現地在住者が語るフィリピンの口座


 

 

フィリピンに口座を持とうと考えたことは?

 

 

 

俺の場合は川越にいる時からビジネスで

このフィリピンとの関わりが始まったため、そもそも

最初の渡航目的の一つが現地に口座を開設することだった。

 

 

 

 

 

フィリピンに口座を開設するには

 

 

銀行にもよるが、基本的には現地フィリピンに渡航して

口座開設の手続きを踏む必要がある。

 

 

書類を用意して銀行の窓口に行くのは日本の銀行と同じだが、

こちらが外国人になるだけに多少面倒。

 

口座開設にはアイカードと呼ばれる外国人登録証、

フィリピンの運転免許証もしくは国際免許証、パスポート、

労働許可証などを提示する必要がある。

 

俺が口座開設した銀行では

顔写真も求められた。

 

そして銀行によっては、現地の住所が必要なケースも。

この場合は、留学や観光のように短期滞在だと

銀行口座がつくれないことに。

 

 

フィリピンで口座を開設するメリットとしては、

国内の銀行と異なりリスクに応じた金利が得られる点。

当然、日本だけに資産を集中しておくよりもリスクヘッジになる。

 

 

ちなみに、フィリピンで最もメジャーなのはBDOバンク。

ここは日本人が対応してくれる窓口もあるのがいい。また

支店やATMが多く、手数料も他より安いことがメリット。

 

一方で、フィリピンナショナルバンクとメトロバンクは

日本の都市部にも支店があるので、より口座開設はしやすい。

 

 

 

フィリピン口座のより具体的な開設法、

現地で安定したビジネスや投資を続ける

ノウハウを学ぶ

 

 

 

 

フィリピンで口座を開設する際の注意点

 

 

フィリピンで気をつけたいのは、国のイメージ通り(笑)銀行のスタッフによって

いい加減なことを言ったり、よく分からない説明をする口座担当がいること。

 

できれば、日本語の分かる現地人の友達をつくり

彼らに付き添ってもらうといい。

 

 

そして銀行口座をつくった後の注意点だが、日本の常識とは異なり

海外では最低預金残高というものがある。

 

それを下回ると、口座を維持するために

手数料がかかってくることを忘れないでほしい。

 

さらにモテ仲間にも多いが、せっかく口座をつくったのに結局ほとんど使わず、

何年も出し入れがなかったりすると凍結されるというのは当たり前に起こる。

 

俺もセキュリティバンクでこれを経験して

パニクった記憶が(笑)。

 

 

 

フィリピンから中国の大連に渡って各地を周り、その後

ハバロフスク観光コタキナバルのビーチを楽しんで

イタリアに移住。現地に口座を開設した丸亀さん。

 

俺と同じく日本人より外国人の友達が多い彼は今、

ポーランドで孤児の子孫と慈善事業を続けている。

 

 


メールアドレス >

よく読まれている記事



コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

自由への道

海外移住プロデューサー:DAN

 フィリピン在住の40代独身男。

  現地でフィリピン人の起業

  支援をしつつ、日本人の

  海外移住をサポート。

  東南アジアを中心に世界を

  周ることを日常とする。

DANの半生

    自由への道
カテゴリー
最近の投稿

ページの先頭へ