フィリピン在住者が一人暮らしの生活費を語る


 

 

一人暮らしの生活費を

実際に計算したことはあるだろうか?

 

 

 

俺が初めて具体的な生活費を細かく計算したのは・・・

和光の新倉で、実家の近所に引っ越して

一人暮らしするのを考えた時だった。

 

 

 

 

 

日本での一人暮らしの生活費

 

 

一人暮らしの生活費の中で、やはり一番

大きな割合を占めるのは家賃。

 

日本でも地方の場合は安く、

月45,000円程度。

 

東京のような都会の場合はその1.5倍はするので、

月68,000円ほどになる。しかもこれはワンルームの場合で、

ユニットバスにすればもう少し費用を抑えることもできる。

 

 

また生活費のうちの食費。全て外食すると3食で月60,000円ほど。

一人暮らしでも自炊したり職場にお弁当を持参すれば、その半分の

30,000円くらいに。

 

 

日本の場合なかなか抑えづらいのは、水道光熱費。

 

ガスの場合は一人暮らしなら月1,500円以下、水道の場合は

あなたがしずちゃんのような異常なお風呂好きでなければ(笑)

3,000円以下にできる。

 

エアコンでかなり消費するが、

電気代は月6,000円程度に。

 

 

あとは日用品のコストくらいだろう。

 

それ以外の生活費は実家暮らしでも同じだが、

遊んだ場合の娯楽費や交通費、また通信費は

月10,000円程度。ここは人によってだいぶまちまち。

 

 

結局、あなたが都内で暮らすとなると

月190,000円程度は生活費がかかることになる。

 

 

 

一人暮らしの生活費を抑えながら

南国ライフを楽しむ方法

 

 

 

 

フィリピンでの一人暮らしの生活費

 

 

海外でも様々な場所に住んだが・・・快適さや無理のなさを考えて

マニラで一人暮らしした際の生活費をサンプルにしてみる。

 

 

家賃はガードマン付き、プールとジム付きのコンドミニアムで月22,000円。

水道は月500円かからないし、光熱費はエアコンをずっと使っていれば日本と

変わらない月6,000円程度になるものの、扇風機だけなら月2,000円しない。

 

食費はフィリピンの場合、全て外食でも10,000円以内に抑えられるし

日用品も当然日本より安い。

 

海外なのでビザの更新が必要になるが、

フィリピンの観光ビザの場合は月に8,000円程度。

 

通信費は月5,000円くらい。交通費がとにかく安く、

タクシー初乗りで約100円なのでこれも抑えられる。

 

 

結果としてマニラの場合は、月60,000円でも十分に暮らせる。

日本の都会の1/3程度の計算だ。

 

つまり、日本円の収入がありながらフィリピンのような国に住めば

生活費を抑え、その余剰部分をビジネスや投資に回せる。

 

その具体的な方法については

ニュースレターの中で語っていく。

 

 

 

生活費を抑えながらマニラの夜遊びにふけっていたのは、

先日シンガポールへの旅費アンヘレスへの行き方を聞いてきた

一人暮らしの太郎。

 

俺と同じく日本人よりもフィリピン人の友達のほうが多い彼は今、

シンガポール教育に興味を持っている。

 

 


メールアドレス >

よく読まれている記事



コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

自由への道

海外移住プロデューサー:DAN

 フィリピン在住の40代独身男。

  現地でフィリピン人の起業

  支援をしつつ、日本人の

  海外移住をサポート。

  東南アジアを中心に世界を

  周ることを日常とする。

DANの半生

    自由への道
カテゴリー
最近の投稿

ページの先頭へ