台湾移住のメリットとデメリットとは?


 

 

台湾に移住したいと本気で思ったことは?

 

 

 

19歳、大学生の頃に台湾を一人旅し

絶対ここに住もうと決めていた奈津子ちゃん。

 

その夢を30手前で叶えたが・・・

 

台湾に旅行で行くのと実際移住するのでは

雲泥の差だったと最近気づいたようだ(笑)。

 

 

 

 

 

台湾移住のメリット

 

 

特に東京など日本の都市部と比べると、まだまだ安い台湾の物価や

人件費。特に俺が移住したフィリピンで毎日マッサージを受けて

いるように、足つぼが好きならここは天国のような場所(笑)。

 

 

冬が嫌いな俺にとっては台湾の冬が短いこと、冬の間も

14度以下になることがないのは移住者に嬉しい。

 

日本の真冬とは違い、ずっと外にいても

凍えてしまうというようなことがない。

 

 

中華料理、台湾料理と言うと日本人にも馴染みがあり、

海外の料理としてはとっつきやすい。移住生活で

食はやはり重要。

 

俺も大好きなマンゴーのような

南国フルーツも、安くて美味しい。

 

 

サーフィンができる場所があったり、

意外とアクティビティも面白いのは台湾移住の魅力。

 

 

何と言っても、ここは親日の国。台湾人はフレンドリーで

親切であり、本土の中国人よりも素朴でせかせかしていないので

日本人移住者も安心できる。

 

 

また男性にとって嬉しいのが、台湾女性に

美人が多いところ(笑)。「スリランカは良い国だが、

やはり女性が・・・」そう語っていたのは移住仲間の宗康だった。

 

 

 

台湾に移住しても就職は不要。

場所を問わない安定収入の

具体的構築法とは?

 

 

 

 

台湾移住のデメリット

 

 

魅力の多い台湾移住だが、当然マイナス面も。

 

 

生活費が安いと言っても、あくまでも現地人レベルで

ということ。固いベッドだったり、壊れやすい台湾製の

製品だったり。

 

清潔で快適な場所に住むとなると

それなりの生活費がかかる。

 

 

食事も味付けがワンパターンで、長く住むと当然飽きてくる。

もともとオイリーな台湾料理であり、食事に気をつけないと

太りやすいのも確か。

 

このフィリピンと同様に和食を求めると、

もちろん日本よりも割高になる。

 

 

英語圏ではないため、英語が通じづらい。一方で

中国語は発音が難しく、しっかり学校に行かないと

マスターに時間がかかる。

 

救いなのは漢字の文化で、日本人には何となくでも

意味が分かる点。実際それで凌いでいるモテ仲間も多い(笑)。

 

 

湿度が高く雨が多いのは、バイク乗りの俺にとっては厳しい。

気温と湿度が高いことで害虫も多く発生。

 

また日本ほどではないにしても地震国であり、

実際大きな地震が起きており油断はできない。

 

 

ちなみに台湾の場合、ビザなしで90日滞在することができ

一度出国して戻ってくるのにも規制が緩いため、いわゆる

ビザランという方法が使える。

 

実質的に観光ビザで長期滞在が可能だ。

 

この場合だと、1ヶ月の予算は8万円程度。もちろん

バニラエアなどLCCのプロモーションを使えば

もっと安く抑えることができる。

 

 

30歳までならワーホリで滞在することもできるし、

現地で就職したり日本企業で就職して駐在員を希望する選択肢も。

 

また現地起業というパターンもあるが、台湾の場合

様々な規制があり意外と難しい。

 

 

 

ロシア人と結婚した上田は台湾やフィリピンの友達

シンガポール教育や現地への移住方法、シンガポールへの旅費

抑え方について学んでいるが・・・アンヘレスへの行き方

聞いてきたところを見ると夜遊びもいまだに盛ん。

 

俺と同じ元人見知りと思えない(笑)。

 

 


メールアドレス >

よく読まれている記事



コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

自由への道▲CLICK

海外移住プロデューサー:DAN

 

 

フィリピン在住の40代独身男。

 

現地でフィリピン人の起業

支援をしつつ、日本人の

海外移住をサポート。

 

東南アジアを中心に世界を

周ることを日常とする。

 

 

DANの半生

▼CLICK自由への道

人気記事
カテゴリー
最近の投稿
自由への道

ページの先頭へ