世界で日本人が活躍できる7つの条件


2056224193_08d2a35289_b

 

 

「世界で日本人が活躍できるために必要なのは?」

 

 

 

 

俺自身がインド起業のチャンスをもらい、下見なしの

フィリピン移住を視野に入れた頃から、テーマにしていたこと。

 

何しろ、和光にいたときはバイクでキャンプしながら旅するのが

とにかく楽しくて、国内だけが俺の全て。日本人として世界を見渡す

機会がなかったから、どうすれば世界で戦えるかに強く関心があった。

 

 

 

 

 

世界との関わりがさらに増えていく日本人

 

 

身近なところではケータイや家電、そして労働条件や会社の

在り方などガラパゴス化を指摘される日本人だが、世界に対して

今さら鎖国するのは不可能。食料さえ半分を輸入に頼っていて、

それをやめたら大変なことに(笑)。

 

生まれながらに快適で住みやすい環境に恵まれ、安全面や利便性、

仕事やお金でもそれほど困ることのなかった、世界でも稀有な日本人。

そう、少なくとも今までは・・・

 

 

俺自身、国学院高校そして早稲田と「受験科目が少ない、不得意な

理数系を選ばなくていい」というだけの理由で、親の経済状況も

考えず私立だけを選んできた。

 

さらに大学3年からは会計士試験の予備校まで行かせてもらい、

相当恵まれていたのは確か。マザコンの俺は、お世話になった

母ちゃんに恩返ししたいと今でも奮闘しているが(笑)。

 

 

ネットの普及と移動の容易化に伴ってグローバル化は急速に進み、

国内企業が人件費の低減やマーケティング、新たな可能性を模索して

アジアを中心に海外進出。

 

世界に日本人が出ていく機会が増え、同時に世界から多くの

外国人がやってきて、自然と日本人が彼らと接する場面も多くなった。

 

 

好まざるとに関わらず進行するグローバル化。

世界を相手にサバイバルしていくためには、まずは日本人が意識を

変えていく必要がある。幸せ恐怖症の克服と同時進行で(笑)。

 

 

 

 

 

ヒデが語る意識改革

 

 

世界に出て活躍している人が口を揃えて言うのが、

 

「そんなことすると友達なくすよ」に異常に恐怖心を抱き(笑)、

「みんなやってるよ」に異様に反応する

 

ということへの違和感。

 

世界が「cool」というこの国独特の文化、リスペクトされる日本人の

良さはもちろん残しながら、肩書を外した個人でもっと勝負できる

ようになれば、この国の人達は最強。常にそう思っている。

 

 

中田ヒデは世界で活躍する日本人の一人として、「日本人が

気づいていない自分達の可能性に気づかせ、その意識を変えたい」

と語る。

 

これにとても共感する俺も、ゲリラ的にモテ仲間を拡げると

いう形で意識改革を続けたい。

 

 

 

 

 

活躍できるための条件

 

 

特に永住を考えるなら、世界に向けて今すぐ意識改革を始めたい。

 

グローバルな情報を入れることも大切だが、それ以上に肝になるのは、

いかに自立した一人の人間になり、人間力で勝負できるか。

 

 

自分のビジネスがある

 

組織や業界の流れ、経済状況に大きく左右されないために、

フレキシブルに動けるスモールビジネスを持つこと。

 

もちろんその内容に精通し、確信を持っていること。

何より、それを楽しんでいること。

 

 

仲間がいる

 

人は自分だけの力はたかが知れているもの。

 

うまくいっている人は必ず、頼れるブレインや

パワーパートナーを持っている。

 

 

小さな行動を続けている

 

一度に大きなことをやろうとするよりも、日々の継続を

大切にしていること。特にインプットを忘れない。

 

世界に出るとはいえ、わざわざ低賃金で優秀な外国人と

競合するために、就職を前提に言葉を学ばない。

 

語学はコミュニケーションツールとして割り切り、

ビジネスのためのスキル習得に力を入れる。

 

 

自己責任

 

面倒なことを他人に押しつけない。結果への責任は

自分が全て負う覚悟を持つ。

 

 

