デベロッパーのサイトで目にするコピーだ。

 

 

正直、あまり好ましいアピールの仕方ではない。

 

母国をあっさり捨てる薄情者を量産させる印象があるし(笑)、

何よりこの考え方で実際海外に来た周りの人が、海外脱出に

うまくいっていないから。

 

 

 

 

 

海外脱出するなら持っておきたいマインドとは

 

 

海外脱出に必要なのは、

 

あなたにとっての幸せが何か

 

を明確にしておくこと。

 

 

幸せは全ての人が求めるものだが、頭の中でそれが何か漠然と

していると幸せになることできない。なぜなら、人は自ら定義した

ものしか体験できないから。

 

例えば「毎日マンゴーやハロハロが食べられることが幸せ」と

定義していれば、それが実現する毎日に幸せを実感しやすくなる。

もちろんこれは俺自身のことだが(笑)。

 

「毎日パートナーとのスキンシップを楽しむ」「仕事にやりがいを

感じる」ことを幸せと定義していれば、どうやったらパートナーと

うまくコミュニケーションできるか、どうしたら仕事がもっと楽しく

やりやすくなるかを考えることが、幸せへの近道となる。

 

ハリウッド映画に感化されて非日常が好きになった俺。

 

自分の幸せは海外でのスローな南国生活にあると定義し、

日本を脱出してフィリピンに移住。やはりこの生活で日々

幸せを実感できる。

 

 

俺が長く付き合っているモテ仲間には、「日本でもハッピー。でも

海外に住んだら、より自分の可能性を広げることができ、多くの人

と価値観を交換しながら自分を高めていける」・・・そうした人が多い。

 

逆に、フィリピンを始め海外で知り合った日本人には、

しかめっ面でその国への不満ばかりを口にする人もいる。

 

店員の態度が悪い、トイレや街が汚い、食べ物がおいしくない・・・

こういった人は、日本でも不満を言い続けてきた人。

 

だから海外脱出しても、すぐに日本に戻っているのが多くのケースだ。

そして間違いなく、戻った日本でも相変わらず不平不満の毎日が

続くのだろう。

 

これは海外のその国ではなく、自分自身に問題があることに

気づいていないから。日本を脱出して別の国に住むなら、そこに

住ませてもらっているという謙虚な気持ちを忘れないこと。

 

 

日本が嫌だから、日本に不満があるからというより、海外に出て

自分の可能性を広げるというマインドで国外脱出をするなら、

それは有意義なものになる。

 

 

 

海外脱出または日本との二重生活を

安心して続けられる「あのアイデア」

とは?

 

 

 

 

楽しい海外脱出ライフを継続するには

 

 

海外脱出するなら最も問題になるのが、

その国に長期滞在するためのビザ、そして安定した仕事だ。

 

 

基本的に海外に住むなら、日本よりも生活コストが同じか

上がったりする国への脱出はおすすめしていない。

 

これはアメリカなどの先進国を除き、日本よりも給与水準が

上がることは少ないから。そしてアメリカなどでは当然、永住を

前提とした長期滞在が難しい。

 

海外で日本よりも給料が下がるとなると、

生活費が安くなければ快適な暮らしができない。

 

 

生活費を下げながら長期滞在できる国として1つ挙げるなら、

俺が住んでいるフィリピン。

 

永住権が他のどの国よりも取りやすく、かつ人件費や物価は

東南アジアの中でもダントツに低い。にも関わらず、今後最も

経済成長が見込まれる国。

 

この国で海外生活を続けるアイディアとしては、自分自身の

個人メディア、具体的にはブログを持つこと。これなら国外脱出

しても日本の大きな市場から日本円を稼ぎ、かつ場所の自由を

奪われず快適に暮らすことができる。

 

Googleアドセンスなどの広告を貼るのもいいし、

ブログからメールマガジンにつなげるのも1つ。

 

