ナスカの地上絵の書き方!大きさや種類、英語では何て?絵がある場所はどこ…消えない謎やハチドリ、グリーンピースのイラストについて


 

ペルーの世界遺産であるナスカの地上絵だが、

いつどうやって書かれたのかなど、多くの謎に包まれている

 

今回は、ナスカの地上絵について紹介していく。

 

 

 

ナスカの地上絵がある場所はどこ?大きさ(最大)や深さ、種類の一覧、消えない理由と謎や見る方法(行き方と現地のツアーの値段)…なぜ書かれた?英語では何て言う?

 

ナスカの地上絵が消えないというなぞについては3つの理由がある。

 

 

まず、ナスカの地上絵は管理人によって管理されていること。

次に、ナスカの地上絵のある場所(ナスカ平原)は、ほとんど雨が降らない乾燥地域

最後に、ナスカの地上絵は風化しにくい構造だということ。

 

 

しかし最近では気候の変動が影響して、波による浸食が進んできている。

ナスカの地上絵は消滅する可能性も考えられる。

 

ナスカの地上絵はとてもきれいで素敵なので、見る価値がある。

見たことのない人は、是非一度ナスカ平原に訪れてみよう。

 

 

ナスカの地上絵のある場所は、アンデス山脈と太平洋に挟まれた乾燥地帯

 

ナスカの地上絵への行き方は、まずリマから長距離バスでナスカの街へ行く。

ナスカの街に着いたら、現地の旅行会社でフライトの手配を行おう。

 

オプショナルツアーの値段だと相場は2万円程度となっている。

ナスカの地上絵は英語で「Nazca Lines」などと表現する。

 

 

ナスカの地上絵には、宇宙人説などの様々な仮説があるが、

未だにその真相は明らかにはなっていない

 

 

最近、ナスカの地上絵の隣接地域で新たな「戦士の作品」が見つかり、

最新の研究で紀元前500~西暦200年のパラスカ文化やパトラ文化

属するものではないかと予測している。

 

ナスカの地上絵の大きさは50~100メートルほどある。

最大の大きさの地上絵は285メートルもあるペリカン

 

 

ナスカの地上絵は暗赤褐色の岩を幅1~2メートル、深さ20~30メートルまで

取り除いて、白い大地を露出させて描いていく手法。

 

ナスカの地上絵は、なぜ描かれたのかは未だ解明されていないが、

5つの説があるので紹介する。

 

◆カレンダー説

◆死者の葬式説

◆管理職テスト説

◆雨乞い説

◆宇宙人説

 

https://matome.naver.jp/odai/2147135151671238201 

(ナスカの地上絵の一覧 NAVERまとめより引用)

 

 

 

ナスカの地上絵など世界のいろいろな場所を楽しめる

時間とお金の自由を手に入れるには?

 

 

ナスカの地上絵の書き方とイラスト(ハチドリやグリーンピース)について。ナス科の地上絵って?

 

環境保護を主張する団体グリーンピース

 

これまでに彼らは様々な環境保護を主張してきてはいるものの、

軽はずみで無神経、無責任なところが非常に目立っていた。

 

彼らはナスカの地上絵の隣に、「変革の時!未来は再生可能!グリーンピース」と、

黄色いバナーの広告を配置、その後彼らは謝罪したが、ペルー政府に追及されている。

 

遺跡の破壊の罪は最高で懲役6年の罰なので、これに始まったことではないが、

彼らも謝罪を続けるしか方法がないのだろう。

 

 

ナスカの地上絵には3つの鳥が描かれているが、それらはペリカンとハチドリの

仲間だということが最近の鳥類形態学の分析で分かった。

 

 

ツイッターで話題を集めている「ナス科の地上絵」をご存じだろうか。

すべてナス科の野菜で描かれている農園経営者の作品だ。

ナスカの地上絵のオマージュ作品のようで面白い。

 

イラストの描き方はナス、ピーマン、トマト、ジャガイモ、シシトウ、

トウガラシを利用してハチドリを描いていく。

 

ツイッターでは、「次回作に期待!」などとかなりの反響を呼んでいる。

 

 

 

 まとめ

 

ナスカの地上絵には色々な魅力があり、

世界中で話題や反響を集めている世界遺産の一つ

 

元々、管理されていることもあり、

ナスカの地上絵はずっと残ってきた。

 

 

気候の変動による波が原因で

ナスカの地上絵は消滅する可能性もある

 

そうなってしまう前に、

あなた自身で訪れてみることをおすすめする。

 

 

 

ナスカの地上絵とガラパゴス諸島にドはまりしたのは、

自分と同じくムカデが大嫌いな橋本だ(笑)。

 

メールアドレス >

よく読まれている記事



コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

移住と一人起業の専門家:DAN
DANの半生

▼CLICK自由への道

人気のカテゴリー
カテゴリー
最近の投稿

ページの先頭へ