脱サラの成功を邪魔するメンタルブロックを外す3つのコツ


3474956429_e114c33d14_b

 

 

「脱サラして成功?

 

無理っしょ。会社ガンガンつぶれてるじゃん」

 

 

 

 

 

日本語に訳せば、こんなニュアンスだろうか?(笑)

 

ビジネスの応援に行ったマリキナのnicoが紹介してきた、

benが開口一番に吐いたフレーズ。

 

 

独立志向の強いフィリピーノの中では、珍しい存在だった。

 

 

 

 

 

脱サラして成功を目指す人が極端に少ない国・・・

 

 

「B to C」という言葉もない戦前から80年以上もその第一線を担い、

個人の起業を支援し続けてきた、ビジネスでパートナーになっている

アメリカのグローバル企業。

 

ここが先日発表していた独自調査の結果が、興味深かった。

 

 

調査対象の世界44カ国中、起業意識の高さについては、

日本は最下位。これは予想通りと言おうか。

 

ちなみに同じアジアでも、中国・タイ・インドが世界TOP3。

 

起業に対する自己能力の肯定、つまり「脱サラして成功できそうか」

という自信については・・・

 

世界平均が47%に対して、日本はなんと8%

どれだけ自信がないんだろう?(笑)

 

これは国民性というよりは、GHQが仕込んできたサラリーマン

増産計画が見事に功を奏している結果だと、個人的には確信する。

 

 

一方で、起業している人の方が「今が幸せ」と感じる人が3倍多い

というデータも。これは、脱サラが成功している、していないに

関わらず。

 

これには、大いに共感するところ。フィリピンに住んでいても、

マザコンな俺はいつでも母ちゃんに逢いに帰れる(笑)。

 

同じ海外在住でもこれが企業の駐在員なら、そんな自由はとても

きかないだろう。組織の一員なら、縛られる場所が日本ではなく

海外というだけの違いだから。

 

 

「成功はしたいが、脱サラすべきかどうか・・・」

 

そう悩む前に、日本がこれからどこに向かっているのか

一度は真剣に考えてみたい。

 

首都が壊滅する巨大地震や自然災害のリスクを抱えながら、1,000兆円を

超える負債をだましだまし先延ばしにしつつ、グローバル化への対応に

遅れをとっている日本。

 

終身雇用の復活を提案する企業があるものの、世界の流れと逆行して

さらにコスト高になる終身雇用を採用して、生き残れるわけがない。

 

ほとんどの経営者は、企業利益を最も圧迫する人件費を、いかに

小さくするかばかりを考えている。良い悪いではなく、これは企業の

存続にとって避けられないから。

 

オートメーション化や外国人の採用が進んでいくのは、至極当然の流れ。

 

自分と自分の家族は、自ら防衛するほかない

 

 

 

リスクのない脱サラ成功法とは?

 

 

 

 

脱サラへのチャレンジを妨げ、成功を遠ざけるメンタルブロック

 

 

上記のデータによると、起業志向の人の起業に対するメンタルブロック

が15%なのに対して、サラリーマン志向の人のメンタルブロックは

80%だとか。

 

そもそも「何もしないことが最悪」というアメリカのような国に対し、

「失敗は恥」と教えられてきた日本人が、成功を目指して脱サラに

チャレンジするのを恐れるのは、自然なこと。

 

先日話した島さんも、

 

「「ビジネス一緒にやらない?」と言われたときは

「一緒に相撲しない?」と言われたくらい違和感があったわ」

 

と笑っていた。

 

それくらい、日本の主婦にとって「ビジネス」という言葉が浮いて

いるんだろう。そしてこれは、脱サラをしたことがないサラリーマンに

とっての「成功」という言葉も、同じこと。

 

「成功」と聞いてたいそうなイメージをする癖があることも、脱サラ

への一歩を踏みとどまらせる一つの理由。

 

今より小さな娘と2時間一緒にいる時間が増えただけでも、成功。

奥さんとデートできる日が1日増えただけでも、成功。

海外旅行が年1回から2回に増えただけでも、成功。

嫌なアイツの顔を見なくて済むようになっただけでも、成功(笑)。

 

大金を手にして六本木ヒルズに住まなくても、今実現していないことが

叶えば、十分成功といえる。人それぞれ、成功の形は違うのだから。

 

 

 

 

 

脱サラを成功させるメンタルブロックの外し方

 

 

他人の意見は参考程度

 

あなたが「どうしたいのか?」以上に尊重すべき他人の意見は

ないと知ること。

 

あなたから湧き上がる、魂が発動するようなワクワクは何か?

