親に感謝の気持ちを伝えるには?


27540541500_ecceb2beb7_b

 

 

父親への感謝の気持ちを思い出させてくれたのは、

ジョディ・フォスターの大好きな映画「contact」だった。

 

 

 

 

 

感謝が親に伝わっているかを測る尺度

 

 

エリーは映画の中で、異星人とのコンタクトを通じて

父親への感謝と、愛情を確かめた。

 

あなたにも、親と心が通じ合い、成長してから彼らへの

感謝を再確認する機会はあっただろうか?

 

 

気づいたらマザコンだった俺は(笑)母親への感謝の

気持ちは子供の頃から自覚していた。

 

一方で、國學院や早稲田、そして

会計士受験のための専門学校・・・

 

高い学費のことなど考えていなかった俺を経済的に支えてくれて

いたのは父親だったはずなのに、母ちゃんに寂しい想いをさせている

という気持ちが先行して、彼には長い間感謝できなかったが。

 

この映画、そして「生きがいの創造」という本によって

生まれ変わりとソウルメイトの知識を得て、父親とも偶然ではない

深いつながりを感じ、自然と感謝の気持ちが湧き上がってきた。

 

 

日本人は特に、親やパートナーのような身近な人に

感謝の気持ちをストレートに伝えるのが苦手。

 

大切なことを言葉できちんと伝えられるのも魅力的な人の特徴

一つだが、それが難しければ、「いつもありがとう」そんな気持ちを

手紙で伝えるのもいい。

 

 

何より親への感謝を示すには、

 

あなたの笑顔の数を基準にすること。

そして、ずっと健康でいること。

 

あなたが健康で自分らしく生きていたら、親の前でも自然と

笑顔がこぼれるだろう。それが彼らへの最高の感謝の表現となる。

 

 

 

親に感謝を伝える一番の方法は、

自分らしく生きること。そのための条件

(時間・お金・健康・仲間)をバランス

良く手に入れるには?

 

 

 

 

パートナーへの感謝、親への感謝・・・その気持ちを忘れないでいるためのコツ

 

 

市原にいる聡。

 

親のために選んで始めた自営の仕事なのに、いつの間にか彼自身の

ためになっていた。忙しすぎて気持ちに余裕がなくなり、身近にいる

大切な人に感謝の気持ちを忘れてしまうという、多くの日本人が陥る

パターンに。

 

人はなぜ始めたのか、何のためにやっているのかを忘れる。

だから、それを思い出す回数常に覚えているための工夫が大切。

 

例え親のためでも、義務感で動くと心が疲弊してきて、やっていること

への感謝の気持ちも小さくなる。心をトリートメントしながら、

「なぜこれをやっているのか?」常に問いかけながら行動を続けたい。

 

 

工夫と言えば、親や周りの大切な人のためにも「何となくいい気分」

を維持するのが必要な工夫。いい気分なら余裕が生まれ、そこに感謝の

気持ちが生まれるスペースができるから。

 

自分の中の良い周波数を上げるには、大好物を食べる、大好きな映画

を観たり音楽を聴く、マッサージを受けたりサウナに入る(笑)。

変な人とは付き合わない。特に決めつける人の心理は丸無視する(笑)。

 

 

 

 

 

モテ仲間からニュースレターへの返信をもらうと、

親のことに言及している人が少なからずいる。

 

俺自身が両親との関係をオープンにしていることもあるが、

ある程度の年齢になるとやはり、感謝の気持ちが自然と

湧いてくるのは確か。

 

彼らのためにも、あなたが自分らしく生きるためのお手伝いを

これからも続けていく。

 

 


メールアドレス >

よく読まれている記事



コメントは16件です

  1. ひろ より:

    人って忘れてしまうものなんですよねー!
    いつも心に留めておくことが大切ですね。
    母の日、父の日って本当は結構大切な日なんですよね。
    親には今頃になって本当に感謝しています!!

