一人起業を勧める7つの理由


 

 

「一人で起業?マジかい・・・大丈夫?」

 

 

 

 

芝公園で行われた新入所員歓迎飲み会で気持ちよく酔っ払い、

キクちゃんの靴を履いて帰ってしまった俺(笑)。

 

霞が関ビルのスタバで自分の一人起業計画を話すと、

彼は心配そうにそう言ってくれた。

 

 

 

 

 

一人で起業・・・魅力的なはずなのに

 

 

40歳までには起業したいと思っていた俺は、26歳で

母ちゃんがくれたチャンスに乗ることを決めた。

 

マザコンの俺が断れるはずもなかったが(笑)、それ以上に

強く惹かれ決断するきっかけになったのが、韓国人のジョウさんが

渋谷のセミナーで熱く語っていた、一人で起業することの魅力

 

 

俺がいた監査法人は当時プライスウォーターハウスクーパースと

いうグローバルの会計ファームに属していたが、ジョウさんは

コンサルとしてはそれ以上に有名な、アクセンチュアの元エリート

コンサルタントだった。

 

韓国語・英語・日本語のトリリンガル、会計やマーケティングへの

精緻な知識、コミュニケーション能力・・・優秀な人材の特徴

地で行く彼。

 

 

「私が一人で起業したのはただ一つ、時間が欲しかったからです。

 

給料も申し分なく、仕事も面白いし、尊敬できる先輩や同僚にも

恵まれて、やりがいもありました。

 

ただ、大好きな音楽をする時間が皆無でした。

他にやりたいこともありました。

 

私がたった一人で起業しようと思ったのは、自分でコントロール

できる時間が欲しかったから」

 

 

考えてみれば当たり前なのに、忙しさにかまけて多くの日本人が

忘れているのは、時間が人生そのものだという事実。

 

もしあなたが40歳で両親が70歳、忙しくて帰郷できるのが

年に2回しかないなら・・・あなたが両親に会えるのは

あと30回足らずかもしれない。

 

もしあなたが30歳でこれから子供を授かるなら、子供が

初めて立ち上がった、初めて歩いた、初めて言葉を話した・・・

一生に一度しかないそんな瞬間を夫婦で一緒に見れるのは、

とても幸せなことだと思わないだろうか?

 

 

「家族のため」と言いながらやっている仕事のせいで、

家族が犠牲になっている本末転倒な家庭の多い日本。

 

人生で最も大切な時間を得るために、お金のために大切な

時間を切り売りしないで済むように・・・彼の言葉で一人

起業を決断した。

 

 

その想いをそのまま熱くぶつけたキクちゃんは思いっきり引き、

俺の提案を丁重に断ったが(笑)。

 

 

 

あなたが今すぐできる、そして

自由になれる一人起業の方法とは?

 

 

 

25078041660_7338ec2329_b

 

 

一人ビジネスの立ち上げをお勧めする理由(起業のメリット)

 

 

俺も26歳から数十年、一人または時にはチームで、

本当に多くの人に起業のメリットと可能性を伝えてきた。

 

 

働く時間を選べる

 

一人で独立してアクセンチュアを離れたジョウさんのように、

起業の最も魅力的なことの一つが、時間の自由度。

 

どれだけがんばるのも自由だし、休むのも自分で決められる。

 

俺だったら、国内どこへ行っても激混みでうんざりするゴールデン

ウィークやお盆休みの間にしっかり仕事をして、ガラガラの

シーズンに経済的で快適な旅行を楽しみたい(笑)。

 

 

働く場所を選べる

 

特にあなたが自由度を重視するなら、社屋や役員といった

肩書は持たないことを勧めたい。

 

せっかく一人でビジネスを始めたのに、海外移住が

制限されたのでは起業のメリットを享受できないので。

 

PC1台でできるようなビジネスなら、それこそ

場所の自由度は世界規模になる。

 

 

一緒に仕事をする人を選べる

 

一人でビジネスを始めて個人事業主として動く場合、

アウトソーシングの仕組みを使えば、人と雇うといった重たい

責任を負うことなく、プロジェクトや契約ベースで柔軟に

パートナーを選べる。これも起業のメリット。

 

顔も見たくない上司や同僚とは無縁の世界(笑)。

 

 

収入を自分で決められる

 

自分の望むライフスタイルに合わせて、自分の努力で

自分の収入を決められるのも大きい。

 

一人でビジネスを始めて努力する方が、月収が1万円

上がるのを何年も待つよりもずっと建設的だし、起業

ならこれができる。

 

 

搾取されない

 

