タイ移住後の仕事はどうする?


 

 

 

「タイに移住して仕事したいんですが・・・

どうやって探せばいいですか?」

 

 

 

多くの人が海外移住の壁として経験する、

現地での仕事。

 

森屋さんの場合は、大好きなタイのバンコクへ移住したいが

やはり向こうで続ける仕事について悩んでいた。

 

 

 

 

 

タイ移住後の仕事の実情

 

 

日本人の海外移住先候補人気ナンバーワンは

相変わらずマレーシアだが・・・それに次ぐのが

このタイ。

 

当然ながら、年金や家賃収入などがない限り

タイ移住後に現地での仕事を考えることになる。

 

 

タイ移住者の仕事の給与水準だが・・・

当然ながら日本よりも基本的に給与は下がる。

 

一つの例だが、35歳で日本の大卒の初任給くらいを

もらっているモテ仲間がバンコクにいる。

 

もちろんITスキルがあったり、タイ語での

コミュニケーションができると

そこから月3万円ほどプラスになるが。

 

 

現地での仕事で問題になるのは、まず言葉。

 

たまにメディアで「英語もタイ語もできなくても

移住して就ける仕事がある」と見かけることがあるが・・・

 

やはり現地で不安なく楽しく暮らすだけの給与水準を

得るためには、英語は最低限できるに越したことはない。

タイ語ができれば、もちろんアドバンテージは上がる。

 

俺が移住したこのフィリピンほど現地人が英語を使えない分、

タイ語ができるほうが仕事にとってもプラス。

 

タイでがっつり仕事を続けるつもりなら、中途半端に

英語とタイ語を勉強するよりもビジネスレベルまで

タイ語をマスターしてしまうのも一つ。

 

 

ちなみに、海外で日本語だけでできる仕事というのは

確かにあるが・・・メインの業務以外での現地人との

やり取りなど、英語での対応というのはどうしても出てくる。

 

もっと言えば、和食のお店や日本人向けのコールセンターだと
やはり給料は下がってしまう。

 

 

タイでの仕事の探し方としては、東南アジアの求人サイトを見る、

エージェントに探してもらう、facebookなどで現地の友達をつくり

仕事を紹介してもらうといった方法がある。

 

 

マッサージが日本の半分くらいの価格になってきたりと

人件費や物価の高騰が東南アジアの中でも目立っているタイ。

 

現地の仕事である程度安定した収入がなければ、

話題になっているようなタイの困窮邦人という未来も

他人事ではない。

 

 

それでも、このタイという国には魅力がある。

 

日本と異なり自然災害が少ないこと。首都バンコクを中心に

東南アジアの中でもかなりの発展を遂げていて、何かと便利。

 

食事が日本人の口に合うし、

現地の和食レベルがそれなりに高いのもいい。

 

 

 

雇われることなく安定して続けられる

タイ移住の仕事とは?

 

 

 

 

タイ移住後の仕事の新しいアイデア

 

 

このようにタイで移住して仕事をする場合でも、雇われだと

収入面でもそれほど豊かになれず、一方でフィリピンや

ベトナムのように生活費を思いっきり抑えられるわけでもない。

 

それなら自分でスモールビジネスを持ち、

収入をどんどん増やしていきたい。

 

 

様々な制約があり手間のかかる物販よりは、ブログや

メールマガジンのような媒体を通じた情報発信ビジネス。

 

これを個人的におすすめしているし、このビジネスを通して

日本人の移住をお手伝いしている。

 

 

ただしタイという国は、田舎はもちろん

バンコクの中でも、場所によってネットのスピードが

異常に遅い場所が。

 

これはオンラインビジネスにとって致命的なので、

環境はしっかり整えておくこと。

 

 

 

タイから日本に来てしばらく日本語を学んでいたのは、

バンコク出身のトーン。「運が良い」が口癖で会話での

コミュニケーションが上手な彼は東京に移住して仕事を

続けていたが、外国人の偽装結婚の現実を知って幻滅。

 

それ以来、俺と同じように

「結婚なんていらない」と言い始めた(笑)。

 

 


メールアドレス >

よく読まれている記事



コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

自由への道▲CLICK

海外移住プロデューサー:DAN

 

 

フィリピン在住の40代独身男。

 

現地でフィリピン人の起業

支援をしつつ、日本人の

海外移住をサポート。

 

東南アジアを中心に世界を

周ることを日常とする。

 

 

DANの半生

▼CLICK自由への道

人気記事
カテゴリー
最近の投稿
自由への道

ページの先頭へ