現地在住者が語るフィリピンのチョコレート


 

 

「フィリピンのチョコレートってどんな感じ?」

 

 

 

とにかく甘いものに目がないガンちゃん。

 

男性ながら、さすがゲコだけに

スイーツへのこだわりがすごい(笑)。

 

 

 

 

 

有名なフィリピンのチョコレート

 

 

個人的に記憶に新しいのは・・・

 

ドイツのチョコレートグルメフェスティバルの

ミルク入りダークチョコレートドリンク部門で

賞をとった、マラゴスチョコレート。

 

これはイギリスのアカデミーオブチョコレートアワードの

ピュアドリンクチョコレート部門でも賞を獲得しており、

ダバオ産カカオが大活躍(笑)。

 

 

こんな立派なものではなくても、庶民にも親しまれている

美味しいチョコレートはフィリピンにも豊富にある。

 

 

コンビニやドラッグストアなどほとんどの場所で

お目にかかれるのが、チョコムーチョ。

 

ダーク・ミルク・ホワイトとバラエティーも豊富。マニラに

いた時、ハリソンプラザのショップワイズでよくまとめ買い

していたのを思い出す(笑)。

 

 

そして俺が最も好きなのは、クラウドナイン。

キャラメルのように少し糸を引く感じが美味しく、

日本のスニッカーズよりもしつこくない(笑)。

 

 

ちなみにチョコレートドリンクでいうと、こちらで

人気があるのは俺も大好きなネスレのチャッキー。

 

これは世界で展開しているネスレの中でも、

フィリピンでしか手に入らない。

 

俺の場合は群馬にいた頃、サリサリストアで大きなパックを

たくさん買い置き。それのおかげでしっかり体重が増えた(笑)。

 

 

フィリピンでは、独特の形で有名なスイスのトブラローネや

日本のチョコレートを始め、海外のブランドも買える。

輸入品なので当然割高だが。

 

 

 

チョコレートが大好きなあなたは、

スイーツも安く楽しめるフィリピンに

移住を。自宅にいながら経済的自由を

得る手段とは?

 

 

 

 

フィリピンでチョコレートといえば・・・

 

 

少しフィリピンを知っているあなたなら、

チョコレートと聞いて真っ先に思い浮かぶのが

世界遺産であるボホールのチョコレートヒルズ。

 

まさに巨大なチョコレートだが、

もちろん食べることはできない(笑)。

 

季節によって茶色に染まる小さい丘の群れが

チョコレートに見えることから、この名前がつけられた。

 

個人的にアロナビーチ沿いのリゾートホテルに

物件を持っていることもあり、住んでいるセブから

このボホールにはよく足を運ぶ。

 

 

ボホールで他に有名なのは、

メガネザルのターシャ。

 

この可愛らしい世界最小の猿もここでしか見ることが

できないので、ぜひ一度足を運んでほしい。

 

 

 

チョコレートが好きな白人を嫁にしたのは、

バンコクでの夜遊びが好きなフィリピン男性のニコ。

 

俺と同じ元神経質の彼も、今は平気で

マニラの置屋に通っている(笑)。

 

 


メールアドレス >

よく読まれている記事



コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

    自由への道

海外移住プロデューサー:DAN

 フィリピン在住の40代独身男。

  現地でフィリピン人の起業

  支援をしつつ、日本人の

  海外移住をサポート。

  東南アジアを中心に世界を

  周ることを日常とする。

DANの半生

    自由への道
カテゴリー
最近の投稿

ページの先頭へ