中国語の下ネタをフレーズや単語で(一覧)!下ねた(しもねた)の中国語とエセ中国語…中国語下ネタ(中国語しもねた)の翻訳


 

もともと発音が難しい中国語だが、

女性と盛り上がるのが目的なら

下ネタのフレーズを先に仕入れておこう(笑)。

 

 

中国語の下ネタのより詳しい情報、

中国に住んでも尽きない安定収入を得る具体的な方法・・・

 

これを知りたいあなたは

以下の無料ニュースレターに登録をどうぞ。

 

メールアドレス >

 

 

親しい仲間と下ネタの会話で

盛り上がることはよくある。

 

中国パブが好きな日本人もいるが、中国語の下ネタを知っていれば

中国人女性と盛り上がることもできるのでは?

 

 

そこで今回は、

中国語の下ネタを

フレーズや単語で紹介。

 

 

中国語の下ネタには

面白くて変わったフレーズがある。

 

しっかりと覚えて

仲間たちとトークで

楽しく盛り上がろう。

 

 

 

中国語の下ネタ!下ねたのフレーズや単語を一覧で…「気持ちいい」の発音(中国語気持ちいい)、ダーフェイジーや女性器など下ねた単語一覧

 

中国語の下ネタを紹介する前に、

いくつか注意してほしいことがある。

 

 

まず、中国人は基本的に

下ネタの会話があまり

得意ではないということ。

 

特に女性の場合は嫌がる人が多い。

 

 

初対面の人や親しくない人、

夜の仕事をしている人以外とは、

軽々しく下ネタトークをしない方がよい。

 

 

また中国語の単語には、

誤解を招く発音になる

単語もあるので気を付けよう。

 

 

それでは、中国語の

下ネタのフレーズや単語を

一覧で紹介していこう。

 

 

1.男性器:ディアオ

 

2.女性器:ビー

 

3.自慰:ダーフェイジー

 

4.セクハラする:チードォゥフ

 

5.売春婦:ビァオズ

 

6.性交する:ズゥォアイ

 

7.変態的で暴力的:ヘン フゥァン ヘン バオリー

 

8.不細工:チョウ バー グゥァイ

 

9.月経:ダー イー マー

 

10.気持ちいい:スーフー

 

 

中国語で「気持ちいい」という単語には、

表現のパターンにいくつか種類がある。

 

場面に合わせて使い分けることで、

色々なフレーズとして

使えるので覚えておこう。

 

 

例えばマッサージを受けて

「体がとても気持ちいい」という場合は、

「ヘン スーフー」。

 

リラックスした落ち着いた状態の

気持ちよさは、

「チン ソン」と表現できる。

 

 

 

中国人の下ネタって?下ねたの中国語、中国語下ネタ(中国語しもねた)

 

日本人の場合、

何気ない会話の中で

下ネタを使う人が数多くいる。

 

酒の席で酔った勢いで

下ネタトークをすることは、

日本ではよくあること。

 

 

でも中国人は普段から

下ネタを使わない。

 

酒の席だとしても

下ネタで会話をすることは

ほとんどない。

 

 

中国では下ネタを

頻繁に使うことはタブー。

 

女性に対してはもちろんだが、

男性に下ネタを話した場合も

引かれる率が非常に高い。

 

 

中国語の下ネタには

変わったフレーズや言い回しがあるので、

日本語に翻訳してみると色々と勉強になって面白い。

 

友達とおしゃべりする時に、

中国語の下ネタを

使ってみるのはどうだろうか。

 

相手も驚いて、

中国語下ネタに

興味が湧くこと間違いない。

 

 

元々卑猥な言葉の下ネタだけど、

中国語に翻訳してみるとどこか

可愛らしいフレーズだったりするのでおもしろい。

 

 

下ネタを中国語に翻訳した

例を挙げてみる。

 

ウンチは中国語で「コウピ」、

マスターベーションのことを「打飛機」と表す。

 

ちなみに、打飛機は

「飛行機に乗る」という意味で

隠語の一つ。

 

 

 

エセ中国語(偽中国語)下ネタって?

