学校で教えてくれない、嘘を見抜く方法とは?


6314300797_e5cdf7a4fe_b

 

 

世の中に溢れる嘘、嘘、嘘・・・

あなたは見抜く自信があるだろうか?

 

 

 

 

 

かくいう自分は、以前は嘘を見抜くどころか、嘘と本物の見分けを

つける術もなく、本物を嘘だと思い込んでいたほど(笑)。

 

 

 

 

自分の事業を通し、多くの人と接しながら失敗を繰り返す中で

歩んできたのは、情報弱者をなんとか抜け出そうと必死にもがく

過程だった。

 

 

 

 

 

嘘を見抜くために必要なのは・・・

 

 

特に日本の学校では、生きていくために本当に必要なことは

受身のままで教わることはできない。

 

例えば、論理的に考えること。

 

欧米はそもそも生徒参加型の授業であり、考えさせる、しゃべらせる

というディスカッションの機会が頻繁にあり、またモックトライアル

(模擬裁判)という形で、論理的な思考を本格的に学ばせる。

 

例えば、お金に関すること。

 

株に関して学ぶことなどは、他国と異なり日本の学校で学ぶ機会は

ほぼない。

 

子供がお父さんの稼ぐ金額を聞こうとするとお母さんに

怒られたり(笑)、そもそもお金の話をすること自体がタブーの

ような風潮すらある。

 

性に関してもまた然り。

 

 

 

嘘を見抜くこと、人を見る目を養うことは、仮に学校の授業で

習うことができても、実地で失敗をしながら学んでいく他ないが・・・

 

世の中の嘘を見抜くために、いわゆる情報弱者を脱却することは、

意識し努力することで可能になると考えている。

 

 

 

 

 

「情報弱者」の特徴

 

 

知識や持っている情報の絶対量が少ない

 

自分で調べずにすぐに人に聞いたり、聞くべき人を間違えている

こと。

 

例えば「~の方法」などは、人に聞くよりもGoogleで検索

した方が早く正確な情報が得られる場合が多いのに、それをしない。

 

「地下鉄で通勤している人に、ロールスロイスに乗る方法を

聞くことはできない」と言うが、アドバイスを求める人を間違えて

いるケースも多い。

 

 

感情的になったり短絡的に結論を出す

 

新しい価値観に出合ったときに、すぐに拒絶してしまうのが特徴。

結果チャンスを逃し、間違った結論を出すことになる。

 

「自分にとって耳が痛いこと」が真実であることが多いのが、

世の中の常。

 

また、感情を刺激されて欲を出すことで、判断を間違える。こういう

人は、相手の話をちゃんと聞かずに、そしてよく考えることなく

早々に結論を出してしまう。

 

欲を刺激されたときに理性を失わないことが大切なのに。

 

 

言われたことをすぐ鵜呑みにしてしまう

 

世の中の全体像が見えないので、嘘を見抜くことができない。

この世界には、いろんな人の思惑の元に様々なトラップが仕掛け

られている。その仕組みを俯瞰して全体像を把握することが必要。

 

 

被害者意識や依存心が強い

 

幸せや成功は、他人が運んでくれるものだと思っている。

 

うまくいかないといつも、政府や会社のせい、他人のせい、学んだ

ノウハウのせい・・・こういう依存心の強いお子様根性の人は、

いつまでも人に操られる側でいることになる。

 

こういう人は、自分の能力に時間やお金を投資することはない。

結果、依存心を利用していつも搾取される。

 

 

 

 

こういう情報弱者はごく一部の限られた人達と思いたいが、実は

世の中の主流であるというのが怖いところ。過去の俺がそうで

あったように。

 

 

身近な例を出せば、

 

TVや雑誌、ネットに出ていることが全て正しいと思い込んでいる人。

競馬やパチンコなどのギャンブルや宝くじにハマること。

闇金からの借金。

惰性でタバコを吸い続けること。

情報に踊らされて浪費を続けること。

内容も理解していない保険に入っていること。

メリットがなく安全でもない日本の銀行に、とりあえず預金をする、

国債を買う

・・・

 

 

 

 

大人の無知は罪、と言われる。

あなたの大切な家族、子供が大きな影響を受けることを考えると、

知らなかったではすまされない。

 

嘘を見抜くためには、物事のリアルなところをつかもうとしているか?

