ジョホールバル移住のメリットとデメリットとは?


 

 

一時、日本人にも不動産投資で話題になった

ジョホールバル。ここに移住を考えたことは?

 

 

 

和光からフィリピンに居を移しジョホールバルに

何度も長期滞在した男が、ここへの移住の魅力と

問題点について触れてみる。

 

 

 

 

 

ジョホールバル移住のメリット

 

 

やはり、日本の都市部よりも物価が安く

その割にジョホールの医療技術は高いという点。

 

他の国に比べて、マレーシアは

長期滞在のビザが取得しやすいのもメリット。

 

 

地震や台風といった

自然災害の影響を受けづらいのもいい。

 

何しろ、ゴルフが大好きなあなたにとって

ジョホールバルは天国のような場所だ(笑)。

 

 

教育移住でも

話題になったジョホールバル。

 

英語が共通語で中国語もよく使われるということから、

国際言語として最も重要な英語と中国語を同時に学べる。

 

あなた自身はもちろん、お子さんと移住した場合は

教育環境として優れているといえる。

 

 

いわゆるイスカンダル計画によって、同じマレーシアの

クアラルンプールとジョホールバル、シンガポールが

高速鉄道で繋がり、より行き来しやすく便利。

 

シンガポールと繋がった地下鉄も

イスカンダル計画の一つだ。

 

 

ちなみに投資家の視点からすれば、海外では珍しく

土地付きの物件を外国人名義で所有できるのが

ジョホールバルのユニークかつ魅力的な部分。

 

 

 

ジョホールバルという南国の都市で

のんびりと移住生活を楽しむための、

時間と経済の自由を得る手段とは

 

 

 

 

ジョホールバル移住のデメリット

 

 

何といっても、ジョホールバル移住は

治安の面で問題がある。

 

モテ仲間の間では、ジョホールバルに現れた

謎のノコギリ男の話は有名(笑)。

 

これは極端だが、マレーシアは不思議と治安の良い

イメージが強いものの、川向こうのシンガポールのように

手放しで安全とはいえない。

 

特にここは、あなたがお子さんと

教育移住するなら最も気になる点だろう。

 

 

さらに、イスラム教の国であるマレーシア。かつ多民族国家

であるこの国では、多くの日本人にとって文化や習慣に適応

するのに時間がかかる。

 

あのGacktがどうやってマレーシア生活に順応したのか、

個人的に気になるところ(笑)。

 

 

一時は安い不動産価格で投資家に話題になった

ジョホールバルも、今は魅力的な物件はほぼなくなっている。

 

 

 

あのフィリピン美人とジョホールバルやダバオを観光し、

禁酒できないままブラジルに移住したのは大器晩成の有名人

として話題の(笑)茂樹。

 

俺と同じくバロットが大嫌いな彼は(笑)、

地球の裏側でフィリピン料理からだいぶ

遠ざかった生活をしている。

 

 


メールアドレス >

よく読まれている記事



コメントは15件です

  1. kyapppao より:

    ジョホールバルにすみたいとおもったんですが、やっぱりdanさんとは別のところでマイナスのこと聞いたんです。移住者たいへんそうでした
    >この子供達のように
    大人がワクワクできたら、
    残りの人生は間違いなく
    より面白いものになる。
    PS.
    今の日本を冷静に客観的に見て
    危機感を持ち、
    できることから
    具体的な行動を始めている
    このコミュニティの仲間達。
    その中でも、
    このフィリピンやマレーシアに
    関心を持っている人は少なくない。
    ご希望の場合は、
    このメールに返信を。
    戦略的休息という考え方
    計画力のあるあなた、
    そして全力で休める(笑)あなたには、
    今日の内容は釈迦に説法。
    しかし、かつての俺のように
    これらが今も課題だとしたら・・・
    少し耳を傾けてみてほしい。
    【時間を生み出す手段】
    「もっと自由に使える時間があったら
    何をしたいか?」

  2. くろ より:

    ジョホールバルと言えば97年のワールドカップ最終予選を思い出します。それはともかくとして、ビザが取得しやすいマレーシアで、物価もそこそこ安く、医療や教育が充実しているのは安心ですね。

  3. makostyle より:

    少数派になるかもしれませんが私はゴルフが苦手です。やったことはありますがスポーツとして自分には合っていない感じです。しかし好きな人の気持ちはよく理解できますのでジョホールバルはゴルフ好きの人には本当に最高でしょうね。

  4. きよ より:

    謎のノコギリ男の話、気になります(笑)
    物価が安く医療レベルが高く災害も少ないといいとこずくめなのに
    治安がイマイチなのは残念ですね。

  5. しおばなはるの より:

    ジョホールバルと聞いて、「ジョホールバルの歓喜」しか出てこない私はサッカー大好き人間です。しかしジョホールバルがどんなところなのか全く知らなかったから、へぇー、と思いながら読めました。

  6. うめ より:

    シンガポールと繋がった地下鉄!!すごい!何分間で着くのでしょう。
    なぞのノコギリ男のエピソードもう少し詳しく聞きたかったです。笑

  7. ぽぽ より:

    ショホールバルという地名は初めて聞きました。
    知識の無さが露見しますね(笑)
    Gacktさんもマレーシアに滞在していたことがあるんですね。
    彼はかなり変わった個性をお持ちというのをTVで見たことがあります。
    それにかなり長い間芸能活動音楽活動を続けてらっしゃいますし、忍耐も人一倍、いや二倍ほどはありそう(笑)
    つまり、変わった人間しか日本からの移住は難しそうという答えがでました(笑)

  8. 今日子 より:

    医療レベルが高いのは日本と比べての
    ことなのでしょうか?
    それとも費用対効果のことなのでしょうか?
    どちらにしてもいいことですね。

  9. ポップ より:

    いくら魅力的なことがあっても
    治安が良くないのは困りますね
    一人で行って現地に友人でもいれば別でしょうけど・・・

  10. うず より:

    ジョホールバル移住は、日本の都市部よりも物価が安く、その割にジョホールの医療技術は高いという点が特徴であると知りました。

  11. のっち より:

    謎のノコギリ男の話し気になります(笑)怖いけど。。。
    ジョホールバル教育の面ではかなりよさそうですね!
    治安がやっぱり心配ですが。

  12. おやゆび より:

    治安面はある程度しかたないですよね!
    それでも便利がよくて医療が充実して何より子育てに良い環境ってのは魅力的ですね!

  13. キタローン より:

    ジョホールバルといえばサッカーしか思い出せません笑 医療技術が高いのはもし移住するとしたら嬉しいですね!都市部より物価が安いのも助かりますね。

  14. KR より:

    私も何故かマレーシアに対してそう危険なイメージはありませんでした。本当、何故なんでしょう(笑)
    子連れでの移住となると治安は重要視せざるを得ませんし、教育移住をするならシンガポールに心惹かれますね。

  15. しぃ より:

    マレーシアというと最近ではGacktのイメージが強いです(笑)
    教育面や物価の安さなどを見ると移住に適しているなって思いますが、治安を考えるとやはり少し不安な面がありますね。どこに重きを置くかですが。。。
    でも、高速鉄道でシンガポールとつながっているのは色んな所に手軽に行けていいなって思いました。

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

自由への道

海外移住プロデューサー:DAN

 

 

フィリピン在住の40代独身男。

 

現地でフィリピン人の起業

支援をしつつ、日本人の

海外移住をサポート。

 

東南アジアを中心に世界を

周ることを日常とする。

 

 

DANの半生

自由への道

人気記事
カテゴリー
最近の投稿
自由への道

ページの先頭へ