日本は税金の高い国。所得税や年金などが有意義に活用されて

いれば納得できるが、頼れない国や政府にただお金を絞りとられる

ことが我慢ならない俺のような人は(笑)、一人でビジネスを

始めて自由を得るまで努力し、海外移住を考えるのも一つ。

 

起業なら、搾取の手から逃れることも可能になる。

 

 

服装や髪型を選べる

 

組織に属している間は、行儀のいいコスプレをしているようなもの。

 

個性的なあなたが七色のモヒカンで出社することをためらって

いるなら(笑)、起業を勧めたい。

 

 

自分の夢を語れる

 

個人的には、組織ではこれができないことが怖い。

 

あなたらしくなくなっていくこと、人に勝手に時間とお金の

ワクをはめられ、可能性を限定され、チャレンジを恐れるように

なり、どんどん小さい人間にさせられていくこと。

 

一たび起業をすると、自分の夢を語り、そのために努力を

する人達に囲まれるようになる。

 

 

 

ここで、起業といっても俺が推しているのは、誰かと共同で

会社やお店をつくったり、投資を受けることではない。

 

他人への依存や利害関係が介入した時点で、上で語ったような

自由度はなくなってしまう。

 

具体的には、俺自身がやっているWebビジネスや

ダイレクトマーケティングのように、確立された仕組みを

個人事業主として利用するのが賢いといえる。

 

 

 

 

 

いずれは「二度と雇われない」生き方を手に入れる、

海外移住を近々の目標にしている・・・

 

 

そんなあなたはモテ仲間にふさわしく、今ふさわしい場所にいる。

 

メールを通して、直接対話できればと。

 

 


メールアドレス >

よく読まれている記事



コメントは19件です

  1. あい より:

    魅力的な要素はたくさんありますね!!
    ただ、成功しないと大変そう。
    安定した生活を望んでしまうので、一人企業はなかなか踏み出せない…涙

    • DAN より:

      そうですね、借金抱えていきなり・・・はとてもお勧めしません^^;ちゃんとした手段を選びましょう。

  2. […] 準備はそこそこに一人で起業、下見なしのフィリピン移住、ミニマムな […]

  3. 竜桜 より:

    一人起業した桜です(笑い)。今回、広島・大阪とグループのフォローで回ってきました。広島でのホームミーティングでは、みんな泣くほど感動して、グループリーダーもやる気マンマンになってきたので、大成功でした。神戸では、自分がゲストでミーティングがあって、自分のプロスペクトが来る予定だったのですが、ドタキャンにあいました。しかし、大大大大盛り上がりで、また神戸でミーティングをやろうと思っています。大阪では、プロスペクト一人と、買うだけの3人に会ってきました。プロダクトもぼつぼつ出て来ましたが、近いうちにフードプロセッサーが2台出る予定です。

    でも最も良かったのは、NTT時代の同期の女の子に会えたことです。ものすごい薄い関係の女の子(今は子持ちの主婦)でしたが、大阪で知っている人があまりいなかったので、無理やり10年ぶりくらいに会った女の子です。根性で連絡先を調べて電話しました。最初「あんた誰?」っていう感じでした。向こうも僕が何しに来たのか分からなくて、不安に思いながらも会ってくれました。超薄い関係の子です。

    でも、なんと、少し先ですが、鍋を購入することになりました。びっくり。丁度引越のタイミングだったらしく、鍋を探していたとのことです。プレゼントの和風ドレッシングとクエンチも超感動してくれています。お子さんにプレゼントした大助のお古のウルトラマン人形は、大好評。お子さんが遊んで、大喜びしている写真を送ってくれました。もしかしたら、そこが僕の1系列になるかも。そしたら奇跡だなぁなんてわくわくしています。大阪、これから力を入れるかもしれないので、大阪にグループのある方は協力してやっていきましょう。勿論、広島のグループも必ず独立させてあげようと思っているので、広島にグループのある方も是非、ご一緒しましょう。

  4. そらはねこ より:

    1人ビジネス魅力です。

    働く場所、時間、収入などサラリーマンは会社の指示で働かないとダメですよね。

  5. ayuayumi より:

    子供を産んでからそう思うことがありますね。自分で全て決めて責任は重大ですが、自由にできると時間がうまく使えていいですね。企業に勤めると全て決められた通りに動かなきゃいけない。楽ですけどね。

  6. はなちゃん より:

    サラリーマンの昇給は微々たるもんですよね。

    収入を選べるなんて羨ましい。
    頑張ったぶんだけ結果が出ますね。

  7. takasaki☆ より:

    僕も一人で独立、起業しましたので、何気ないことをよく噛みしめてみると、本当に幸せを感じます。

    子供たちや家族のこと、自分の環境にいてくれる人たちのこと、
    些細(ささい)な事から大きなことまで、頭や心を悩ますこともあるでしょうけど、
    自分と一緒にいてくれていることを考えれば、本当にありがたく思えます。

