メルボルン移住の方法!この街がおすすめな理由とは?


 

オーストリアの都市、メルボルン。オセアニア随一の国際都市である

この街は、世界中から移民がやってくる「皆の憧れの移住先」の一つであり

住む方法を模索している人も多い。

 

 

そんな世界中の憧れ、

メルボルンに移住したい人は日本にも多くいるだろう。

 

自分も、移住するなら治安が良くて

いい生活ができる都市がいい。

 

 

そんなわけで、今回はメルボルンへの移住の方法や

住みやすい街について書いていこうと思う。

 

 

何から始めていいの?メルボルン移住の方法とは?

 

 

まず必要なのは、オーストラリアに滞在するための「権利」である。

 

これを得る方法は三つ。

 

「市民権」「永住権」「長期滞在ビザ」のどれかである。

 

 

まず「永住権」と「市民権」についてだが、

基本的な権利は同じだが、

永住権は元の国籍を維持できる一方で参政権が認められていない。

 

市民権は参政権が認められているが、

オーストラリアへ帰化するため

日本国籍を破棄しなければならない。

 

日本では二重国籍は認められていないからである。

 

 

ただし、市民権は永住権を取ってから

4年以上現地に住んだ上で、

テストに合格しないと取得できない。

 

だから、実際に長期滞在を考える場合は、

まず長期滞在ビザか永住ビザの

どちらかに申請することになる。

 

 

オーストラリアに限らず、

長期滞在ビザと永住ビザにはたくさんの種類があり、

 

目的と滞在予定期間を明確にして、

最も適したビザを選んで申請する必要がある。

 

オーストラリア移住ビザを申請する場合は、

ビザの種類により申請料金も異なってくるのだ。

 

さらに、年収や渡航時の所持金などが

審査に影響する場合もある。

 

 

次にパスポートだが、

これは、都道府県や代行業者によって値段はまちまちだが、

大体3000円ほどあれば作れる。

 

戸籍謄本または抄本、住民票、証明写真が必要になることが一般的だが、

こちらも都道府県によって異なるため事前に確認しておこう。

 

仕事をしながら住みたいという人は、

就労ビザかワーキングホリデービザで

オーストラリアに移住しなくてはならない。

 

ちなみに、オーストラリアで働くには、

英語を話せなくてはいけない。

 

 

また、オーストラリアは日本より物価が高いので、

渡航費や生活費がバカにならないことも言っておく。

 

 

 

稼ぐことだけにフォーカスして

人の道を外れたくないあなたへ。

 

組織の方向性や理念を明確にし、アメとムチではなく

理念で動くチームをつくりませんか?

 

 

 

 

メルボルン在住者に聞く!日本人が住みやすい街とは?

 

 

では、メルボルンの中でも、

日本人にとって住みやすい街というのはあるのだろうか。

 

 

実際の体験談などを調べてみた。

 

まず、メルボルンに、日本人街というものは無い。

 

サウスヤラなど東南エリアには、

日系のスーパーなどがあるが、

特に日本食レストランが多いわけでもなく、

 

家賃も高いので、

日本人は少なくなってきている。

 

日本人向けのレストランやスーパー、美容院などは

比較的多くあるのだが、

市内に分散しているとのことである。

 

 

では、どこに住んでも同じかというと、

実はそうでもない。

 

メルボルンは、今でこそ皆の憧れの移住先だが、

昔はオーストラリア屈指の犯罪都市だった。

 

他民族国家あるあるだが、

ギャング同士での抗争も日常茶飯事だったという。

 

その名残が今でも残っている地域、というのはあるのだ。

 

 

まず危険なのは、北西部のセント・アルバンズ。

 

2001年よりアフリカ難民が定住するようになってから、

エスニックな色合いを強め、

北西部の中でも殺人事件の発生率が特に高い。

 

 

次は、セント・アルバンズと双璧をなす、

東部のダンデノング。

 

ここも治安が悪いが、

近ごろは再開発が進んでいて、

治安状況は改善されつつあるという。

 

 

また、メルボルンの中心街や、

メルボルン大学近くのベトナム人街など、

治安の悪い場所は多い。

 

というより、

日本という国が平和すぎるだけである。

 

 

まとめ

 

 

いかがだっただろうか。

 

 

メルボルンは気候の変動こそ激しいものの、歴史的な建物や文化が残り

落ち着いていて住みやすい印象がある。

 

現に、「世界で最も住みやすい街」と評判である。

 

公用語が英語なのも、

理由の一つであろうし、

治安もいい。

 

住民の生活水準も世界トップクラスである。

 

 

 

ただ、たとえ「住みやすい街」だとしても

移住には手間も金もかかるし、

日本ほどの治安も保障されていない。

 

他民族国家とはいえ、

人種差別の激しい地域もある。

 

その辺りの覚悟のある人でないと、

移住はおススメできない。

 

 

特に、俺と同じ天然パーマの和利は(笑)

日本が一番住みやすいと思っているので

特にそう思ってしまうそうだ。

 

 

それでも移住したいあなたは、

向こうの情報をたくさん集めて

それなりの準備と覚悟を持って、移住に臨んでほしい。

 


メールアドレス >

よく読まれている記事



コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

移住と一人起業の専門家:DAN
DANの半生

▼CLICK自由への道

人気のカテゴリー
カテゴリー
最近の投稿

ページの先頭へ