マレーシアに住むなら知っておきたい現実とは?マレーシアに住むには…住む方法も紹介


 

 

マレーシアに住むのを真剣に考えたことは?

 

 

 

何しろ、日本人にとって移住先候補ナンバーワンの

マレーシア。ここに住むことを考える日本人は少なくない。

 

最近俺の身近では、

ジブリのアニメが大好きな秋田だ。

 

 

 

 

 

マレーシアに住むなら知っておきたいこと

 

 

まずは、マレーシアに住むために必須になる長期滞在のビザ。

リタイアメントビザとして有名なのはMM2Hだ。

 

これは今まで取得条件が比較的緩かったものの、

マレーシア人気に伴って条件が厳しくなる方向で検討されている。

MM2Hを考えるなら、早めに動くに越したことはない。

 

このビザにはそもそも期限があったり、条件になっている

定期預金が自由に使えないなどフィリピンのクォータビザに比べ

制約が多いのが難点。

 

 

現地の状況については、日本人のイメージよりも

マレーシアの治安が良くないのは住むなら知っておいたほうがいい。

 

一方で、このマレーシアが

イスラム圏だということを忘れがちになる。

 

そもそもイスラム文化が日本人に馴染みがなく、

かつ日本国内でもあまり日本人とうまくいっていない(笑)

中華系が7割を占めるマレーシア。

 

現地の生活に馴染めるかどうかには、

個人差がかなりある。

 

 

かつマレーシアは英語が通じるものの、

フィリピン人ほど綺麗な英語を話さない。

 

マングリッシュという癖のある英語が身についてしまうのは、

ナオが移住したシンガポールと同じ傾向。アメリカ英語を比較的

流暢に話す人が多いフィリピンとは、また状況が違ってくる。

 

 

あなたが何にこだわるかを明確にして、

海外移住する場所を決めるようにしたい。

 

 

 

マレーシアに住む時に壁となる、仕事。

これをたやすく乗り越えて安定収入を

確保する方法とは?

 

 

 

 

それでもある、マレーシアに住む魅力と住む方法

 

 

このフィリピンと同じように、一年中

Tシャツと短パンで過ごせる南国マレーシア。

 

俺の苦手な寒い冬、

そして何より花粉症がないのがいい。

 

地震大国日本と異なり、地震が少ない。

もちろん原発という二次災害とも無縁。

 

 

美しいビーチリゾートを選べば、

自然の中でのんびり暮らせる。

 

 

全体的に生活コストが下がるので、特に生活費が上がりきった

日本の都市部でのお金のストレスから解放されるのも魅力だ。

 

 

仕事は日本語のコールセンターがあるので

就職すれば会社がビザの準備も。住むには一番早いだろう。

 

 

 

マレーシアやアンヘレス(フィリピン)が大好きなのは、

フランス人と恋愛してイタリアに移住し現地に長く住むことを決めた雪野。

 

恋愛における尊敬が最も大切だと思い知った彼は、

俺と同じく霊感もないのに生まれ変わりを信じて疑わない男(笑)。

 

 

メールアドレス >

よく読まれている記事



コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

移住と一人起業の専門家:DAN
DANの半生

▼CLICK自由への道

人気のカテゴリー
カテゴリー
最近の投稿

ページの先頭へ