ジョホールバル移住の知られざるマイナス面


 

 

ジョホールバル移住を

真剣に考えていたのは・・・

 

強面なのに心優しいことで有名な(笑)

西成出身のデンちゃんだった。

 

 

 

 

 

ジョホールバル移住のマイナス面

 

 

まずは、日本人がよく気にする治安。

 

ジョホールバルを含むマレーシアは、日本の

アーティストであるガクトも移住しているように

日本人に人気の場所ではあるが・・・

 

思ったよりも治安が良くないのは

長期滞在してみて気づく部分。

 

 

海外生活をしていて、このフィリピンの場合は

安くてもお得に感じるものがあるが、マレーシアの場合は

「値段相応」というのが実際の感覚。

 

ジョホールの物価が思ったよりも高いと

語っていたのは、現地が長い順平だった。

 

 

そして、ここがイスラム教の国であるというのは

意外に忘れがちなところ。

 

日本人が移住してしばらくは、

文化の違いに馴染むのに時間がかかる。

 

 

もともとはイギリス領だったこともあり、

アジアの中で英語は通じるほうだが・・・

 

やはり世界第3の英語国

フィリピンほどではない。

 

 

 

ジョホールバルやクアラルンプール、

マニラやセブなど世界のどこに

移住しても尽きない安定収入を得る方法

 

 

 

 

それでもあるジョホールバル移住の魅力

 

 

こうした様々な問題点はあるものの、いまだに

日本人のリタイア後の海外移住先として人気

ナンバーワンのマレーシア。

 

ここは長期滞在ビザの条件が人気に伴って厳しくなりつつあるが、

それでも他の国に比べてまだまだ取りやすいのは確か。

 

 

やはり日本の東京や大阪よりも物価は安く、

生活費は全体的に下がる。

 

何より、日本の高級マンションのように

プールやジムのあるコンドミニアムで、基本家具付き。

 
月7万円かからずに

こうした物件を借りれるのはいい。

 

ちなみに俺が住んでいたフィリピン(マラテ)の

コンドミニアムは、家賃が約2万円だったが(笑)。

 

 

ジョホールバルの医療技術がそれなりに高い

というのは、特に高齢になってからの移住には安心できる。

 

安心という点では、日本のように自然災害がそれほど

多くないのもやはり大きな要素。日本の場合は、原発など

二次災害の不安もある。

 

 

同じく人気のシンガポールにも

アクセスしやすいこと。

 

教育移住で一時注目されたが、英語だけでなく

中国語も学びやすいのはいい。

 

 

海外不動産投資に興味があるあなたにとっては、

土地付物件をあなた名義で所有できるという

ジョホールバルならではの魅力もある。

 

 

 

プエルトガレラのビーチで出会ったプエルトガレラ出身の女性

アジア移住、具体的にはジョホールバルに移住したのはモテ仲間の雅通さん。

 

俺と同じく束縛されるが苦手な彼も(笑)、

海外での南国生活をのんびり楽しんでいる。

 

 


メールアドレス >

よく読まれている記事



コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

    自由への道

海外移住プロデューサー:DAN

 フィリピン在住の40代独身男。

  現地でフィリピン人の起業

  支援をしつつ、日本人の

  海外移住をサポート。

  東南アジアを中心に世界を

  周ることを日常とする。

DANの半生

    自由への道
カテゴリー
最近の投稿

ページの先頭へ