人の気持ちを汲める

 

他の人の痛みや居心地の悪さに気がつける。

また、自分の感情よりチームの雰囲気を優先できること。

 

 

先をイメージできる

 

目先のことだけに捉われず、先のよりハッピーなことを

イメージして行動できる。

 

 

感謝がある

 

お世話になったときすぐにお礼のメール、電話ができる。

周りの人から見て好感度が高いこと。

 

 

 

 

 

 

俺のブログやニュースレターを読んでいること自体、

先見の明がある証拠。

 

共に自分磨きを続けていこう。

 

 


メールアドレス >

よく読まれている記事



コメントは39件です

  1. ひろ より:

    最近では、若い人でも多国語が話せたり
    世界でも通用する人が増えていますね。
    どんどん、このような人が増えればいいと思います。

    • DAN より:

      ひろさん、比率的にはまだまだ少ないので、どんどん啓蒙していこうと思います^^

  2. […] 日本人が世界に出ていくためにも、リーダーの素質として […]

  3. […] 展開し世界で活躍する日本人、浜田さんを見ていると、出会いを […]

  4. パンダ より:

    小さな行動を続けられるか、大きなことでなくてもいい。小さなことを毎日コツコツとやり続けることがとても大切だと共感できます。大きな目標はあるが、その目標に到達するには、小さな仕事からしっかりとこなすことが大事だと思っています。

  5. まな より:

    関わった相手に感謝することや人の気持ちをくんだりなどそういった事が出来ると人間関係が円滑になってくるように思います

    小さな活動開始を続けなければ人は進化し続けられないのでコツコツと積み重ねることは大事だと思います。

  6. Shada より:

    活躍したいです。モテ仲間のみなさんのように。世界にもっと日本人が出た方がいいですね?
    brainがうまく、動かなくて。ブログもです。とりあえず会社概要など、他の物は不要ですので
    全てゴミ箱に入れてみて、再度設定できるか試してみてだいじょうぶですか?
    度々恐れ入ります。
    ●一度書き込み制限を受けた管理用ツイッターアカウントで動かないのは、改めて「別の管理用ツイッターアカウント」(1155以外の)を作成直さなければならないということでしょうか?そうだとすると、前回そちらでAPIを再設定して頂いたのですが、その際は管理用ツイッターアカウントは作成せず、そのまま再稼働できたのはなぜでしょうか?
    ●別のご質問ですが、再び書き込み制限された原因として僕の場合可能性が高いのは、以下のうちいずれになりますか?
    1.ボットアカウントが25個稼働していた
    2.ツイートが1時間おきだった
    3.ツイートにブログへのリンクURLが含まれていた
    確かにリンクは疑わしいですが、7ツイートに1つしか紛れ込ませていませんし、他のツイートは取込み機能から取得したもので、いかがわしいものではありません。
    また1日のフォロー数設定は20~50なのでこちらは問題ないと思います。
    各アカウントも写真やプロフィール、ユーザ名が類似しないように配慮しています。
    今後のためにご教示お願いいたします。

  7. るい より:

    日本人の強みは、真面目にコツコツと、丁寧な仕事をすることですよね。海外での評価が良いのもそういったことからですね。誇れる日本人の仕事の仕方を貫いて、海外でも多くの方が認めてもらえるようになって欲しいです。

  8. ユウゾラ より:

    よく嫁に言われることがあり、どうも私はすぐに大きな事を言う癖があるようです。目標設定を高くするよう意識をして発する言動なのですが、人からすると突拍子も無い事をほざいているようにしか聞こえないようです。しかし最も私の悪いところは、小さな作業を継続して行えないところがあります。すぐに方向転換をしてしまうところ=継続性がないところが欠点と思っています。努力しても無駄を悟っての方向転換なのですが、それにしても、何か小さなことでも続けようと思います。

  9. 811 より:

    いつも自分の刺激になる記事をありがとうございます。留学した時に、学歴や経歴など何も意識されず、日本人としての自分と関わろうとして下さる方々に出会いました。自分の可能性を信じて、発見して、何事にも挑戦していきたいです。

  10. あや より:

    条件として掲げられた項目を見ると、
    世界で活躍するしない、移住するしないに関わらず
    特に後半の4つは人間として社会人として身につけておきたい、
    身に付けるべきことだなと感じました。
    オリンピックも近いし海外の方と接する機会も
    少なからず増えてくることだと感じているので
    意識して取り組まなければならないと思いました。

  11. こうじ より:

    中田ヒデって他の日本人とは違う感覚がありそうだなーって共感します。最近テレビではあまりみかけませんが今でもファンです。

  12. kuuu より:

    最近の日本人も英語が話せるようになっている方がたくさんいてるので、世界にでてもある程度は乗り越えていける力がかねそろっています。やはり、英語力はあって得することになるんですね。

  13. kaaaaan より:

    ヒデさんのような考えたを意識できるのは見習いたいものです。
    日本全体で見ると、海外の大学入学する方も減ってるし、国内だけみても、一人で発言できる人材が少なくなってるような気がします。。
    隣にいる友だちと顔を見合わせて、「ウケる」の言葉で大笑いしてるのが良く見られます。
    もう少し視野を広げて未来を考えてみてもいいような気がします。

  14. なな より:

    日本人、特に若者は「みんなやっているから大丈夫」「みんなやっているから自分もやる」といった考えの人が多いように思います。
    自分の意見や意志を持って行動できるようになってもらいたいものです。

  15. みーな より:

    確かに海外で活躍している日本人は書かれている7つの特徴がありますね。特にスポーツ界ではそれは表れていますよね。先の見る力と小さな行動を続けているエピソードをよく聞きます。

  16. ともねーさん より:

    私も、女子高の時に学校の一部の授業で選択科目があり、1年は芸術の中で、音楽、美術、書道と3つの科目で分かれていて私は、美術を選び学んでいました。
    2年生からは進学と就職に分かれていて私は、進学を選び3年生になって進学へ向かって夏休みや冬休みの進学補習授業を参加し、努力して某有名専門学校へ進学することが出来たので、親に感謝しています。

  17. なみ より:

    小さな行動を毎日コツコツするのはとても大変ですが、大切なことだと思います。語学以外にもスキル取得したいです。

  18. kz16 より:

    「友達なくすよ」には「そんなことでいなくなるなら友達じゃない」と返す言葉がありますがその通りで、人間力のある人の友達はそう簡単に離れていかないものです。
    だから、人間力のある人はこの脅し文句を恐れないし「みんながやってる」ことからあぶれても、見捨てない友達がいるのだから別にいいやと思えるのでしょうね。

  19. ガッチャ より:

    中田ヒデって変わってると聞いたことありますが、自分に正直なだけなんでしょうね。
    自分と違う考えを異物と判断してしまう。
    子供なんて異物の塊ですね 笑

  20. chikara より:

    記事で語られていることも、もっともなことですが、それとは別に「日本人が世界へ進出するときの心構え」と言ったら大げさですが、それの持論を述べさせてください。
    一言で言うと「精神論(情)よりも方法論(科学)を」です。
    なぜそう思うかと言いますと、世界で優位に立っている国は、それを、あたり前のように実践しているように思われるからです。
    でもわたしを含め、情に脆い日本人、そゆのまだまだ難しいようで・・

  21. りん より:

    先のイメージができるかどうかは、とても大切なことだとおもいました。目先のことに囚われず、ぶれないでいたいです、

  22. じろう より:

    外国で活躍出来る日本人になる為には、日本国内の日本人と相容れない人間になることも必要なのかもしれませんね。難しいところではありますが…。個人で闘えるようになったら、素晴らしいですね。その闘える個人が1つの事業をやったら、すごいことになりそうです。特に日本人は、協調性や献身的な姿勢が特徴ですから。

  23. kazato より:

    世界で活躍するためん7つの方法。読んでいるとできそうな気がしますが、実際やれとなるとできないんだろうな~と思います。そう考えると世界で活躍している日本人ってすごいんだな~と思います。

  24. TM0323 より:

    自己責任、感謝など一般的な大人の持つべきであるものは今の自分にとって必要なことばかりだと思います。私自身も一通りの感謝はしているつもりですが、自己責任については、あまりできているといえる自信がないです。

