東南アジア在住者が語るペナンのコンドミニアム


 

 

マレーシアの中でも、知る人ぞ知る人気のペナン。

ここにコンドミニアムを持ちたいと思ったことは?

 

 

 

サーの称号を持つ、東南アジアで

最も成功した日本人の一人・小西さん。

 

事業の先輩である彼が住むペナンに

コンドミニアムを持つことを考えていたのは・・・

 

國學院時代の同級生で

車関係のビジネスを立ち上げた川岸だった。

 

 

 

 

 

ペナンのコンドミニアムの特徴

 

 

当然マレーシアの中でも、首都であるクアラルンプールや

一時投資熱の高まったジョホールバルと比べると、ペナンの

コンドミニアムの賃料相場は低い。

 

日本人が住むようなケースでは、

例えば100平米で月8万円のイメージ。

 

当然、家具付きのファーニッシュというスタイルだし

プールやジムもついているのが基本。24時間セキュリティ

ガードが常駐しているので安心だ。

 

日本だと倍以上すると思われる高級マンションを

広々と安く使えるのは、ペナンを始め海外の

コンドミニアムの魅力。

 

 

投資用にコンドミニアムを持つ場合には、

やはり需要が大きいジョージタウン。さすがに

世界遺産の力は大きい(笑)。

 

もちろん物件によるが、投資のための

コンドミニアムを持つ場所としては申し分ない。

 

そしてガーニードライブやプラウティクス、

ペナン国際空港にも近いバヤンバルも個人的には

投資の余地があると踏んでいる。

 

 

ちなみにペナンの特徴として、車さえあれば

様々な場所に行きやすいコンパクトな都市という点。

 

個人的には、混雑した

大都会よりもお気に入りだ。

 

 

 

ペナンという南国でストレスのない

コンドミニアム生活を。場所を

問わない経済力の構築法とは?

 

 

 

 

ペナンなど海外でコンドミニアムを持つなら気をつけたいのは

 

 

これはペナンに限らないが・・・

海外で投資用にコンドミニアムを所有するなら、

 

プレビルドの場合は事前にしっかり業者を精査し、

本当に信頼できる取引相手であり物件であるかを

チェックすること。

 

 

そして実際にモノがある場合は、水回りを中心に

細かい部分を手抜かりなく確認したい。

 

とにかく労を惜しまず、足を運んで

実際の部屋を見てみること。

 

特にオーナーによって趣味が変わるのが

内装の部分で、ここはマレーシアの物件の特徴でもある。

 

 

もちろん、物件そのもの以外にも環境を含め

空き室リスクが低いかどうかを確かめておきたい。

 

 

 

ペナンから中国に移住上海生活の後、再びドイツに移住

フィンランドで就職してコンドミニアムを売っていたのは勝幸。

 

俺と同じマザコンの彼は(笑)なぜか

引き寄せの法則の活かし方が上手だ。

 

 


メールアドレス >

よく読まれている記事



コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

自由への道

海外移住プロデューサー:DAN

 フィリピン在住の40代独身男。

  現地でフィリピン人の起業

  支援をしつつ、日本人の

  海外移住をサポート。

  東南アジアを中心に世界を

  周ることを日常とする。

DANの半生

    自由への道
カテゴリー
最近の投稿

ページの先頭へ