 

エセ中国語(偽中国語)とは、

日本語の文章を漢字表記のみで

中国語に見せかけた表現のことを指している。

 

 

例えば、

「大変感謝」や「全然問題無」

などいった表現。

 

パッと見ると日本語のように見えるが、

実はニセモノの日本語で、

ホンモノに見せかけたユニークな偽中国語だ。

 

 

元々、偽中国語は

日本のネットユーザーが

面白半分で作り上げたもの。

 

SNSなどで

短い文章を作る時に便利で、

中国ではブームになっている。

 

 

エセ中国語(偽中国語)の下ネタは、

日本ではネット上のスラングとして

よく使われることがある。

 

 

「射爆」という言葉があるが、

ネット上でシューティングゲームをしていた

中国のネットアイドルが使ったことで話題となった。

 

「爆発するまで射撃できた」

という意味合いで使われていたが、ネットスラングの

「射精する」という意味に変化していった。

 

 

そもそも「射爆」は

シャーバオラと発音する中国語で、

偽中国語ではない。

 

日本でもネットスラングとして、

「射爆了」や「緊急射爆案件」

などと表現される。

 

 

 

台湾語の下ネタには何がある?

 

台湾の男性は女性の前では

下ネタを使わない。

 

台湾の女性は下ネタに

嫌悪感を抱いているので、男性は紳士的に

下ネタを使わないよう努めている。

 

 

でもそれは

あくまでも女性の前だけ。

 

男性同士では下ネタを使って

おしゃべりを楽しんでいる。

 

 

台湾語の下ネタには

色々とユニークなものがある。

 

少しだけ例を

取り上げて紹介しよう。

 

 

「親親」と書いてチンチンと読むが、

台湾語でキスという意味がある。

 

意味自体は下ネタではないけれど、

発音が下ネタなのが面白い。

 

 

「波覇」という言葉には、

とても大きなおっぱい

という意味がある。

 

 

「黄色笑話」という言葉は、

台湾では下ネタという意味を表す。

 

 

女性の胸の谷間を意味する

「事業線」という言葉が

ユニークで面白い。

 

 

中国語と台湾語の違いは、

使用している文字が違うこと。

 

中国語は簡体字を使用している一方、

台湾語では繁体字を使用している。

 

 

中国の標準語は

「普通話」だということを

ご存じだっただろうか。

 

中国では地方や

その人の年齢によって、

使用する言語に違いが出てくる。

 

 

中国の首都が北京なので、

北京語が標準語だと

思っていた人もいるだろう。

 

そもそも北京語とは

北京の方言を表しており、

中国の標準語ではない。

 

 

 

中国語が下ネタに聞こえる?下ネタに聞こえる外国語

 

中国語の中には、

下ネタに聞こえる発音の言葉が

数多く存在する。

 

それとは逆に、

日本語の言葉が

下ネタとなる場合もある。

 

 

下ネタに聞こえる

一番代表的な発音の言葉は「チン」。

 

「チン」という言葉は

中国でよく使われている。

 

中国で暮らしていく場合は

必然的に使う外国語となる。

 

 

下ネタに聞こえる外国語は数多くあるので、

ネットで「下ネタに聞こえる 外国語」

などと検索して調べてみよう。

 

 

普段自分たちが

日常的に使っている言葉の中には、

海外だと下ネタになってしまうNGワードが数多くある。

 

海外では使ってはいけない

NGワードをいくつか紹介する。

 

 

・「キレイ」タイ語でブス

 

・「紅茶」アルゼンチンやチリでは女性器

 

・「河野」スペイン語で女性器

 

・「ジャージ」韓国語で男性器

 

・「ちょうちょ」スペイン語で女性器

 

 

 

まとめ。中国語の下ネタについて

 

中国語の下ネタについて

紹介してきたが、

いかがだっただろうか。

 

面白い下ネタの単語や

フレーズがあることを

分かってもらえただろう。

 

 

だが、そういった会話が

できる場所は限られてくる。

 

大きな声で下ネタを連呼していたら

変質者と思われてしまう。

 

TPOだけはわきまえたい。

 

 

今回紹介した下ネタ以外にも、

中国の下ネタはまだまだあるので、

ネットで色々と検索して調べてみてほしい。

 

 

中国人女性に目がない加来。

自分と同じく洋版プレイボーイが性教育だった男(笑)。

 

メールアドレス >

よく読まれている記事



コメントは2件です

  1. たんじろ より:

    下ネタは相当親しくならないとできないなぁ。
    日本人相手でも難しいですよ。引かれたら終わりです。
    胸の谷間が「事業線」なのはおもしろい!どんな由来なのか知りたい。

  2. たくパパ より:

    漢字でなんとなく意味がわかるので、中国語での下ネタはおもしろい。
    下ネタでなくても、意味を当てたりとゲームとして楽しめる。
    それにしても「事業線」って(笑) 一体どんな事業なんだ?

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

移住と一人起業の専門家:DAN
DANの半生

▼CLICK自由への道

人気のカテゴリー
カテゴリー

ページの先頭へ