ワーホリ後の結婚のイメージが悪い理由とは?


 

 

あなたの身近に、ワーホリ後に結婚して

そのまま現地に残った日本人はいるだろうか?

 

 

 

俺の場合は、和光の実家から自転車で

7分ほどのところに住んでいたふーちゃん。

 

彼女は今オーストラリアで家庭を持ち、

楽しく暮らしている。

 

 

 

 

 

よく耳にする、ワーホリ後の結婚のイメージ

 

 

「そもそもワーホリ自体、外人と付き合ったり

結婚するのが目的だったんじゃないの?」

 

「語学勉強そっちのけで、

外人の異性を追いかけてる」

 

「日本を出てまでデキ婚かい?」

 

・・・

 

俺からすると一つも理解できないのだが、よくもまあ

こうしたネガティブな部分だけを見つけてこれるものだと

むしろ感心する(笑)。

 

 

しかし、まさにオーストラリアでのワーホリの滞在中に

素敵な出会いがあり、大恋愛の末に結婚したふーちゃんのように

素晴らしいパートナーシップを築いている例はいくらでもある。

 

しかも彼女の場合は、ワーホリ中に語学力が伸びなかったところ、

オーストラリア人のパートナーができたことで英語の勉強に

よりいっそう努力するようになり、結婚後はネイティブ並みになっている。

 

 

俺にとってはむしろ、ワーホリと結婚の組み合わせは

人生の素晴らしいチャンス、そして成長する

きっかけになるというポジティブなイメージだ。

 

 

 

ワーホリと結婚をうまくいかせる秘訣、

時間とお金のバランスを得て海外移住

するための具体的な手段を学ぶ

 

 

 

 

ワーホリ後の結婚をうまくいかせる条件

 

 

ではこうしたネガティブな声は、

どう払拭すればいいのか。

 

結論からいえば、外野の声は一切気にしないこと。

 

個人的には、行動力を発揮して実際

海外に出ているあなたを評価したい。

 

 

はっきり言って、ワーホリをきっかけに純粋に

素敵な出会いがあり、その後結婚に至ったとしても

何か言いたい人はありもしないことを適当に並べてくる。

 

それだったら、最初から気にしないほうが賢い。

 

覚えておきたいのは、外野は

常に存在するということ。

 

そしてその裏には、羨ましさや嫉妬といった

ネガティブな感情が必ずある。この人間の本質を

理解していれば、いちいち腹を立てることもない。

 

 

このワーホリをより人生に活かすためには、行く前から

その後の人生のブループリントを明確にしておくこと。

 

出会いを過剰に期待すると、その意識に

望まない相手が引き寄せられるのは国内にいても同じ。

 

自分を磨いている時、あなたは魅力を放つし

輝いて見える。そんなあなたが自然に出会えた人は、

あなたのレベルに合った魅力的な相手。

 

 

何しろ俺が同じ日本人として羨ましいのは、

日本人女性はとにかく海外でモテるという

イメージ通りの事実(笑)。

 

今は、海外が身近な時代。

閉塞感のある国内でくすぶる必要もない。

 

 

 

ワーホリで世界に出た日本人の一人マルさんは、

誕生日での性格分析や結婚の相性分析が得意な男。

 

俺と同じく下見なしでフィリピンに移住した彼は、

やはりフィリピン人の特徴を知り尽くしている。

 

 


メールアドレス >

よく読まれている記事



コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

    自由への道

海外移住プロデューサー:DAN

 フィリピン在住の40代独身男。

  現地でフィリピン人の起業

  支援をしつつ、日本人の

  海外移住をサポート。

  東南アジアを中心に世界を

  周ることを日常とする。

DANの半生

    自由への道
カテゴリー
最近の投稿

ページの先頭へ