老後も持ち家に頼る必要がない理由とは?


 

 

老後を考えて持ち家を検討・・・

 

これは、ほとんどの日本人が

一度は考えること。

 

 

 

ただし、俺はあえて

これにアンチテーゼを示したい。

 

 

 

 

 

「老後は持ち家」派の意見

 

 

まず、この「老後は持ち家」という主流派の意見は

そもそもどこから出てきたのか?

 

 

これは、多くの賃貸業者が70歳前後の人の

新たな入居を断る傾向にあるから、何かをきっかけに

引っ越しをしなければならない場合に困るというのが理由。

 

これは当然、高齢者の場合は仕事や収入の面で心もとないこと。

また単身者の場合は特に、孤独死の問題もあるので自然ともいえる。

 

老後は賃貸物件が借りにくいから、

持ち家は今から準備しておいたほうが良いという理屈だ。

 

 

ただし当然ながら、老後のために持ち家を手に入れても

若い時に買うほど経年により価値が下落。

 

日本の家屋は海外に比べてモロく駄目になりやすいので

不定期に修繕費用がかかるし、いざ売却しようにも新しい家が

好きな日本人にとって、築数十年の家は資産価値が相当低くなる。

 

 

一方で、仕事が今のように安定している保証もなく

ローンが払えずに破綻することも。また金利が上昇すれば、

トータルの返済額はもちろん増える。

 

何より、今の日本なら近所におかしな人が住みつく可能性は

小さくなく(笑)、簡単に引っ越しできない状況はつくりたくない。

 

この国で地震など自然災害のリスクが低くないのは、

いうまでもないところ。

 

 

 

老後の持ち家がなくても、生涯

お金の不安なく暮らすために

今からできることとは?

 

 

 

 

準備次第で、老後も持ち家に頼る必要はない

 

 

老後の持ち家に反対だからといって、俺がここで言いたいのは

公営の団地やUR賃貸のような年齢に関係ない物件に申し込もう、

ということではない。

 

あの県営団地の辛気臭い雰囲気は

久喜での短い結婚生活で嫌ほど味わったので(笑)、

あなたにはむしろ避けてほしい。

 

 

老後は賃貸か持ち家かという悩みは、そもそも通常のサラリーマンの

それほど余裕のない経済状態を前提にしている。

 

それなら、正しい情報を入れて今から具体的な準備をし、

老後のための余裕をつくればいいだけ。

 

 

一つの情報としては、例えば世界的な信用の高い

香港HSBCが用意する長期積立プラン。

 

現地に口座を開設し、例えば毎月5万円の長期積立を組めば

仮に25年支払い続けた場合、その後は毎月40万円使っても

28年持つ計算に。まさに有利な私的年金だ。

 

 

また俺がおすすめしているのは、安定収入を

生んでくれる資産やシステムの構築。

 

株や不動産投資のようなリスクの高いものよりも、あなたが

コツコツ努力を継続できる情報発信ビジネスがいい。

 

このブログやメールマガジンを使ったITシステムによる

権利収入の構築方法については、ニュースレターの中で語っていく。

 

 

 

老後のために会話力のトレーニング法インド式英語

学び始めたのは、すでに持ち家がある白人の彼女を持つ郡司。

 

日本のおもてなしを知り尽くした彼は、

俺と同じかなりのフェミニストだ(笑)。

 

 


メールアドレス >

よく読まれている記事



コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

自由への道

海外移住プロデューサー:DAN

 フィリピン在住の40代独身男。

  現地でフィリピン人の起業

  支援をしつつ、日本人の

  海外移住をサポート。

  東南アジアを中心に世界を

  周ることを日常とする。

DANの半生

    自由への道
カテゴリー
最近の投稿

ページの先頭へ