フランスのスーパー!紅茶やチョコなどお菓子、チーズやワインがお土産におすすめ?エコバッグなどスーパーマーケットの日本との違い


 

フランスのスーパーが魅力的なのは時々耳にするが・・・

実際どんな感じなのか、あまりイメージができない。

 

 

そこで今回はフランスのスーパーについて、

日本との違いを交えながら紹介。

 

チーズやワインなどのおすすめのお土産についても紹介する。

 

 

 

フランスと言えばチーズや紅茶?お土産をスーパーで買うなら…スーパーマーケットで買える紅茶やチョコなどのお菓子、チーズやワインがお土産におすすめ

 

フランスのスーパーマーケットでは、マドレーヌや

マロンクリームなどのお菓子が種類豊富に揃っている。

 

フランスのスーパーを訪れたら、

お土産として色々な種類のお菓子を購入しよう。

 

 

フランスのスーパーで安いものと言えばチョコレート

フランスのお土産は、

安価で美味しいチョコをスーパーで買うのがおすすめ。

 

フランスではチョコレートの種類が特に豊富なので、

お土産選びで悩んだらスーパーを訪れてみよう。

 

 

フランスのお土産を選ぶ上で欠かせないスーパーが「モノプリ」。

モノプリは、フランスのパリのお土産がほとんど揃っているスーパー。

チーズや紅茶、ワインなど幅広いジャンルの商品を取り扱っている。

 

フランスのスーパーマーケットで日本と大きく異なるのが野菜売り場

商品や店によっても異なるが、基本は量り売りとなっている。

 

フランスのスーパーマーケットでは、山積みの野菜の中から

自分で好きなものを選び、はかりに乗せてバーコードを発券する。

 

 

フランスのスーパーマーケットでは惣菜の品揃えも非常に豊富

惣菜を買う時もモノプリを利用することをおすすめしたい。

 

フランスのスーパーには様々な食品が売られているが、

中でもおすすめ食品がチーズ

チーズはフランスを代表する食品なので必ず買っておきたい。

 

 

フランスのスーパーマーケットの肉売り場では、

膨大な種類の肉を取り扱っていて、

ゆっくりと楽しみながら色々な種類の肉を購入できる。

 

宗教上、ハラールと呼ばれる肉を買う人のためのコーナーもある。

フランスのスーパーでは日本食を取り扱っており、

中には日本食材専門店もある。

 

 

フランスのスーパーマーケットでは、

ボルビックなどのミネラルウォーターの品揃えが豊富で、

日本と比べて値段がとても安い。

 

フランス産のワインやミネラルウォーターなどを、

お土産としてスーパーで買うのもおすすめしたい。

 

 

 

フランスのスーパーでの買い方…エコバッグは必須?モノプリってどう?

 

フランスのスーパーでの野菜の買い方は量り売りとなっている。

好きな野菜を袋に詰めてバーコードを発券、

その後レジで会計をする。

 

自分の目で新鮮な野菜を見極めながら選べるのがうれしい。

 

 

フランスの大手スーパーマーケットのオーシャンは、

フランスの人たちが日常的に利用している店。

 

ウクライナのキエフでも展開されていて人気が高い。

品揃えが豊富で安いのがうれしいポイント。

 

 

フランスのスーパーマーケットで一番おすすめしたいがモノプリ

品揃えが豊富なことは当然だが、

取り扱っている商品のクオリティが高い

 

フランスのスーパーマーケットの中で一番有名。

 

 

フランスのスーパーのモノプリでは、

オリジナル販売のエコバッグがお洒落で人気。

 

ネットでも「可愛くて素敵」などと人気が高く、

モノプリのエコバッグを買う人が多い。

 

フランスのスーパーを訪れたら、

モノプリのエコバッグを忘れずに購入しよう。

 

 

フランスのスーパーが過去に日本に参入してきたことがある。

フランスのスーパーマーケットのカルフールは、

 

以前日本でも展開されていたが、

その名前は日本ではもう消滅している。

 

 

 

フランスに住んでも

日本から安定収入を得る方法とは?

 

 

フランスのスーパー「カルフール」が日本に進出も失敗…なぜ?コストコとの違い

 

フランスのスーパーマーケットでは食品ロス削減に向けて、

食品廃棄処理を禁止する法律が2015年5月に可決された。

 

売れ残った食品は慈善団体に寄付するか、

肥料などに転用しなければならない。

 

 

フランスのスーパーマーケットのカルフールが

過去に日本に進出したものの失敗。

一方でフランスのスーパーのコストコは日本で成功を収めている。

 

フランスのスーパーのカルフールが日本から撤退した理由は

メーカーとの直接取引がうまくいかなかったことが挙げられる。

 

コストコの場合、日本進出時から

自社のルートで商品を調達しながら発展していった。

 

カルフールの品数が7万点なのに対して、

コストコの品数は4000点と少ない。

 

コストコは国内のメーカーとの取引に加え、

海外からの輸入で商品を調達しながら

 

利益の底上げを行っていったことが、

日本で成功を収めた理由と言える。

 

 

フランスにあるスーパーマーケットの特徴は、

大規模な店よりも、小規模な店が街の色々な場所に

いくつもあるということ。

 

フランスのスーパーマーケットでは、モノプリやカルフールシティ、

フランプリなどの比較的規模の小さいチェーン店が

連なっているのが特徴。

 

 

フランスのスーパーマーケットでは、

チーズやバターなどの乳製品を

数多く取り扱っているのも大きな特徴と言える。

 

 

 

まとめ

 

フランスのスーパーでは色々な種類の食品を取り扱っている。

日本のスーパーと比べると、その種類の豊富さには驚く。

 

 

日本でもコストコの倉庫で買い物が楽しめるので訪れてみよう。

フランスのスーパーを訪れて、

買い物の醍醐味を楽しんでほしい。

 

 

 

パリでひろゆきを見かけたという、同じオンラインビジネスの田下。

自分と同じ元神経質だ(笑)。

 

メールアドレス >

よく読まれている記事



コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

移住と一人起業の専門家:DAN
DANの半生

▼CLICK自由への道

人気のカテゴリー
カテゴリー

ページの先頭へ