現地在住者がフィリピンのターラックを語る


 

 

あなたは、フィリピンの

ターラックという場所をご存じだろうか?

 

 

 

フィリピンのマニラやセブに移住して長いが・・・

このターラックという名前自体は、 埼玉を離れてから

だいぶ後に知った(笑)。

 

フィリピン人の友達ヴァネッサが誘ってくれなければ、

ここに来ることもなかっただろう。

 

 

 

 

 

フィリピンのターラックの魅力

 

 

昔付き合っていたフィリピン人のアーメルが

連れて行ってくれた、パンパンガのルバオ・・・

ここでフィリピンの田舎の楽しさ、気持ち良さを知った。

 

 

そこから遠くないターラックも、

のどかなフィリピンの地方都市。

 

マニラの中心地から120キロ以上北にあり、

アキノ元大統領の出身地として知る人ぞ知る場所。

 

メトロマニラと比べて、建物が多い場所でも

歩道や広場が広々しているのが印象的。

 

 

そしてショッピングモールもちゃんとある。

SMターラックで一緒に食事をしたのは、

最近太り気味のアンだった(笑)。

 

ハングリーヤードというレストラン街は、

様々な種類の料理が楽しめる活気のある場所。

 

その他、アキノミュージアムや丘の上の巨大なキリスト教の像、

広々した公園もあったりと魅力に事欠かないフィリピンのターラック。

 

フィリピンにはBo's Coffeeやスターバックスなど

おしゃれなカフェがたくさんあり、もちろんこのターラックにも。

 

この国のカフェで日本よりも便利なのは、フリーwifiがもっと

自由に使える点。電源にも寛大なので、気にせず長居ができるのはいい。

 

 

このターラックが便利なのは、この地方のハブとしての機能があり

バスが24時間動いていて移動がしやすいところ。

 

英語が通じやすいのも日本人にはありがたい。

 

 

 

フィリピンという南国に住み、マニラや

ターラックでビジネスや夜遊びを楽しむ。

場所を問わない経済力を手にする手段とは?

 

 

 

 

フィリピンのターラックで困る点

 

 

特に年配の日本人移住者が不安に感じるのが、

フィリピンでの医療の点。実は、場所を選べば

この国の医療レベルは悪くはない。

 

ただこのターラックで不便なのが、カードのキャッシュレスに対応する

病院がないところ。クレジットカードの海外保険をいつも使っている

あなたは注意だ。

 

まずは病院に現金で払い、そこで受け取った領収書を持参して

日本に戻り保険金を請求しなければならない。これは現地に

移住した場合は、特に不便。

 

 

それでも、近くにクラークや

歓楽街として有名なアンヘレスがあったりと、

何かと面白い場所。

 

一度長期滞在してみるのもいいかもしれない。

 

 

 

ターラックとダバオを観光した禁酒できない大器晩成の有名人である成橋だが、

俺と同じ太った猫好きの彼は環境を変えるために今、ブラジル移住など

危なっかしい計画をしている(笑)。

 

 


メールアドレス >

よく読まれている記事



コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

自由への道

海外移住プロデューサー:DAN

 フィリピン在住の40代独身男。

  現地でフィリピン人の起業

  支援をしつつ、日本人の

  海外移住をサポート。

  東南アジアを中心に世界を

  周ることを日常とする。

DANの半生

    自由への道
カテゴリー
最近の投稿

ページの先頭へ