現実を本気で知ろうとしているかが大切。世の中の情報に惑わされず、

自分で見極める必要がある。

 

 

 

 

 

投資話の嘘を見抜くには

 

 

振込や手渡しの詐欺がいまだになくならないことも不思議で

ならないが・・・

 

これからは将来への不安を逆手にとった、一般人への投資話を

持ちかける詐欺の手口が、手を変え品を変え次々に出てくる

ことが容易に想像できる。

 

 

基本的には、知り合って間もないあなたに儲け話を持ってくる時点で

おかしいと思わなければいけない。何の恩義もないあなたをなぜそんな

人が儲けさせてくれるのか?

 

また騙された人が決まって言うのは「最初はちゃんとお金を払って

くれました」。それが手口だということにも気づいていない。

 

仮にあなたが100万円を投資し、翌月から利息分として5万円づつ

受け取っていたなら、最初の20回分は単に、あなたが渡した100万円を

返してもらっていたに過ぎない(笑)。

 

もともとあなたのものだったお金を利息と称して渡していくうちに

その人を信用させ、次のもっと大きな投資に興味を持たせるという

浅はかな手口。

 

冷静に考えたら子供だましなことなのに、情報弱者でいることで、

大切な虎の子をかくも簡単に失うことになる。

 

 

 

多くの人を自由にしてきた

王道の手法を学ぶ

 

 

 

 

お勧めの副業とは言っても・・・

 

 

一緒にモテよう、海外で活躍しようと盛り上がっている仲間には、

自由になるための現実的な週末起業の方法として、ダイレクト

マーケティングとインターネットビジネスを提案している。

 

しかし、自分でどれが本物か見抜くことができず、嘘に騙され続けて

いる人が今も少なからず存在するので、ここで情報を整理する。

 

 

ねずみ講

 

正式には無限連鎖講という。

 

商品やサービスは存在せず、キャッシュを上位の人に渡し、その人達が

さらに上位に渡していくというピラミッド型の組織で、最終的には必ず

被害者が出る単なるマネーゲームなので、日本でも「無限連鎖講に

関する法律」で違法とされている。

 

これもまるで子供だましのはずなのに、驚くことに最近も日本の大学生

の間でこれが流行り、摘発されたというニュースを耳にした。

もっと大事なことを勉強して欲しい(笑)。

 

 

悪徳マルチ商法

 

ある程度の年齢の人は、バブルスターや逮捕された原全三郎と言えば

すぐにイメージが沸くかもしれない。

 

これが分かりづらいのは、ねずみ講と異なり、形ばかりとは言え

商品やサービスが存在すること。

 

しかし、例えば家電量販店で5,000円程度で買える物を30万円で

売りつけていたり、価格が実際の価値に見合っていないので、

事実上はねずみ講と変わらず、脱法行為である。

 

 

 

 

ダイレクトーマーケティング

 

もちろん合法であり、努力すればそれに応じた結果が得られるのが

ダイレクトマーケティングであるが、やっかいなことに、合法ではあるが

実際は騙す会社が雨後のタケノコのように乱立しているのが、この業界。

 

ライバル企業が一般消費者を装ってネットに他の企業の批判を

並べていたり、嘘とホンモノとの見分けをつけること、真実を見抜く

ことが難しいことで、多くの人が貴重な時間とお金を失い、大切な人達

との信頼関係を棒に振ってしまっている。

 

 

俺はと言えば、自分のビジネスを始めた後に、数十社のダイレクト

マーケティング会社のプレゼンを受けたことで、誰よりもホンモノを

見分けることができると自負している。

 

マニラのカフェでノリノリで説明をしてきたロイヤルという会社の

ジェイムスは、「本社ビルが立派ですごい」が一番のアピールポイント

で、開いた口がふさがらなかったが(笑)。

 

 

 

ここではざっくり、あなたが選んではいけないパートナー

(ダイレクトマーケティング企業)の特徴を示しておく。

 

その会社をよく調べて嘘かどうかをしっかり判断し、ホンモノを

見抜くための参考にして欲しい。

 

 

 

メーカーではなく、単なる販社である

 

●●(業界のリーダー的存在)はもう遅いと強調する

 

「今始めると有利」などと煽ってくる

 

「楽に儲かる」「簡単」とアピールする

 

入会金が高かったり(感覚では5万円でも高額)、お金を積むことで

有利なポジションからスタートできてしまう

 

100%現金返済保証(クーリングオフ以上に消費者を保護する制度)を

用意していない。返品制度が不完全

 

キャッシュバック率が異常に高い

 

取得したキャッシュバック率や資格を維持するための個人購入金額が

義務づけられている

 

「有名メーカーと提携しています」「商社がバックについています」

などを強調する

 

製品のクオリティがイマイチ

 

ことさらに収入をアピールする

 

成功者(という名の広告塔)の話がウソくさい(笑)

 

 

 

見抜くことに自信がない人は、相談してもらえばいつでも嘘を

暴いてみせる(笑)。

 

