ボホール島滞在を勧める3つの理由


 

 

フィリピンで10番目に大きい島、

ボホールが注目されているのをご存じだろうか?

 

 

 

ボホールは、俺がフィリピンに単身移住する

きっかけになった場所でもある。

 

 

 

 

 

ボホール島をおすすめする理由

 

 

まずは世界遺産のチョコレートヒルズと、そこに住むターシャと

いう手の平サイズのメガネザルがボホール島の魅力。

 

1,000を越える可愛らしい石灰岩の表面に草が生えているという

不思議な光景。バレンタインの日にちなんだ214段の階段は大変だが、

頂上からの風景は、それを上るだけの価値がある。

 

モテ仲間のあなたにはぜひ挑戦してほしい(笑)。

 

 

ボホール島、特にパングラオアイランド

サンゴ礁の美しさと、海の綺麗さ。

 

この魅力に負けてアロナビーチのリゾートホテルに

入っているコテージを購入したのは、もう数年前。

 

地震や台風の影響が小さいこともボホールの魅力。開発が進む

観光地としてフィリピン政府が治安の維持に力を入れる場所でも

あり、島の安全面への配慮は外国人にとってありがたい。

 

 

何より、向上したアクセスの良さ

 

ボホールのパングラオアイランドには、日本との協力によって

新たに建設された国際空港。今までは、セブ島から2時間近く

かかる船で上陸するほかなかった。

 

 

 

ボホール島の自由人

コミュニティに参加するには

 

 

 

 

ボホールからすぐ。バリカサグ島でのダイビング

 

 

バリカサグは、ボホールのパングラオアイランドから船で

アクセスできるダイビング天国として有名な島。

 

美しい海はもちろん、イルカとの遭遇率が高いことや、ダイバーズ

ヘブンなどのダイビングスポットとして有名なところも多く、高めの

水温の中、カラフルで美しい水中の風景を楽しむことができる。

 

バラクーダ観察を目的にダイビングにチャレンジを始めたのは、

パサイに住む友達のマリクリス。

 

このバリカサグ島には、大きなフォレストやテーマパークもある。

 

 

バリカサグへのアクセスとしては、ボホールのパングラオアイランド、

アロナビーチから船で30分。他のルートとしては、セブのマクタン島

から2時間以上かけて船で行くことも可能。時間のあるあなたには

この行き方もおすすめしたい。

 

 

 

マニラで英語の教師をしているリチャードもそうだったが・・・

フィリピン人の誰に聞いても、これからはボホール島が熱いと語る。

 

投資やビジネス、移住など様々な目的

全てに応えてくれる魅力的な島だ。

 

感謝する」という良い口癖、そして時間管理の方法を身につけ、

人からどう思われているか気にしないようになり、ネガティブから

ポジティブに変貌した坂上。

 

彼を始め、ここにもっとモテ仲間を誘致したい(笑)。

 

 


メールアドレス >

よく読まれている記事



コメントは11件です

  1. mini より:

    海ものすごく綺麗ですね!イルカに会ってみたいです!ダイビング好きなので1番は行ってみたいな〜♪現地の人がお勧めするなら間違いないですね。

  2. つみせ より:

    いきたいなー!!!ボホール島。そんな島があるなんて。綺麗そうだな。>そんなあなたに、
    2カ月という短期間のメール講座を通して

    英会話マスターと、
    在宅オンラインビジネスでの副収入を
    同時に手に入れてもらう。

    目安は、「今から半年後」に日常英会話に問題がなくなり
    かつ月5万円程度の安定した報酬を得られること。

    ちなみに英会話としているが、今回の手法では
    中国語や韓国語、スペイン語、フランス語など
    他の人気の言語にも同じように応用できる。

    英会話を上達させることと
    収入を得ること。

    「2つ同時に叶えるなんて、できるのか?」

    そんな声が聞こえてきそうだが・・・

    むしろ、2つ同時に追うからこそ相乗効果があり、
    モチベーションの維持になることは実証済み。

  3. シルビアン より:

    とてもステキな所みたいですね。
    これからボホール島に注目されて人が集まると、きれいな自然が失われてしまうのかしらとちょっと心配になります。

  4. 豆腐 より:

    フィリピンはいろんな島があると思うんですけど、このボホール島素敵そうですね。世界遺産もあるのは驚きでした。ターシャを見てみたいですね。

  5. makostyle より:

    私だけかもしれませんが、ボホール島は今まで耳にすることもなかった島ですが、知れば知るほど素敵な島です。もし私が海外に移住できる身分になればここを選択します。

  6. マリ より:

    ダイビングはできませんが、きれいな海を眺めたいです。
    そして、手のひらサイズのお猿さんにも会ってみたいです。

  7. 猫姫 より:

    ボホール島の近くの島(パングラオ)に国際空港がもうすぐできますね。
    フィリピンの島国に最近、日本から古着を届けました。
    まだまだ、自然と共存して住んでいる村もあるのでそういうスローライフもいいと思いました。

  8. あはと より:

    ダイバーにおすすめの所みたいですね。私はダイビングをやった事がありませんが、そんな初心者でも行けるでしょうか??
    気になります。

  9. ユウゾラ より:

    しかしフィリピンには素晴らしい島がたくさんあるものですね。実はゴリラ以外のサル系の動物はあまり好きではありませんが、小さいターシャはなんとなく仲良くなれそうです。

  10. マゼンタ より:

    海外でダイビングをしたことはないのですが、バリ島でシュノーケリングをしたことがあります。感動しました。ボホール島もとても良さそうですね。機会があったらぜひダイビングに挑戦したいです。

  11. ひかり より:

    とても魅力的な島なんですね!!
    綺麗な場所に行って
    のんびり過ごす事が
    老後の夢です。
    ダイビングは若いうちにしておきたいです。

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

自由への道

海外移住プロデューサー:DAN

 フィリピン在住の40代独身男。

  現地でフィリピン人の起業

  支援をしつつ、日本人の

  海外移住をサポート。

  東南アジアを中心に世界を

  周ることを日常とする。

DANの半生

    自由への道
カテゴリー
最近の投稿

ページの先頭へ