  2. にこ より:

    いつからやってもらう事が当たり前だと思うようになってしまったんですかね。でも年を重ねていくごとに親の有り難みと感謝が募ります。親孝行しなきゃ。ありがとうってたくさん言いたいです。

  3. アダモ より:

    感謝表しても
    表し切れてない気がしていました。
    親の前で笑顔でいること、
    健康でいることかぁ・・納得しました。

  4. ユウゾラ より:

    二年前最愛の祖母が亡くなりました。その祖母の息子である私の父は、生前の実の母である私の祖母とととても仲が悪かったのですが、その葬儀の時は号泣していました。なくなってからでは遅いといっていました。

  5. りずむ より:

    私は両親が離婚しているので母1人子1人で高校生から過ごして来ました。
    なかなか母に感謝の気持ちは伝えられないですが現在は近くにいるのでちょくちょく連れて歩いています。
    お互いに親孝行をしたい物ですね。

  6. りよかよ より:

    親への感謝おいらにとってもテーマそして昨日親父と喧嘩したばっかり笑俺らの意見を全く聞かないところが親父のだめなところだがママは優しくしてくれたそういった意味で親に感謝している人と言うのは成長してから全て自分の手でやってきたように勘違いしてしまうでも順送りとしても親はやっぱり子供のことを考えてしっかり育ててくれるだから自分もしっかり育てなければならないと言う気持ちになる親の会社はある程度の年齢になってから自然に生まれてくるものこうした気持ちが生まれてこないのはやっぱり人としてかけている自分もかけていただからこそ今からでも遅くはない記事をきっかけにこれからちょっとでもできることやってみたいと思っなくなる時に後悔したくないから

  7. マリ より:

    感謝の気持ちを伝えるのって難しいですよね。
    伝えようにも恥ずかしいし、タイミングを逃してしまったり。
    それでも現在でもお世話になっていますがいつも本当に感謝しています。

  8. シルビアン より:

    親への感謝というのは、ある程度の年齢になると自然に出て来ますね。
    学生の頃は文集に「育ててくれてありがとう」「尊敬する人は親です」
    なんて書いていたけど、実際にはそれほど思ってなかったと思う(苦笑)
    まずはお互い健康でいるというのはとても大事だと思います。

  9. ゆい より:

    日頃忙しさにかまけて、感謝の気持ちを忘れがちです。改めて考えさせられました。
    親がいつまでも元気とも限りませんしね。出来る時に感謝の気持ちを伝えないとなりませんね。

  10. みらい より:

    親に感謝ってなかなか伝えられないのっていう人が多いのかもしれないですが、うちはとても仲が良くて友達みたいなので、生んでくれてありがとうも、この家に生まれてよかったなども何度か言ったことがあります。
    逆に普段言えてしまうので、言わない人が伝えるほどインパクトがないっていうデメリットもありますが(笑)
    思ったことは、それが良いことならば、口に出さないと後々後悔してしまいそうで怖いので…
    親が生きているうちにできるだけたくさんの感謝を伝えたいですね
    この世で一番怖いのは愛する家族の死ですから。

  11. 中川創聖 より:

    感謝というのは忘れがちですよね。僕もあまり周りの人に感謝の気持ちを伝えれていないような気もします。これからはちゃんと周りの人にも感謝の気持ちを伝えないといけないと思いました。

  12. ヨセル より:

    私も大学まで行ったのでお金を出してもらったのは父母どちらもなのですが、どちらかというと父には感謝を伝えていないなと改めて感じました。なので、少しはずかしいですが、感謝を伝えないほうが恥ずかしいので伝えてみようと思いました。

  13. ひかり より:

    いつになっても親には感謝しっぱなしです。
    感謝をしっかりと伝えられるようになったのは
    自分が親になってからですね。
    感謝していても、それを伝えるのは
    なかなか難しいもの。
    いつまでも親には元気でいてほしいです!!

  14. makostyle より:

    先日幼少の頃から第二の兄として慕ってきた従弟が亡くなりました。彼の親は当然息子の早い死に悲しみにくれていました。その時私は両親に対して自分が元気でいる事、幸せに生活している姿を見せることも大事なのだと思いましたし、今健康に過ごさせていただいていることに感謝です。

  15. マゼンタ より:

    親や周りの人のためにも、自分がいい気分でいる事は大切ですね。気持ちに余裕がなくなったら、感謝の気持ちを持つ余裕もなくなってしまいますからね。いい気分でいるためには健康なことも大切です。

  16. あい より:

    親には感謝することが多いです。
    大人になって、親の大切さがわかりました。
    私はいい子だったでしょうか…
    自分の子にも、親がしてくれた様に
    大切にしたいです!!

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

自由への道

海外移住プロデューサー:DAN

 フィリピン在住の40代独身男。

  現地でフィリピン人の起業

  支援をしつつ、日本人の

  海外移住をサポート。

  東南アジアを中心に世界を

  周ることを日常とする。

DANの半生

    自由への道
カテゴリー
最近の投稿

ページの先頭へ