ポーランド移住のメリットデメリットとは?


 

 

「ポーランド移住」

 

 

 

ヨーロッパの中では物価が安いというイメージがある国。

 

そしてインターネットビジネスの先輩・政木さんがその活用を

考えていたりと、何かと関心のあったポーランド。ここへの移住の

メリットデメリットを検討してみた。

 

 

 

 

 

ポーランド移住のメリット

 

 

バスの乗車賃が120円程度だったりと、やはり生活費が安いこと。

 

外食でも、安いお店なら600円程度で食べれる。スーパーでも

俺のいるこのフィリピンと変わらないほど。

 

やはりこちらの給料は低いが、物価が日本の50パーセント

程度なので楽に暮らせる。

 

 

特に観光地であるクラクフなどは英語表記がちゃんとあり、

レストランでメニューを選ぶのにも困らない。そして料理の味付けが

日本人にも合っているのはいい。

 

 

さらに、ポーランド人はヨーロッパ人の中でも親しみやすい人達

シュピルマンの実話を描いたあの「戦場のピアニスト」がどうしても

頭をよぎる俺(笑)。

 

彼らは仕事に真面目だったり、他人に親切だったりと日本人に近い

気質を感じる。「おもてなし」を日本以外で感じるのは珍しい体験。

しかも近いアジアではなくヨーロッパで。

 

何しろ、この国がこれほど親日とは意外だった。

 

そして予想通りと言おうか・・・ポーランド女性には美人が

多い(笑)。働き者というのもこのフィリピン女性と似ている。

 

 

個人的に夏が好きな俺。ポーランドの気候が魅力なのは、春から夏

にかけての日照時間の長さ。夜の23時でも明るいほどで、移住後は

長い夏の昼間を楽しめる。

 

ポーランドに住んでいる日本人が2,000人未満というのも、

俺のように非日常が好きな移住者には魅力だ(笑)。

 

 

 

快適なフィリピン移住やポーランド移住を

お金の不安なく続けるには?

 

 

 

 

ポーランド移住のデメリット

 

 

母国語であるポーランド語が、外国人が覚えるのに難解な言葉

一つであるという点。

 

日本語にない発音が多かったり、特にリスニングが難しい。

英語でも苦労する多くの日本人には高い壁(笑)。

 

 

現地の人でも仕事を見つけるのが難しく、イギリスやドイツなどの

国外に仕事を求めているほど。やはり現地人が優遇されるのはどの国

も同じ。英語以外にポーランド語ができることが条件となる。

 

 

ポーランド人にネガティブ思考な部分が垣間見れること。

支配されたり国を失った歴史的背景からは、無理もないかも

しれないが。

 

 

日本への直行便がないため、一時帰国に不便である点。

 

 

 

首藤のワルシャワは、やはり外国人が住みやすい。

 

人口が2番目に多いのはウッチ。

古い工場を改築したモールがあったりとユニークな街。

 

古い街として有名なブロツワフ。ここは広場を中心に

街が広がる。川沿いが観光地化した場所だ。

 

 

山や海、川と全て揃い自然が豊かな国、ポーランド。

年間を通して楽しめるアクティビティも含め、観光客が多い。

 

交通などの時間の正確さや物が安いこと、人が親切なのは

日本人にとっても移住しやすい条件の一つ。

 

あとの問題はビザだけ(笑)。

 

 

読書の効能を知って毎日マンガしか読まない習慣を変えることに

したフィリピン人男性のマーク。時間管理の方法を学ぶなど、

仕事ができる人の特徴を身につけ始めた彼・・・

 

マークもポーランドに住むことにも興味を持ち始めたので、

モテ仲間の移住も可能かどうか、一度しっかり調べてみることにする。

 

 


メールアドレス >

よく読まれている記事



コメントは22件です

  1. 中川 創聖 より:

    ポーランドのことは全く知らなかったのでこの記事に書いてあることは初めて知りました。ポーランド侵攻など歴史的に見て侵略されたりといろいろ苦労をしてきた歴史を持っていますが最近は落ち着いているそうですね。親日なのは意外でした。なぜでしょうか?

  2. 雪兎 より:

    物価が安いのはいいですよね。
    日本と同じような環境でヨーロッパの中では日本に近い国と言えるのではないでしょうか?