    子供のことでは、日々あれこれと悩んだり叱ったり、
    子供の成長の歴史は自分のイライラの歴史でもあるように思えますけど、
    考えてみれば、自分たちのもとに生まれてきてくれて、一緒にいてくれるだけで十分幸せなことですね。

    もちろん僕自身もイライラと小言を言うこともありますが、いや、むしろ感情のままに理不尽なことを言ったりします。(笑)

    あまり我慢せずに身勝手に感じたことや要求をなるべくそのままぶつけることにしていますが、
    なるべく怒らずに、自分の希望をそのまま言うように心がけています。
    子供たちからは「理不尽大王」とも言われていますけど。(笑)

    でも、これでも、何かあると「一緒にいてくれてるだけで幸せだなぁ。」と考えることにしています。
    なんだかんだ言っても、大好きだし愛していますから…。
    みんなそうですよね。

  8. アダモ より:

    起業のチャンス。それは、自分の気持ち、決断だと思います。医療現場にドップリ浸かっている自分にとって、起業という選択肢は無いのが現状です。全くの畑違いに行く勇気はない。けど、このブログを読むと、気になります。

  9. マヤ より:

    会社勤めをしている限りは一生、誰かに使われる立場なんだから、と常日頃言っていた独立志向の友人がいました。
    自分で始める以外にそこから脱却する道はないと…
    確かにその通りですよね。
    でも自分でやるということは、すべての責任も自分で負うわけで…。
    誰しもがチャレンジできることではないけど、そう覚悟を決められるというのは素晴らしいと思います。

  10. ユウゾラ より:

    一人企業最高です!私も今まさに起業しようという意気込みで頑張っていますが、ささえになってくれる仲間は必要かと思いますが、やっぱりまず小さく始めたいと思います。

  11. シーサー より:

    知人も以前同じようなことを言っていました。
    離れて暮らしている両親、家族の年齢を考えると、あと何回会えるんだろう?と。
    それを聞いてからは、以前よりも会えた時の時間を大切にするようになりました。

  12. みつき より:

    一人起業は小回りが利くのでいいですよね。別に人を雇わなくても、ジョイントベンチャーで協力することも可能ですしね。

  13. より:

    時間が人生そのもの。ほんとですね。わたしは自分の人生を本当に大切にいきているのかどうか今あらためて考えさせられました。

  14. mikako より:

    一人起業。
    それなりに、素敵な言葉ですが…

    時間か。
    時間があれば、わたしは思いっきり読書!(ホラー系?)

    時間が人生そのもの…
    確かにね~
    だって人生自体に期限があるのだから…

    確かに人の混雑、鬱陶し~
    シーズンオフの旅行、味がある、なんてね。

    アウトソーシングを使えば、実際に会うというわずらわしさ?もなく、しっくりいく相手を見つけられる、という話、聞きますね。

    「搾取される」
    これも確かに頭に来ますね。

    惜し気もなく夢を語れる世界。
    ほんとに望まれるところだ。

  15. TM0323 より:

    ひとり企業。さすがにわたしもまだまだ未熟なので、企業は難しいのかもと思うことがあります。一人でも起業できるようにしっかりと知識をつけていきたいと思います。

  16. トコウ より:

    実際、日本だと、少し珍しい容姿(ハーフであったり、外国人風の顔だったり)だと、はじかれたりするので、一人起業も十分に有りなんじゃないかなっと思います。それこそネットもありますし、日本の会社にとどまらないビジネスが出来ますよね。

  17. kazato より:

    一人起業は寂しいですけど、トラブル回避にもなりますね。知り合いが数人で起業しましたが、結局色々あって皆離れて、知り合い一人だけになって運営している会社もありますし、そう考えると最初から一人起業でいいと思いました。

  18. 0617 より:

    起業のチャンス。それは、自分の気持ち、決断だと思います。医療現場にドップリ浸かっている自分にとって、起業という選択肢は無いのが現状です。ひとり企業。さすがにわたしもまだまだ未熟なので、企業は難しいのかもと思うことがあります。一人でも起業できるようにしっかりと知識をつけていきたいと思います。

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

トラックバックURL: 
    自由への道

海外移住プロデューサー:DAN

 フィリピン在住の40代独身男。

  現地でフィリピン人の起業

  支援をしつつ、日本人の

  海外移住をサポート。

  東南アジアを中心に世界を

  周ることを日常とする。

DANの半生

    自由への道
カテゴリー
最近の投稿

ページの先頭へ