禁酒できない本当の理由


 

 

 

「何しろ太るし、翌日の朝

顔がむくむから嫌なのに・・・

 

禁酒できないのはなぜ?」

 

 

 

下北沢で、昔のカフェバースタイルのお店を経営する川北。

 

飲み屋で禁酒できないのはある意味当然だろう・・・

そう思いながら話を聞いていた(笑)。

 

 

 

 

 

禁酒できない理由

 

 

禁酒に限らず、何か行動を続けたいのに続かない時は、まずその行動を

「増やしたいのか」「減らしたいのか」を明確にする。自分の目標と

する行動が「増やしたい」「減らしたい」のどちらに属するのかを

はっきりさせないと、継続方法を決めることができないから。

 

禁酒は当然、お酒を飲むという行動を「減らしたい」ケース。

 

 

残念なことに、お酒を飲みすぎる場合のように「やりすぎてしまう」

行動には、それを邪魔する他の行動が成り立ちにくい。例えばお酒の

代わりにウーロン茶を飲むと決めても、お酒の味を忘れることなど

到底できない(笑)。

 

邪魔するものといえば、家族から嫌がられたりお金がなくなる

ことだが、本人にとっては大した障害にはならない。そう、ハードル

そのものが存在しない。

 

やりすぎる行動は、それ自体が誘惑に満ちている。お酒を飲むと

いう行為は、飲んだ直後すぐに、確実に快楽という結果が得られる。

 

禁酒や禁煙をなかなか続けることができないのは、これが理由だ。

 

 

 

禁煙や禁酒できない、ダイエットが

続かない・・・そんなあなたでも変われる

方法とは?

 

 

28053447443_0a9a09ce01_b

 

 

禁酒できないあなたのための具体的なアイデア

 

 

禁酒のように何かを続けたいなら、まずは自分の具体的な行動

そのものに注目すること。「なぜ続けることができない?」その行動を

冷静に分析することで、続けるための具体的なアイデアを考え行動を

変えていく。

 

 

当たり前だが、誰もが望む結果を得るため、

そして望まない結果を避けるために行動する。

 

そのため、行動する直前の条件を整えたり、行動する時にそれを

補助してくれる方法を考えたり、行動するメリットとデメリットを

考えたり、行動するまでの手間などの環境を変えることが行動に

大きく影響する。

 

シンプルに言えば、続けたい行動なら行動しやすくする、

やめたい行動なら行動しづらくする・・・

 

これが続けるための基本的な方向性だ。

 

 

禁酒のメリットを明確にする

 

お酒を飲んだ時、どんなメリットがあるだろうか?

 

リラックスでき落ち着く、味や香りに満足する、嫌なことを忘れられる

・・・こうしたメリットがあるなら、同じようなメリットが得られる

行動を探す。

 

一方で、禁酒できた時のメリットは何だろう?健康になる、つまみが

進まないので太らない、顔がむくまない、ボーッとせず夜を有意義に

使える、居酒屋代を使わなくて済む、家族から嫌われない・・・

 

これらにメリットを感じるとしたら、そのメリットが得られる

機会をいかに増やすかを考えてみよう。

 

 

手伝う人の役割を決める

 

飲まなかった日に奥さんや子供が褒めるだけでも、

人というのは続けていくモチベーションを保てる。

 

一方で、行動を継続できるように

より具体的な協力をしてもらう。

 

あなたが禁酒を始めたら、奥さんは家にあったボトルを捨て

今後はビールも買ってこない。家族は、お酒に関する情報を

できるだけ遮断する(笑)。

 

パートナーはもちろん、子供、上司や同僚などの

気軽に頼める人にサポートをお願いする。

 

周りの人を巻き込むと途中で挫折するのが恥ずかしく感じられるし、

何より協力してもらっているのに申し訳ないという心理も働く。

サポーターの存在を意識すると、誰でも自然と続けられるようになる。

 

 

