海外のタバコ事情を移住者が語る


 

 

「海外は、タバコ吸う人に厳しいよね・・・」

 

 

 

肩身の狭そうな顔をした加藤さんと

クロアチアで過ごしたのは、もう2年も前のことだ。

 

 

 

 

 

日本と違う海外のタバコ事情

 

 

日本はお酒天国といわれるが、喫煙者にとっては

海外から比べるとまだまだ、タバコに関するルールもゆるい。

 

 

タバコ税が上がってきているとはいえ、

何しろ海外よりずっとタバコが安いこの国。

 

オーストラリアでは1箱1,500円、アメリカでも

1,000円は当たり前で、この日本は圧倒的に安い。

 

そのためか東京にいる海外の、特に欧米人の友達は

喜んでタバコを吸いまくっている(笑)。

 

このフィリピンはもっと安いし、1本単位から

買うことができるおかしな国だが(笑)。

 

 

さらに日本ではまだ、海外にあるような汚れた肺の写真や

ダイレクトな警告がタバコのパッケージに載せられて

いないし、箱のデザインも統一されておらずメーカー任せ。

 

 

渋谷でカナダ人の友達トニーが驚いていたのが、人が食べている

横で平気でタバコを吸っている人がいる日本のレストラン。

 

特に小さいお店では、禁煙席・喫煙席が分かれていない

ところも。まだまだ日本が遅れている証拠。

 

しかもクラブやバーのように夜遊びに行く場所では、

ほとんどがいまだに喫煙OK。俺のようにタバコを

やめた男にとっては、やはりきつい(笑)。

 

 

海外でのタバコの投げ捨てに関しては、東南アジアの優等生

シンガポールやマレーシアのクアラルンプール、オーストラリアの

ケアンズ、アメリカのアンカレッジなど多くの国や都市で罰則が。

 

このフィリピンですら、マニラのマカティやケソンシティに

禁煙場所で喫煙した場合の罰則が設けられている。

 

 

お勤めの監査法人時代、25階の端っこの喫煙所で

カリさんとよくタバコを吸いながら仕事について

話していたが・・・

 

この喫煙所のコミュニティは、日本独特の仕事文化になっている。

本音トークや大事な話は、この喫煙所の小さなスペースだけで

交わされるといわれるほど。

 

 

やはり健康のためにも、そしてグローバルスタンダードに

沿う意味でも、タバコは本数を減らす、もしくは禁煙の方向で

努力していきたいもの。

 

 

 

タバコをやめて海外移住の準備を。場所

を問わない安定収入の構築法とは? 

 

 

 

 

有名な海外のタバコ

 

 

旅行のお土産の定番になっている海外タバコだが、

喫煙者にあげると喜ばれる銘柄がある。

 

 

例えば近場の韓国ならボヘームシガー。またボヘムジャルムを

始めとするインドネシアのガラム、アメリカのカプリスリム、

イタリアンアニスも有名。

 

ウルグアイのアークロイヤルや

フランスのジタン。

 

オランダのブラックデビルは、名前は怖いが(笑)

ピンクのデザインが可愛く現地女性に人気だ。

 

 

 

海外で最初にハマったのはプエルトガレラ(フィリピン)と、

そのプエルトガレラにあるサバンビーチ、洋物タバコとタイの

夜遊び・・・

 

そう語るのはフィリピンで働く三浦くん。

 

そんな彼はフィリピンの高校にやたら詳しいが、

学生時代キャプテンになった直後に退部したという

俺と同じ過去を持つ男(笑)。

 

 


メールアドレス >

よく読まれている記事



コメントは9件です

  1. ひで より:

    タバコを吸わないのでよく分かりませんが、欧米などの先進国ではだいたいタバコ1箱1000円以上、公共の場所での喫煙は禁止が普通みたいですね。飲食店でも規制されてることがほとんどです。でもタバコにイスラム圏ではお酒が飲めない分、ダハコに寛容ですよ。どうしてもタバコを自由に吸いたいという人は、トルコやドバイなどに行ってみては同でしょうか。

  2. makostyle より:

    オーストラリアはタバコ一箱1500円もするのですか!?吸っている人はお金持ちですね。確かに日本はまだタバコに関してゆるいと思います。喫煙者にとってはもうこれ以上はやめてといいたいところですが。

  3. えみえみ より:

    私はタバコは吸わないですし、煙も苦手です。
    日本の飲食店の分煙はまだまだ甘いですよね。
    最近は電子タバコが流行ってますが、世界的にはどうなんでしょうか。

  4. コモン より:

    海外のタバコって味が変だったりしますよね自分も色々もらったりするんですが やっぱり味は日本の方がいいと言っても海外のブランドは同じなんですよね結局日本に入ってきてるわけだからでもどっちにしてもたばこ税がまた上がるみたいだしやっぱり自分は辞めなきゃと思っていますでもなかなかやめられないこの自分の弱さが本当にほとほと嫌になりますもらうために喜んで吸っちゃうんでしょうねだからもうやめたとはっきり宣言することが一番なんでしょうねほとほとがっくりきていますがやっぱりしょうがないなんとか頑張ります習慣を変えるために

  5. 美女も野獣 より:

    禁煙ですか……。分かってはいるんですけどね、やめられないのが喫煙者の性! 私、海外いけないですね(笑) 実際のところ日本も禁煙のところが増えてきましたけど、これでもまだまだ甘いのですね。

  6. うめ より:

    節約にもなるし、健康も害さないしやめたほうがいいのはわかってるんですけどね…なかなかやめられませんね。最近喫煙所もどんどん減ってきてるし…
    香港やシンガポールに以前行った際に、どこでも路上喫煙しているし、1ブロックごとに灰皿があってすごく驚いた気がします。それでもたしかに飲食店でばかすか吸える日本はゆるいですね~

  7. ポップ より:

    タバコをやめてから気づいたことは
    吸う事よりも仕事の合間のいっぷくしている間の
    コミュニケーションが大事だったんだなと気付かされた事でしたね。
    かといってコミュニケーションの為にまたタバコを吸うかと問われればNOですが・・・
    でもたまに吸いたくなります。あの輪に入りたいなと思いますね。

  8. 今日子 より:

    タバコは嫌ですねえ。
    もっともっと管理されていけばいいのにと思います。
    でも、日本でも若い人は吸わない人が
    多くなりました。

  9. うず より:

    有名な海外のタバコについて書かれていて、興味深いです。

    国の方によって、喜ばれる銘柄があるなんて、知らなかったので、勉強になりました。

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

    自由への道

海外移住プロデューサー:DAN

 フィリピン在住の40代独身男。

  現地でフィリピン人の起業

  支援をしつつ、日本人の

  海外移住をサポート。

  東南アジアを中心に世界を

  周ることを日常とする。

DANの半生

    自由への道
カテゴリー
最近の投稿

ページの先頭へ