  25. makostyle より:

    自分のまわりに本当に頼りになる仲間がいるかと聞かれれば正直ありません。これは自分のせいであると思っています。本当に心を開いていないからこそ真の仲間ができません。これからは自分を変えていこうと思っています。

  26. みちゃお より:

    最近は幼稚園、保育園でも英語の時間が有ります。小学生になった時に変に拒絶しない為なのか何なのかは分かりませんがうちの娘は毎週楽しいみたいです。
    グローバルな世の中についていけるように興味がある事は何でもやらせてあげたいですね。

  27. もちもちたまご より:

    中田ヒデ氏の言う「日本人が気づいていない自分たちの可能性」って何なんでしょうね。やはりこれからの時代、肩書を外して自分自身で勝負できる分野を作らなければ生き残れませんね。

  28. かすみ より:

    自分磨き、とても大切な事だと思います。
    私の娘はまた、小さいのですが(^^)
    少しでも将来、自分のやりたい事への選択肢を与えてあげたいと思ってます。
    これがやりたいって思っても、その時に選択を消去法で考えて欲しくないのでf^_^;

  29. さくら より:

    活躍できるための条件ですか…すごく同意できるんですが、なんだか私には全てが足りてないような気がします(笑)全部を、となると気が遠くなるので1つずつ出来ることだけでも心がけていけたらと思いました。

  30. ネガメ より:

    スモールビジネスから始めてみる。でも意識は非常に高く持っていたからこそdanさんは成功したのかなと。
    ここには書いてないですが、無駄な出費は絶対しなさそうですね。見習うべきところは本当に多いです。

  31. 小鳥さん より:

    世界で活躍をしたいのならば、異国の言葉が話せることが大事ですね。英語が基本の言語となるので、英語力を高めることが大切だと思います。自分自身の可能性を高めたり、それをつぶさないためにも、自己責任で自ら異国に飛び込む勇気も必要なことのようにも思います。

  32. みつき より:

    活躍するための7つの条件、とても参考になりました。今回の記事で学んだことを、今後も生かしていこうと思います。

  33. なべねこ より:

    なんだか私が、コメントするのは場違いな気がします。でも、話を読んでいるだけでもワクワクしますね。ある職人の方が言っていましたが。「人間は、死ぬまで勉強!」だと。まさにそのとおりですね。

  34. さくら より:

    日本人は「赤信号みんなで渡れば怖くない」ですからねぇ
    世界から見たらなんじゃそりゃ?って感じでしょうね

    なぜ「みんな」にそんなに恐怖するんでしょうかね?

  35. シャリ より:

    確かに最近では企業もTOEICを社員にやらせるところが増えてるみたいですね!知り合いの学校の先生が嫌がってました(笑)
    グローバル化が与える影響は大きいですね。

  36. 0617 より:

    日本人の強みは、真面目にコツコツと、丁寧な仕事をすることですよね。海外での評価が良いのもそういったことからですね。世界で活躍をしたいのならば、異国の言葉が話せることが大事ですね。自分磨き、とても大切な事だと思います。

  37. くすお より:

    世界で日本人が活躍できることはすでに証明されていると思う。
    野球界、サッカー界、オリンピックでも成績を出している。
    自分とは比べることは出来ないが同じ日本人が
    活躍している姿を見ていると自然と胸が熱くなる。

  38. マックス より:

    結構人の気持ちが汲めて、先が読める方だと勝手に思い込んでいました。これまでこれらに関して人から指摘されることもなかったたため自分で思い込んでいたのでしょう。ところが最近そうでもないことに気づかされました。難しい事が世の中にはあるものです。

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

トラックバックURL: 
    自由への道

海外移住プロデューサー:DAN

 フィリピン在住の40代独身男。

  現地でフィリピン人の起業

  支援をしつつ、日本人の

  海外移住をサポート。

  東南アジアを中心に世界を

  周ることを日常とする。

DANの半生

    自由への道
カテゴリー
最近の投稿

ページの先頭へ