お酒を飲みたくなるような環境から離れる

 

禁酒をしたいのに、コンビニに行くとついお酒を買ってしまうことに

気づいたのは、決めたことを続けることができない和久(笑)。

 

「お酒を目にするから欲しくなる」そのことに気づいた彼は、

コンビニに入ること自体をやめた。コンビニに寄る用事を極力

なくし、寄らなかった日は自分のカレンダーに丸をつける。

 

溜池山王の金融に勤める彼は下戸の同僚と仲良くなり(笑)、

いつも立ち寄っていた居酒屋を大戸屋に変えた。

 

 

レコーディング

 

さらに和久が始めたのは、「禁酒15日目!」のように

毎日ツイッターでつぶやくこと。

 

他人の目にあえてさらすことで、弱い自分へのサポートとする。

ツイッター上で応援されたり反響があったりすると、より続けよう

という気持ちに。

 

こうしたSNSも、続けたい行動の強い味方になる。

 

 


メールアドレス >

よく読まれている記事



コメントは25件です

  1. きらー より:

    いつも二日酔いになった日は、
    禁酒しようと思うのですが、
    次の日になると、そんなことも忘れ、飲んでしまいます。
    SNSでレコーディングして、禁酒に入るのも、
    いいアイデアですね。

  2. downy より:

    父親が禁酒できず、悩みのタネです。
    自分自身が禁酒しなければいけないという意識がないからですよね…まずはそこからです。
    ご褒美は大きいかもしれないなと思いますので、一度試してみます。

  3. 中川 創聖 より:

    僕はお酒が嫌いだから、全く飲みません。禁酒などの禁欲をしたい人はキリスト系の本を読むことをお勧めします。アウグスティヌスの「告白」という本は面白いのでお勧めです。

  4. 和田 より:

    殆ど酔わないから飲まないという人もいますが、私の場合は、ビールとかの苦い味が苦手で飲めません。
    まずいお酒を飲むと禁酒がしやすいとも聞いたことがあります。

  5. もも より:

    わたしの親がアルコール依存なのでこうゆう、記事はためになります。まぁためになったからとゆって母に色々ゆうきはないんですけどね

  6. かばなっつ より:

    禁酒できないのは私もです。毎日発泡酒に手が伸びます・・・どうしよう?^^;
    >臆病になり行動できない理由にはいくつかある1つ目は過去の経験二度と同じ失敗をしないための知恵だと思えばいい夏目和田さん恥をかきたくない人からよく思われたいと言う気持ち大恥ずかしいことではなく人間の親しみやすさと思いやる見つめは無知なにとって1番強い事は知らない時想像が一人歩きして恐怖が募る近すべての難問は必ず誰かが取り解決し乗り越えてこられているだから心配ないと考える誰かにできて自分にできない事はないそう思い信じる心が自分を変える一方踏み出す勇気になる
    教えてくれている人影響受けている人など自分の周りには自分と同じレベルの人が必ず集まるからチョコレート常識が常識になっていないと言うことにも気づいたほうがいいそもそも常識と言う概念が施行限定させその結果子供限定する常識は誰かが勝手に作ったルールのようなものそんなルールで自分の人生を縛り付けるのはあまりにも寂しい常識は自分自身の知らないうちに自分の中でいろいろな影響や情報の中で作られたもの常識をいちど捨ててみて無限の可能性を信じて挑戦する毎日を過ごしてみてはどうだろう

    フライトは成功しないから明るい自分にいられるように工夫したいしチャンスの時にはさらに明るい自分を作る必要がある

  7. あゆ より:

    お酒、私はたまに飲むけど、以前、ビールを毎日飲んでいたら太ってしまって、これではいけないと思い禁酒して、ダイエットしました。今は本当、付き合いでたまに飲む位で、お酒飲み続けると太ると思い、ほどほどにしてます。

  8. 空の下 より:

    私はお酒が嫌いなので
    お酒をやめられない人の気持ちほどわからないものはありません。
    お酒の話をきくときはいつも
    世の中には色々な人がいて
    人の苦労というものはわからないものだなと思ってしまいます。

  9. しまくらちよこりん。 より:

    ですよね。禁酒も禁煙もできんのは私もです。どう自制する?テーマす。あ、エアビーも登録しておきました!>>視点を間違えたがゆえの失敗】

    ちなみに俺の場合、
    移住先(部屋ではなく住む街)を
    フィリピンだけで3回変更したことがある。

    一度目はケソンシティ、フィリピン大学のそばの
    韓国人ホンさんが経営するゲストハウス。

    例の隣人の騒音もそうだが(笑)、一日800ペソ(2,000円弱)
    の宿泊費が、当時の俺の予算をオーバーしていたこと。

    二度目はアンティポロ。

    大嫌いなゴキブリが一気に3匹こちらに走ってきたこと(笑)、
    毎朝近くを走り回るトライシクル(バイクタクシー)の爆音。

    そして最後は、友達のjoshuaが紹介してくれた
    ダウンタウンのアパート。

    ただのコンクリートで窓もない四角い部屋は
    俺なら耐えられそうだったが・・・(笑)

    致命的だったのは
    Wifi(インターネット)が極度に弱いこと。

    毎回遠いカフェまで歩いていくのは仕事にも
    支障があったので、部屋を変えることに。

    当時はまだairbnbのような仕組みがなかったが、

    今なら迷わずこの便利なサービスを使い、安価で
    数泊滞在して、リアルな移住後の住環境を確かめて
    いただろう。

    冒頭で語ったように、俺がこのairbnbを
    使ったのはドバイとニューヨーク。

    前者は、オンラインでチャットだけでやり取りした
    アラビア人の女性。

    当日の部屋の鍵などはコンドミニアムのガードマンとの
    やり取りなので、部屋のオーナーと会うこともない。

    通常のホテルと同じだ。

    (airbnbは基本的にこのスタイルが多い)

    後者は、タクミさんが経営する「タクメン」という
    和食バーの上を、彼がairbnbで宿泊できるようにしていた。

    ここは日本人が用意しているだけに、
    文句なしで快適(笑)。

    airbnbの場合、通常のホテルよりも
    安く泊まれるというメリットがある。

    また相手によるが、チェックアウトの
    時間なども、かなり融通が利く。

    何より現地の人の住環境なので、快適さ以上に
    リアルな旅の気分を味わえるのは魅力。

    もちろん快適さという面でも、
    特に女性が提供してくれるような環境なら
    衛生面、使いやすさという面でも問題がない。

    ちなみに「いきなり海外は・・・」
    というなら、

    北海道や東北、四国や北海道など
    いやま日本中にairbnbを利用した宿泊施設がある。

    このairbnb、登録料も更新料もかからない。

    今なら俺からモテ仲間のあなたへの紹介で、
    3,500円のクーポンを付与させてもらえる。

    無料登録するだけで、
    次回の宿泊からいきなり3,500円が引かれる
    お得なクーポン。

    今すぐ旅の予定がなくても、
    クーポンさえ得ておけば後で使える。

    このキャンペーンが終わる前に、
    早めに登録だけは済ませておいてもらいたい。

  10. ひかり より:

    私はお酒が大好きで、お酒のために頑張っているようなものです。(笑)
    絶対に禁酒できそうにないです。
    あ!でも妊娠した時はノンアルコールで頑張れました!!