詳細な個人メディアの構築方法についてはニュースレターの中で

指南しているので、まだ情報を手にしていないモテ仲間は是非

この機会に交流を図りたい。

 

 

 

こうした記事を最後まで真剣に読むかどうかで、その先見の明を

具体的なチャンスに変えられるかどうかが分かれる。

 

同じチャンスでも、ガッチリつかみ取る人、サラッと流す人、

見なかったふりをする人など様々(笑)。

 

本気の人には本気で応えていく。

 

 


メールアドレス >

よく読まれている記事



コメントは26件です

  1. トコウ より:

    海外移住するなら、その移住先の嫌なところや醜いところも受け止めなければなりませんよね。それでも、私はここが世界で一番大好きだっと言えるところに移住したいですね。

  2. みかど より:

    トイレが汚いってのは、日本人にはこたえますよね。夢の世界ってだけじゃ済まない外国生活がほとんどでしょう。そこらへんもしっかり準備したいですね。

  3. 雪華 より:

    納得です!
    自分の一番大切にしたいことを優先すべきですね。
    日本で暮らしていようが、海外に移住しようが同じ。日本で実現できるなら、わざわざ海外に出なくてもいいわけですしね。

  4. 中川 創聖 より:

    確かに海外に行ったら成功できるみたいな考え方だとどこの国に行っても成功はしそうにないですね。海外にで生活したいていうにはその国の文化なども勉強もしないといけないと思いますしね。努力ができずに自分で物事を考えることができない人はこの先置いてけぼりになりそうですね。グローバル化が進むにつれて

  5. 猫姫 より:

    日本は最低限の生活水準が世界でもトップクラスと言われています。
    そんな中、海外に飛び出せば生活水準を落とすのは必須。
    同じ、それ以上を求める場合はより高い生活コストを支払わないと難しい。
    理想を言うならば海外に住んでいながら日本で仕事をするという事が一番なような感じがする。
    そのためには個人でのブログ、ネットワークビジネスは必須ですね。

  6. もち より:

    海外ドラマの世界が現実そのものと思ったら大間違いだろうがああゆうバカ騒ぎできるような雰囲気は憧れます。海外っていいよね

  7. ばからにゃん。 より:

    こっそり海外脱出希望派でもありますwレターで学ばないと。>今世の中には便利な道具溢れているそれらをどんどん活用して時間を大切に使ったほうがいい餅は餅家に任せることも大切専門外のことを一生懸命がんばったところでその道のプロには絶対にかなわないことを考えて自分でやってしまう人もいるがそれこそ時間の無駄自分にしかできないことを優先的により変更しても中さんにも仕事を進めてもらうその分コストがかかったとしても同時に2つのことが出来上がるから十分に元が取れる

    楽しく感じられる瞬間を生きていくことがとても重要そして楽しいこと優先させるために時間を管理して大切に使う人さんに楽しいことがない人は時間の管理が下手だからぜひ楽しいことを見つけるそしてそれを優先するにはどのように時間を加味すればいいか考えるそうすることで人生のバランスが取れるし楽しいことをすれば感情も豊かになり誰かにその話をしたり共有したりすることであるため人人間関係も築ける楽しいという感情は人間の成長に不可欠

  8. あゆ より:

    日本脱出するなら、覚悟が必要だと思う。
    日本で上手くやれないから海外へとかは逃げだけであって、日本で上手くやってれば海外でも上手くやって行けるはず。日本脱出するなら中途半端な気持ちでは脱出はしたくないですね。

  9. st3 より:

    確かに現状に不満で文句ばっかりいう人は結局どこに行っても文句言いますよね。
    しっかりしたビジョンを持っていれぱ文句よりどうしたら状況が良くなるか考えますよね。

  10. 空の下 より:

    どこにいてもいつも文句が出る人っていますけど
    自分もそうだったなと思っています。若いころは。
    今は気づきましたけど。

  11. ひかり より:

    海外で過ごすこと自体サバイバルみたいなものですね。
    知らない場所で生き抜くためには
    自分のしんがしっかりしていないといけません。
    すぐに挫折してしまいそうです。

  12. ゆあ より:

    確かにその通りだと思う。何が自分にとって幸せか明確にすることで海外での生活も充実したものになるんですよね。国内でも同じ。結局は、自分自身。つくづく思います。

  13. サラ より:

    海外生活、良いですね~!私も憧れます。たまに日本の悪口を言っている人を見かけますが、そんなに嫌ならすぐに海外に行って欲しいと思っています。どうしてわざわざ悪口を言うのでしょう?楽しい生活が待っているのに、躊躇する理由がわかりません。海外で生活するスキルをつけて、是非チャレンジして欲しいですね。

  14. みぽち より:

    同じ毎日を送っていても、幸せと感じる人もいれば、不満を感じる人もいますよね。それは日常が良くないのではなく、自分自身がいけない、、
    なんか心に響くものがあります。

  15. ゼットン より:

    海外に行って一番自分が変わることはやはり考え方です!色々な批評があると思いますが、それは行って感じたことなのでそれも経験でいいと思います!

  16. 空の下 より:

    本気の人には本気でこたえていくっていうのはいいですね。
    いつも不満を言っているだけは、どこへ行っても不満が目の前に出てくる
    ということに気づかないのは悲しいです。
    まず自分にとっての幸せの定義を決めようと思います。

  17. りりかってぃ より:

    海外に住むことを考えてない人間からすると、ふーんと流しちゃいそうな記事かなと思ったのですが、幸せが何か?という問いかけにはっとさせられましたね。一筋縄ではおわらないのがこのブログの魅力ですね。
    自分の幸せをまだよくわからないですが、ゆっくりと探していきたいなと思いました。

  18. カオ より:

    自分も幸せとは…昔ならただ毎日を過ごしていましたが、
    今では家族と毎日笑て過ごせることが幸せです。喧嘩もありますが
    日本でも満足しています。

  19. makostyle より:

    私は弱い人間だとつくづく思います。サバイバルな生活に憧れはしますが、おそらく実際にその環境に身を置かれたらすぐに逃げ出してしまいそうな気がします。これではだめだ・・・

  20. マリ より:

    海外へのあこがれはありますが、サバイバル力は自信がありません。
    移住するにもメンタル面でも強くないとやっていけませんよね。

  21. ゆい より:

    プラスの目的なく、海外移住をしても成功しないって事ですね。
    ちょっと仕事が嫌になっていたんですが、安易に逃避してもしょうがないんだなって、考えさせられました。

  22. ユウゾラ より:

    自分の意志で海外移住したのにその国の不満ばかり言うのは寂しいですね。おそらく心の弱さが言動に現れるのですね。もし私が海外移住をすることになればしっかり自分の目標をもって行きます。

  23. シルビアン より:

    結局のところ、何事も自分しだいですね。
    きちんとした目標があればどこの国でも幸せに過ごせると思います。

  24. keito より:

    自分にとっての幸せとは何かなんて
    普通はあまり考えないですよね。
    ちょっと考え込みそうになりました。

  25. あい より:

    人生こそ最大のサバイバルだと思っています。
    自分のやりたいことを見つけ
    それに向かって一生懸命になる。
    どこであれ、
    そういう生き方が大切だと思います!!

  26. より:

    本気の人には本気で応えていく。
    嬉しいですね。
    確かに不平不満は自分に付いてくると思えます。
    不平不満は自分に付いているから
    ある人はどこに行っても不平不満がある。

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

自由への道

海外移住プロデューサー:DAN

 フィリピン在住の40代独身男。

  現地でフィリピン人の起業

  支援をしつつ、日本人の

  海外移住をサポート。

  東南アジアを中心に世界を

  周ることを日常とする。

DANの半生

    自由への道
カテゴリー
最近の投稿

ページの先頭へ