  3. caragon より:

    そもそもポーランド旅行もないので、移住なんて・・・そう思いましたが、今回新たな関心がむくっと?笑い>
    楽に生きて欲しいと繰り返し伝えたが楽と怠けると全くの別怠けると言うのは本来しなくてはいけないことをしていないと言うことを相手に対して配慮しなければいけない重要な状況を無視している状態言い換えれば相手の意思を尊重していない状態電話やメールを後回しにするこれは怠けている事以外の何物でもないやるべきことがあるが自分でできなくてもできる事は他の人に任せる状態これが楽つまり自分の役割を明確に理解しやるべき事を振り上げながら個人的な生活も大切にするこれが楽の基本
    楽をして成長できて生活も豊かになって楽しいこともたくさんできるそれが幸せな人生だと思うが多くの人はそんな人生が現実的に遅れると思っていない無理だと思っているそういう理想をどう実現するかを考えずお金を儲けるためにはそれ相応に働かなければいけない楽しいこと優先していたらいつかダメになるなどと生真面目に考えている店前に稼ぎたいと思ったとき確かに働く時間を多く安く費やすことも必要だろうしかし単価10蔓延の仕事を100本やればそれだけでも一鮮満円そんなシステムを組むとかうまく人材を使うとか何か知恵を絞って集中して取り組めばパパ数日でできるかもしれない口で言うのは簡単だと思うかもしれないがそのような発想そのものを考えたことがあるだろうか

  4. moremore より:

    気候風土や人々の気質、物価などのお話を聞くと
    いいなって思いますが
    やっぱり言葉の壁ですね。
    言葉がわからないと仕事につけませんもんね。

  5. さおり より:

    豊かな国、ポーランド、料理も日本人に合ってるなら良いですね。物価も安いし、直行便があれば尚助かるけど、ないんですもんね。

  6. ひかり より:

    日本の50%で済むのなら
    かなり安いですね!
    老後を過ごすのにはいいかも!
    なかなか仕事が見つからないと、住んでも仕方ありませんものね。
    住みやすそうなので気にはなります。

  7. 百合 より:

    ポーランドへの移住は私は考えている事の一つです。ショパンの生まれた国であり、ピアノを勉強するにはとても良いと思っているからです。仕事を探すのは難しいでしょうが、ピアノを勉強できるのはとても大きいですね。

  8. ナシコン。 より:

    イイナ!ポーランド。今回にわかに移住先候補にガツンと入りw
    メールいつもありがとございます。>20歳から始めた事業で成功し、
    今は作家や講演家としても活躍する
    あるメンター。

    彼から教わった、一つのこと。

    「できない人はいない。間に合わなかっただけ」

    段取りや準備の大切さを
    思い返すきっかけになった言葉だった。

    【オヤジの教え】

    「問題はな、小さい時に動けば早く解決するもんだ」

    若い頃はいろいろ素行に問題があり、
    今も「健康優良不良中年」を自負するオヤジも(笑)・・・

    時に、心に刺さる言葉を残してくれた。

    確かにトラブルは、
    放置するほど雪だるま式に拡大する。

    「時間が解決する」

    というのは、
    できることをやりきって運を天に任せる
    境地に至ったあなたが心の糧にできるフレーズであり、

    今、目の前の問題に目を背けるための
    都合の良い解釈ではない。

    また大切な人を失ったりなど、
    あなたが努力しても悩んでもどうにもならない
    ことにとっては、この言葉が大いに救いになる。

    そして何かを成し遂げたい時も、

    その準備に早くとりかかるほど
    実はそれほど時間がかからないもの。

    人というのは、自分よりできる人を見た時、

    その人が自分より優れていると考えたり、
    自分の運が悪かったと思い込みがち。

    実際は、ほとんどの場合
    そのどちらでもない。

    あなたがその人より劣っているとも、
    その人が特別運が良いとも考えにくい。

    どんなことでも、準備に早くとりかかることができれば
    ギリギリでバタバタするよりも、ずっとうまく事を運ぶことが
    できそうに思わないだろうか?

