インレー湖の魅力とは?


 

 

ミャンマーのインレー湖・・・

 

 

東南アジア好きの旅人に人気の

この場所をあなたはご存じだろうか?

 

 

 

ミャンマーといえば、日本人にとってはタイや

マレーシアほど人気はないものの、実は見どころが多く

訪れた人がリピーターになりやすい国。

 

特にヤンゴンやバガンは、インレー湖の流れで

行く人が年々増えてきている。

 

 

 

 

 

インレー湖の魅力

 

 

インレーといえば、

ミャンマーの中東部にある細長い湖。

 

時期によって規模が大きくなったり小さくなったりする、

この不思議なインレー湖。暑い時季の小さい状態でも十分な広さだが。

 

 

インレーでの見どころは何といっても、カッター遺跡。

そしてファウンドーウーパヤーという巨大な寺院の、

その湖からの姿は圧巻だ。

 

インレーでまたユニークなのは、なんと湖の上で

生活しているインター族が存在すること。

 

湖の上に家が建っていたり、

浮き畑があるのは世界でも相当珍しい。

 

 

これらを楽しむためには、インレー湖のボートトリップ

に申し込む必要がある。

 

船を1台借り切って行くため、あなたの仲間と数名で

参加するのがいい。もしくは近くの宿で気が合う

外国人旅行者がいれば、船をシェアするのも一つ。

 

4人くらい集めれば

1人500円程度で足りる。

 

 

 

インレーのような魅惑の場所を

いつでも訪れることができる自由、

湖畔に大きな家を建てて住む・・・

願望実現の具体的な手段とは?

 

 

 

 

インレー湖に行く前の準備

 

 

時季によってはかなり涼しいので、

何か羽織れるものを持っていくといい。

 

それから、そもそもこのインレーに

フィリピンの海のような綺麗さは期待しないこと(笑)。

水深がかなり浅いため水草が見えたり、湖水が汚れている。

 

 

さっきも語ったように、ここでの観光は人数が集まることで

コストを抑えられるので、ニャウンシュエ辺りでシェアできる

日本人旅行者を見つけることをおすすめする。

 

たまたま日本人がいなくても、

フレンドリーな欧米人はいくらでもいる。

 

 

ちなみにミャンマーという国は、入国が他の東南アジアの国に比べ

少し面倒。日本人の恵まれたパスポートをもってしてもビザが必要だ。

 

それだけに避ける人も多いが、このインレー湖を始め

面白い場所がかなり豊富。

 

 

現地では英語が通じづらいので、ミャンマー語の

基本的な言い回しを準備しておくのを勧めたい。

 

 

 

インレー 湖とバンコクでの夜遊びマニラの温泉

フィリピンの女の子チェコのプラハなど好きなものが

多岐にわたる旅人もっち。

 

最近結婚率を気にしている彼も実は、

俺と同じかなりのシイタケ嫌いだったりする(笑)。

 

 


メールアドレス >

よく読まれている記事



コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

自由への道

海外移住プロデューサー:DAN

 フィリピン在住の40代独身男。

  現地でフィリピン人の起業

  支援をしつつ、日本人の

  海外移住をサポート。

  東南アジアを中心に世界を

  周ることを日常とする。

DANの半生

    自由への道
カテゴリー
最近の投稿

ページの先頭へ