現地在住者が語るマラパスクアダイビング


 

 

マラパスクア島・・・

 

 

それはまさに、俺が埼玉から

このセブに移住してきて初めて訪れた、

南国の楽園だった。

 

 

 

 

 

マラパスクアダイビングと島の場所

 

 

マラパスクアは、俺が住んでいるセブシティから

ノースバスターミナル発の長距離バスで4時間弱。

 

そして港から約50分の船の旅だ。

 

セブの中心地からトータルで片道1,000円かからず、

日本からも近いこの南国の楽園にアクセスできる。

 

 

マラパスクア島は、今まで様々な場所で潜って

ダイビングを楽しんできたあなたでも、海の中の

新たな世界に新鮮な感動を覚えるはず。

 

 

 

マラパスクア島という楽園をいつでも

楽しめる南国生活。ダイビング好きな

あなたが手に入れたい経済的・時間的

自由とは?

 

 

 

 

マラパスクアダイビングの魅力

 

 

マラパスクア島・・・のんびりできるホワイトサンド

ビーチは、セブでも俺のお気に入りスポットの一つ。

 

mini boracayの俗称もある

マラパスクア島。

 

その理由は、ボラカイからバーや高級レストランといった

ナイトライフを除いたような、白い砂浜と綺麗な海が広がる

場所だから。

 

 

このマラパスクアはまさに、

ダイバーにとっては天国のような場所。

 

その理由の一つが、

 

数あるダイビングスポットの中でも遭遇率が低くなかなか

お目にかかれないマンタ、そして幻の魚と呼ばれるニタリと

100パーセントに限りなく近く出会える島だということ。

 

 

何より、このフィリピンでは殿様ダイビングと呼ばれるが(笑)

実際に潜る以外のことは全てスタッフがやってくれるシステム。

 

ダイビング費用が格安なのにも関わらず、こちらが

申し訳なくなるほど一生懸命動いてくれる。フィリピン人が

持つ良さ、ホスピタリティがいかんなく発揮されている。

 

 

フィリピン全体にいえるが、海の水温がそれほど高くなく

心地良いダイビングができる。もともと寒さに弱くて

南国に逃げてきた俺。寒い海で震えるなんてまっぴら(笑)。

 

海から上がった後も、こないだまで電気が通っていなかったと

いうほどの豊かな自然の中でのんびり過ごせる。

 

日陰でカクテルや南国のジュースを楽しんだり

本を読んだり、ひなたぼっこをしてリラックス。

 

何しろ、この場所の夕焼けや朝焼けの美しさ、

満点の星空のすごさは格別だ。

 

 

 

やはりマラパスクアにドハマりしたのは、俺と同じ

元究極の人見知りでコミュ障を改善した努力家の田島。

 

日本の将来を憂いて国内移住をやめ、タイに滞在した後は

上海で生活を続ける彼。これからも情報交換をバシバシ

続けていきたい。

 

 


メールアドレス >

よく読まれている記事



コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

    自由への道

海外移住プロデューサー:DAN

 フィリピン在住の40代独身男。

  現地でフィリピン人の起業

  支援をしつつ、日本人の

  海外移住をサポート。

  東南アジアを中心に世界を

  周ることを日常とする。

DANの半生

    自由への道
カテゴリー
最近の投稿

ページの先頭へ