    メンターを始め、俺が気づいた
    「段取リスト」(段取り上手の人)の共通点。

    ■スケジュール帳を持ち歩いている。

    これはデジタルでも紙ベースでもいい。
    条件は、一カ月分の予定が一目で分かること。

    ■メモ帳を持ち歩き、
    どんなことでもすぐに書き込む癖がついていること。

    メモは人の頭にとっての
    外付けハードディスクのようなもの。

    自分の記憶を過信せずに何でもメモする癖がつくと、
    いつも頭がすっきりした状態でいられるので
    精神衛生上もいい(笑)。

    俺の場合はこの2つを組み合わせ、

    いつやるべきかが決まっている場合は
    スケジュール帳の該当の日付の欄にメモしておく。

    ビジネスの先輩よしゆきさんも、

    いわゆるToDoリストが習慣になるだけで
    「仕事が3倍できる人になる」と断言する。

    能力なんて、ほとんどの人はそう変わらないもの。

    うまくいき続ける人とそうでない人の差は
    こうした、ほんのちょっとの工夫の差でしかない。

    【健全な孤独時間のススメ】

    スケジュール管理とメモを習慣にするのと同時に、
    是非取り入れてほしいこと。

    毎日10分でもいいので、

    「あえて独りになる時間を
    意識的に設けるようにする」。

    これは、とめどなく流れ続ける膨大な情報量を制御し
    自分にとって本当に大切なことを整理する作業。

    ある聡明な心理学者がこれに関し
    面白い記事を書いていたので、以下に
    引用して今回は筆を置く。

  9. みぽち より:

    ポーランドへ移住どころか、旅行に行こうとも考えたことがなかったです。
    やはりどの国もいい点と悪い点がありますね。物価が安いというのはすごく魅力的ですね。

  10. バルタン より:

    ポーランドの生活費の安さには驚きました!意外と安いのですね!やはり、あとは言葉を壁ですね。しかし、言葉は現地に行くことで自然と覚えていきそうな気がします!

  11. とおる より:

    ポーランドは物価が安いんですね。
    日照時間が長いのはお得感があってうれしいです。
    遅くまで仕事のあとに野外でスポーツができます。

  12. ユウゾラ より:

    どこの国とは言いませんが、以前現地のコンビニで昼食を食べながら接客してきた店員に驚きましたが、ヨーロッパに行って日本並みのおもてなしを受けたら感動すると思います。ポーランド行ってみたい。

  13. panchan より:

    バスがそんなに安いのはいいですね!
    生活費が安くて街がきれいなんて最高すぎます
    直行便がないのは痛いですね~
    自然が一番魅力的に感じました
    絵が好きなのでポーランドの自然描きたいです

  14. 凛玲 より:

    海外で日本人の口に合う食事が出来るのは良いですね。
    ポーランドもそうなんですか。
    日本人が海外に行って1番不安なのが飲み物や食べ物ですからね。

  15. ひろ より:

    生活費が安いのはかなりいいですね。
    どうしても生活費がかかってしまうし
    おいしいものは食べたい。
    なかなか生活水準を落とすことは
    難しいですもんね。
    しかし、就職が困難となれば、生活以前の問題。
    やっぱり住み慣れた日本が一番ですね。(笑)

  16. 空の下 より:

    日照時間が長いイメージないですね。
    どちらかというと短かそうなイメージです。
    ビザの問題だけなんですね。
    でも移住となると・・・

  17. カオ より:

    ポーランドの生活は金銭面では住みやすいのですね。
    でも、日本語にない発音が多いのは生活していく上では厳しいですね。
    どこの国にもメリットがあればデメリットがあるのですね。

  18. keito より:

    英語でも苦労するというのにポーランド語なんぞやは
    雲の上の言語でございます。
    移住などとても無理です。

  19. 赤菜 より:

    日照時間が長いとは知りませんでした。
    ヨーロッパの中でも、どちらかというと
    陰、のイメージがあったものですから。

  20. しぃ より:

    生活費が安くすむのは良いなぁ。日本にいると色々と高くてすぐにお金がなくなっちゃうんで半分程度で抑えられたら快適だと思います。味付けが日本人に合っているのも魅力ですね。

  21. より:

    ポーランドで安く生活ができるのはとてもいいメリットだと思います。
    ポーランドは全くわからないので
    デメリットですね。

  22. おきあみ より:

    移住するとしてもポーランド語が会得できるとは思えないので(笑)、きちんと英語の案内もあるのは有り難いです。
    観光地でもほぼ英語表記のない街もありますもんね…。

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

自由への道▲CLICK

海外移住プロデューサー:DAN

 

 

フィリピン在住の40代独身男。

 

現地でフィリピン人の起業

支援をしつつ、日本人の

海外移住をサポート。

 

東南アジアを中心に世界を

周ることを日常とする。

 

 

DANの半生

▼CLICK自由への道

人気記事
カテゴリー
最近の投稿
自由への道

ページの先頭へ