 

 

他人はいろいろ頼んでもいないアドバイスをくれるものだが(笑)、

仮にその意見に従って生きても、あなたの人生に責任を取ってくれない

 

渋谷で一度は燃えながら、周囲の意見を真に受けて諦めたコジ。

親を尊敬できないと言いながらも、その意見に影響を思いっきり

受けていたり(笑)。

 

 

あなたが自分の主張を発して嫌われたとしても、その相手と自分を

リンクさせないことも大切。相手がそれを受け入れられないのは

相手の問題であって、あなたとは関係がないと知っておきたい。

 

 

フォーカスする欲を間違えない

 

人には快楽を求める欲と、痛みを避ける欲があるが、後者の方が

強く、無意識にそれを求めてしまうのは有名な事実。

 

あなたに大きな夢があり、もっと資金が必要だとしても、

「失敗して今よりお金がなくなったら・・・」と考えると、

起業へ向いた足が止まる。

 

人を強くハンドルする、痛みを避けたい欲。これが人を幸せに

することはなく、「もっと何かを得たい」という欲に向かって

行動することで、新しい世界が開けてくる。

 

 

起業の自由が認められるこの時代のこの国に生まれてきている時点で、

それは命を散らす大冒険ではなく、水たまりを大股でまたぐくらいの

ささいなこと。

 

例えば、資金がほとんどかからないWebビジネスを副業から

始める。収入が安定してから、会社を辞めてもいい。

 

手段を選べば、あなたが思うよりもずっと、自由は近くにある。

 

 

自分なりの勝ちパターンをイメージする

 

ここでやはり、過去にうまくいった経験を味方にして

イメージしてみる。

 

 

あなたが何かを成し遂げたときは、どんな状況だっただろう。

 

インターハイを共に目指したときのように、仲間と一丸になって

取り組んだとき?

 

独りで食事も忘れ、がむしゃらに取り組んだとき?

 

誰かの期待に応えようと、一生懸命になったとき?

 

パートナーに協力してもらったとき?

 

 

自分がうまくいったときの状況を整理し、そのパターンを

再現できないかを考えてみる。

 

何も考えず、ただ脱サラをイメージしても勇気が出なければ、

自分の勝ちパターンに持っていくことを考えてみる。

 

 

 

 

 

 

 

国や社会に頼って生きたくないという同じ志の人は、

脱サラの成功に懸けてみてはどうだろう。

 

 

これからの時代は、勇気→努力の順番が大切。

 

今いる場所でただ努力しても何も変わらないなら、新しい場所に

踏み出して、そこで努力をすること。

 

 

俺達の目指す未来を達成するために、意識の高いモテ仲間と

チャレンジ、そして行動を続けていこう。

 

 

 

 

 

PS.

脱サラして成功したいが、経済的な失敗が怖い・・・

こんな声をよく、耳にする。

 

Webビジネスなら、そんな心配は無用。

今のことを続けながら、あなたのペースで伸び伸びと

チャレンジできる。

 

 

情報交換が必要になったら、メールで連絡を。

 

 


メールアドレス >

よく読まれている記事



コメントは20件です

  1. […] 俺が脱サラしたときに成功をイメージできたか? […]

  2. あい より:

    世界平均が47%に対して、日本は8%
    なぜか妙に納得してしまいました。
    挑戦することを恐れる傾向にありますね。
    私もその傾向にあります。

  3. 亀石 より:

    日本はゴールデンウイーク終わりましたね^-^

    DANさんはセブだと思いますが、いかがお過ごしですか?

    私は子供と久しぶりに会って、楽しく過ごしました。

    バンクーバーにお越しの際はご連絡くださいね。

    お時間も日にちも合わせられます★こちらにはしばらく

    滞在しますので、またご予定お知らせくださいね!

    よい季節を楽しんでください☆

    メール頂いた内容。

    「転売ビジネスは稼ぐ系のテーマになるので、

    それをメインに押し出すのは避けた方が賢明です。

    ライバルが多く埋もれる可能性が高いことと、読者さんが

    異常にネットの世界に慣れた人ばかりになることが理由です。

    貴重な経験が財産となり、大きく差別化を図れる

    テーマとして、カナダを中心に語るのがいいと思います。

    (バレーダンスをしていたこと・フランス語・フランス

    つながりでパリやモンサンミッシェルなどのこと)

    転売ビジネスのことを普段の記事の中でもちろん語れますし、

    後でお伝えするカテゴリ設定で一つのカテゴリを作ることも

    可能です。

    現段階では、転売ビジネスをブログのメインテーマにされる

    ことは避けた方がいいと思います。」

    これは本当に、参考になりました!