  11. ゆあ より:

    私も禁煙できない1人です。禁煙しようとしても誘惑に負けてしまいます。メリットを明確にし、もう一度挑戦してみようと思いました。

  12. ぴより より:

    禁酒は難しそうですね。お酒は少しぐらいなら健康の為に良いと聞きました。私は普段緊張感が強いからお酒のおかげでリラックスできているんです。きっと、やめられないとは思いますが、禁酒をしてみるのも面白いかもしれないですね。ツイッター上で何日目とかつぶやくのはとても現代的ですね。

  13. みぽち より:

    禁酒に限らず、自分でやめようと思ってもやめれないことってたくさんありますよね。
    私の場合、間食をやめること。もちろん、やめたほうがメリットはたくさんあるのはわかっていますが、なかなかやめれません。でも、旦那や母親、友達に宣言した時はすぐにやめれます。(特に何もしてもらってませんが、、)
    それに気づいてからは、なにかをやめようとする時は周りの人に宣言してからやってます。

  14. オレンジ より:

    環境が変わることは重要だったりします。自分の意思がぐらついてしまわないようにそこから離れる。お酒を飲む機会がなくなったらお酒を飲みたいと思わなくなりました。お酒=スピリット、たしなむ程度でほろ酔いくらいがちょうどいいです。

  15. ピグモン より:

    私自身飲酒をする人ではないが、たまにふとお酒が飲みたくなることがあります。こんな私があるということは、飲酒されている方はもっとありそうですね!

  16. マックス より:

    学生時代からアメリカンハードロッカーなどに憧れて、ストレートでウイスキーをボトルでラッパ飲みしたりしていました。しかし25歳も過ぎると体が付いてこなくなり、仕事に支障をきたすようになったため頑張って控えるようにしました。飲みすぎはだめですね。

  17. みらい より:

    禁酒も禁煙もきついんですよね。
    私は減らすことでストレスに勝てるか勝てないかという忍耐力勝負でした
    あ、ちなみに半年かけてどちらも辞めましたm(_ _)m
    もうあんな思いはしたくないのです(笑)

  18. なぎ より:

    言われてみればそうですね。父も禁酒を母に言い渡されていましたが、仕事柄お酒の場は外せない父は結局禁酒出来なかったんです。あと、「酒を我慢できるの2日くらい」なんて言ってる父の意思の弱さも関係してますね。私もSNSを使ってダイエットしてみようかなと思います!

  19. ひろ より:

    お酒好きな人にとって
    禁酒はなかなかできませんよね。
    私も毎日のように飲んでしまいます。
    禁酒できる環境になれば自然とやめれましたけど。
    やればできるもんですよね。

  20. cocot より:

    禁酒、禁煙は余程強い意志がないと止められないですよね。
    自分がその物を遠ざけても回りにタバコを吸ってたり、お酒を飲んでたりする人がいれば我慢出来なくなるのが道理ですから…
    これはしょうがないことだと思います。

  21. dokidoki より:

    禁酒などはむずかしいでしょうね。
    何かを止めようと思っている人を見ていると
    やめたくないんだなと思ってしますことが多々あります。

  22. カオ より:

    この記事を禁酒できない旦那に見せたいですね。
    私自身はきっかけがあり禁酒も禁煙も成功しましたが、
    でも、それは無理なく自然にできたので、禁酒とか身構えないほうがすんなり成功するかもしれません。

  23. mini より:

    うちの主人も休肝日なしです。一年でインフルエンザにかかればその時だけ。笑
    1日仕事して帰ってきて飲むなというのは酷な気がして言えないのですが健康の事考えると心配です。

  24. dokidoki より:

    禁酒のメリットを明確にするというのがいいです。
    禁酒だけでなくすべてに対応できる
    こどですね。
    がんばってみます。

  25. より:

    アルコール依存は本人の罪悪感や
    無価値感が影響しているときいたことがありますが、
    治したいなら、ひとつひとつ実行することが大切ですね。

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

自由への道

海外移住プロデューサー:DAN

 フィリピン在住の40代独身男。

  現地でフィリピン人の起業

  支援をしつつ、日本人の

  海外移住をサポート。

  東南アジアを中心に世界を

  周ることを日常とする。

DANの半生

    自由への道
カテゴリー
最近の投稿

ページの先頭へ