 

 

インターネットビジネス

 

一方でインターネットビジネスでも、残念なことに情報弱者が

搾取されまくっている現実がある。

 

 

巷でよく聞く、いわゆる高額塾。

 

塾という名称で、手取り足取りと勘違い。あたかも稼ぐまで責任を

持ってもらえると思い込み、実際はDVDがまとめて送られてきて

サポートも適当、期待外れだったなんてことも多い。

 

実際は募集要項などに書いてある通りのサービスなのだが、

情報弱者の依存心が当初の期待とのギャップを生んでしまう。

 

過激な文句、例えば

 

「一日たった10分で」

「片手間でできる」

「次世代の」

「魔法の手法」

「誰でも簡単に」

「バカでもできる」

「パソコン初心者の老人でも主婦でもできた」

「私が稼がせてみせます」

・・・

 

浅はかな表現で情報弱者の欲望と依存心を刺激し、高額の情報教材を

買わせる手法。

そしてこれは、化粧品会社や不動産会社などでもよく使われている。

 

 

 

偉そうに語る俺も、以前ある輸入ビジネスを始めたが、レバレッジと

するための初期投資が結局は数百万円必要であることが分かり、始めて

から数ヶ月で頓挫した苦い思い出が(笑)。

 

よりシビアに情報の質を見抜く意識が強くなり、嘘に対して敏感に

なったことが大きな収穫だったが。

 

 

 

売上ばかりを強調する広告にも注意したい。

結果をアピールするなら、売上だけを語るのは無意味。本質である

利益を語ることを避けているようなものは注意したい。

 

また自分の商品を売りたいために、有名な商品を批判して自分の

詐欺教材などに誘導する手口も多い。

 

カウントダウンタイマーで期間限定・人数限定感を煽るのも

常套手段。

 

高級車や豪邸などの派手なライフスタイルをアピールしたり、

下世話なものになると札束の画像を恥ずかしげもなく出しているのは、

ホンモノの成功者ならきっと嘲笑していることだろう。

 

 

 

 

 

ホンモノは必ずある

 

 

何でも疑って新しいものを取り入れないのでは、人として最も大切な

「チャレンジと経験」の機会を逸することになり、本末転倒。

 

 

大切なのは、ホンモノを見極める力。

 

 

 

先人の知恵を受け入れ味方にする柔軟さと素直さ、理性と考える力。

行動力と継続力。

 

どれも一朝一夕に手に入るものではないが、仲間と一緒に確実に

身につける努力をしていこう。

 

 

 

 

 

PS.

個人的な話だが、結婚なんてうまくいくのが当たり前だと
思っていたのに、元奥さんの嘘を見抜くことができなかった
ために、痛い経験をしてしまった(笑)。

 

幸せとは何か・・・また自分の性格の変え方を真剣に
考えるきっかけになったし、無駄なことは1ミリもなかったと
信じているが。

 

 

わざわざ人生の遠回りをしたい人はいないはずなので、
嘘を見抜く知性を身につけておきたい。

 

 


メールアドレス >

よく読まれている記事



コメントは15件です

  1. mad cafe より:

    昔あったワクワクメールも、マルチっぽかったですね。

    というより、いまだにありますよね、うさんくさいのが笑
    どうしてなくならないんでしょう。駆逐したい。

  2. ガラミ より:

    ガラミです。今日は、かずなりや朋さんと東京、千葉と5箇所回って、今一時帰宅中です。パンに驚いたり、ミーティングに参加することになったり、会うととにかく、何か起こるし、点数も出るし、アイデアもいろいろ出ますよね。今からあと数件会いに出ますが、この行動をどれくらい点数につなげられるかが勝負。明日からは、点数出しに本気で入ります。リーダーを探しつつ、プロダクトも出す。いまだに毎日、模索しながらやっています。これでいいのかなぁ、こんな感じなのかなぁって。テンションも高すぎず、がんばっている感じや、努力している感じは皆無。全くなし。力の抜けた、いい感じなんじゃないかなって思います。明日は夜、ミーティングがあるので、夕方までに5件回ろうと思います。点数につなげようと思っています。どうかなぁ。たのしみです。宣言は是非ともデスクトップなどの見やすい
     場所に表示し、常に初心を忘れないようにしましょう。彼らは、膨大な仕事量を、さらさらっとこなします。でもそれは、何かを形に、達成するとき、リーダーになっていく時、りきんでチャレンジして、初めて力を抜くところがわかったんだと思います。

  3. そらはねこ より:

    嘘を見抜く力、私にも欲しいです。

    仕事では騙されたことがないけど男には騙されたことが…。

  4. ayuayumi より:

    信じやすいタイプです。主人からは良い意味で素直、悪い意味で単純と言われました。上手い話には気をつけてますが、嘘を見抜くのは自信ないですね。

  5. せな より:

    無知は罪ですね。

    騙されたりして身近な人に迷惑をかけないように日頃から知識を身につけるように心がけたいです。

  6. テツ より:

    嘘はつくなと教えられても、そう言えば
    嘘を見抜けと教えられたことないですね。
    大切なことなのにね。

    単純に儲け話、ホントに儲けるなら人に教えたくないですよね。

  7. マヤ より:

    ある程度年齢を重ねてくると色々経験値もあがって、なんとなく嘘も見抜けるようになってきたかな~と思うけど、あくまで「なんとな~く」なんですよね。
    それとどんな環境、世界に身を置いているかで結構、嘘をつく人に遭遇する確率も違ってくるように思います。
    油断は禁物ですが。(笑)

  8. 圭南 より:

    嘘ってなかなか見抜くことができないんですよね。目を磨かないと。
    いつもお世話になっております。いつも役に立つ情報をありがとうございます。
    メールでも勉強です。>過去に作った登録フォームに「レジスト」の一行を追加しようと
    思っているのですが、これを行うと今までの登録フォームの
    URLは変更されますでしょうか?
    メールで紹介する際に短縮URLに変更しているため、
    もしレジスト追加でURLが変わると手間になるため
    伺っています。
    ありがとうございます。やはりURLが変わってしまうのですね。
    費用対効果を考えて、今回は設定を見合わせます。
    今後ともよろしくお願いいたします。
    有効なアドレスなら大丈夫です。
    キーワードプランナーはお金を払わないと実用に耐えない
    ツールになってしまったので、yahoo!のほうだけで大丈夫です。
    記事は当然キーワードの需要とライバルチェックを
    してからですね。
    キーワードの見つけ方も講座に書いています。
    活用されたら、以下に一言感想を頂くと
    先輩であるベストセラー作家であり習慣の専門家、
    佐藤伝さんによる
    「夢を叶えるレポート」(PDF95ページ)
    をプレゼントさせてもらいます。
    英会話の習得はもちろん、あらゆる習慣の改善に
    役立つ貴重なメソッドになっています。

  9. makostyle より:

    実をいう私も、以前胡散臭いインターネットビジネス勧誘の動画を熱心に観ていました(笑)。最初はすごいな、とこころから感動し、資金がないのでセミナー等には参加しませんでしたが、同じ手法を真似てみようとがんばりました。残念ながら時給数万円の手法のはずが、月収数百円しか儲けられませんでした。本物を見極める力が欲しい!

  10. シーサー より:

    嘘と本当の見分けがつかず騙されやすいんです。
    本質を見抜く力を身につけなければですね。
    特に歳を取ってからが心配なので。

  11. 238 より:

    最近は詐欺の案件とかも多く目にしますよね。そのようなものに騙されないためにも、とても大切な能力だと思います。

  12. りん より:

    とてもグッサときました。わたしは20代でまだ若いと思っていましたが、もう大人です。情報弱者にならないようにしたいです。

  13. mikako より:

    世の中の嘘。
    これも、神の与えし試練、なのだろうか。

    お金と性か。
    う~ん…

    確かに、嘘を見抜けるようになるには、行動と経験、なんでしょうね。

    「自分にとって耳が痛いことが真実であることが多い」か。
    確かにね…

    「依存心を利用されて搾取される」か。
    これも確かに…

    わたしも、エンタメによってほとんどの人が騙されてる、て思うことがあります。

    インターネットビジネスでは、実はわたしも、騙されたことがいくつか…

  14. 0617 より:

    ある程度年齢を重ねてくると色々経験値もあがって、なんとなく嘘も見抜けるようになってきたかな~と思うけど、あくまで「なんとな~く」なんですよね。嘘はつくなと教えられても、そう言えば嘘を見抜けと教えられたことないですね。大切なことなのにね。

  15. とおる より:

    嘘を見抜くために必要なことは常識を身に付けることですね。
    お金に関していえば上手い話には気を付けろです。
    今は、ネットがあるので情報収集も忘れずにすることです。
    それでもだめな時もありますが。

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

トラックバックURL: 
    自由への道

海外移住プロデューサー:DAN

 フィリピン在住の40代独身男。

  現地でフィリピン人の起業

  支援をしつつ、日本人の

  海外移住をサポート。

  東南アジアを中心に世界を

  周ることを日常とする。

DANの半生

    自由への道
カテゴリー
最近の投稿

ページの先頭へ