    もっともっと勉強させてもらいます。

    これからも改めてよろしくお願いします^-^

  4. りょうちゃん より:

    日本人がアジアでは最下位なんてビックリです。

    真面目に働く日本人は安定を求めてしまって挑戦することを恐れてしまうんですね。

  5. にこ より:

    欲があまりないんですかね。私も起業しようなんて思わないくらい、度胸がないですが。踏み出せる人って凄いなと感心してしまいます。怖さより楽しさが勝ってるのかな。

  6. アダモ より:

    空き店舗に新しいお店が出来ると
    「また潰れるんじゃない?」
    そう思ってしまいます。
    いつの間にか起業意識ほうに
    入ってますね。
    チャレンジ・行動
    考えさせられました。

  7. コウ より:

    脱サラすること自体が目的になってしまって、その後が続かず息切れしてしまう人が多いような気がします。
    まるで、「結婚はゴールじゃなくてスタートだ!」みたいですが。
    よく聞くのは脱サラして自分の夢だったお店を開いて…みたいな。
    こだわりの食材や内装、うんたらかんたら~って最初に実現した時点で満足しちゃってるような。
    一歩踏み出すのはすごいことですが、自分を客観的に見る視点も大事ですよね。

  8. シーサー より:

    日本が8パーセントとは!
    自信がなさすぎて笑ってしまいました(笑)
    自信はないかもしれないけれど、その慎重さから、脱サラしたら逆に成功する人が多い印象を受けました。

  9. ペラ より:

    素晴らしいです。自分のことばかりの人が多い世の中ですから・・・しかし自分自身が豊かにならなければ、人を救い続けることも厳しくなりますよね。遠慮なく、豊かになりましょう!
    それを目指していいんです。だから、脱サラで成功します。もちろんマジです!大丈夫です^^上を向いていきましょう!セブ近いですし、いつでも行けるようになりますよね?^^一緒に人生の宿題片づけちゃいましょう!ありがとうございます^^よく見たら埼玉弁?使われてますよね、失礼しました(笑)。少なくとも年内に関西か東京でお会いしましょう。そちらにも仲間がたくさんいます。また楽しみができました!^^セブ在住ですか、帰国の予定を組めますか?関東にいらっしゃいますか?本気が伝わるから、読んでしまいます。僕自身、ネットでの出会いをきっかけに「本物の仲間探し」をしているんです。一緒に一つのことを形にできた人とは、本音で付き合える仲間になれることを知っています^^改めて一緒にがんばっていきましょう。努力の継続は、あなたを絶対に裏切りません。

  10. ユウゾラ より:

    起業して今が幸せと感じている人が多い事は本当に勇気になります。自分の城を構えられたのだから当たり前化もしれませんが、私も早くそうならねば!

  11. みつき より:

    日本人は挑戦に対して消極的ですよね。出る杭は打たれるという諺があることからも、昔からそのような風潮がありそうですね。

  12. りん より:

    わたしの人生に私以外の人が責任をもってくれないので、自分の人生くいのないように、自分のしたいこをしよう。と思います。

  13. ロック より:

    日本において起業が少ないのは、今の状況でも、十分裕福な日本人が多いのだろうなあっと思いました。ただ、これから国内市場が収縮していくので、起業して新しいビジネスをする若い日本人も増えると思いました。

  14. TM0323 より:

    世界平均では47%でうち日本はたった8%ほどでしたか。なるほど日本は経済状況が芳しくないと感じましたがそうした理由でしたか。平均より40%ほど低いと聞くとなにか低い印象を受けます。

  15. mikako より:

    GHQが仕込んできたサラリーマン増産計画?
    なんだか、ちきしょーや。

    つまりこれからは、誰も守ってくれない時代…か…

    日本人は「成功」を、極端に捉える傾向、あるのかな?

    そうですね。
    結局自分の人生は、自分で責任取らないといけない…

  16. トコウ より:

    この記事を読んで、結局は、自分の人生なので、自分で決めるのがベストだと分かりました。それでこそ、自分で責任を取れますし、最終的に満足できるのでしょうね。

  17. こうじ より:

    メンタルブロックって国によってもかなり違うんですね・・・(驚)まぁ日本人が安定志向というか保守的なのはなんとなく予想がつきますが。その改善の仕方は参考になりました。ありがとうございます。

  18. 0617 より:

    日本人がアジアでは最下位なんてビックリです。真面目に働く日本人は安定を求めてしまって挑戦することを恐れてしまうんですね。世界平均では47%でうち日本はたった8%ほどでしたか。なるほど日本は経済状況が芳しくないと感じましたがそうした理由でしたか。平均より40%ほど低いと聞くとなにか低い印象を受けます。

  19. かすみ より:

    勝ちのイメージ、とても大切だなぁ〜って思いました。
    企業を起こす事だけでなく新しい一歩を踏み出すとき不安ばかり募り、怖気付いたりばかりでf^_^;
    イメージする事を心掛けたいです。

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

トラックバックURL: 

自由への道

海外移住プロデューサー:DAN

 フィリピン在住の40代独身男。

  現地でフィリピン人の起業

  支援をしつつ、日本人の

  海外移住をサポート。

  東南アジアを中心に世界を

  周ることを日常とする。

DANの半生

    自由への道
カテゴリー
最近の投稿

ページの先頭へ