ドバイに温泉?ドバイ空港の見取り図(免税店やスタバ)、時差や気温(6月・7月・8月の夏や9月・10月・11月・12月・1月)など【2020年最新】


 

ドバイと温泉・・・現地を訪れたことがない日本人には

イメージしづらい組み合わせ(笑)。

 

だが通のあなたは、この観光地に

魅力的なスパがあることをご存じだろう。

 

 

現地に長期滞在した男が、温泉やスパを中心に

ドバイの魅力を語ってみる。

 

 

 

ドバイにある温泉

 

ドバイで温泉気分を味わえたければ、人気の

タリススパやフィートファーストなどがある。

 

ドバイ近郊でもう少し日本に近い温泉を探すと、UAEの中では

F1で有名なアブダビと、同じく首長国の一つラスアイマ。

 

ドバイに来たら足を伸ばしたいアルアインには、温泉のお湯が

流れる川があったりとなかなか驚かされる。

 

 

ドバイに来た人が楽しんでいるのは、一人800円程度で

39度ほどのお湯に浸かれる現地の温泉。

 

どちらかというと、

日本のスーパー銭湯のようなイメージ(笑)。

 

近くにはマッサージがあるが、フィリピンの1時間400円ほどの

マッサージに慣れている俺には8,000円がとても高く感じる(笑)。

 

ちなみに俺が移住したこのフィリピンでもそうだが、日本のように

公衆浴場で全裸になるということ自体が、海外では稀だ。

 

 

天然温泉はヨーロッパではドイツにあったりするが、日本のような

本格的な温泉は海外ではやはりそれほどお目にかかれない。

 

ドバイに来て温泉に足を運ぶのもいいが・・・

 

それは日本への帰国時にとっておいて、この国でしか味わえない

アラビアンな雰囲気や、デザートサファリなど砂漠でのアクティビティ

を楽しむのが賢いチョイスといえる。

 

 

 

ちなみに、ドバイのホテルで温泉も一緒に楽しむなら

オーシャンビューホテルやドバイインターナショナルホテル、

マニラでもたまに泊まるデュシタニがおすすめ。

 

 

 

温泉以外のドバイの魅力

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

世界で最も観光客が訪れる都市

トップ10入りしている、ドバイ。

 

日本人にとっても中東で最も旅がしやすく、

長期滞在もしやすい場所。

 

何しろビザが取りやすいのが魅力で、同じ業種で日本で働くよりも

税金などがなく手取りが大きいことで、1.5倍程度多く稼げたり。

 

そういったこともあり、インドなど他の国から出稼ぎに来る

外国人が人口の8割を占める。

 

 

現地のアラブ人の公務員は年収が1千万円以上あったりなど、

経済的に豊かで余裕もあり、治安も悪くない。

 

多くの人がフレンドリーで接しやすいのもいい。

特に日本人に好意的な人が多いのも事実。

 

医療等も問題なく、衛生面でも日本人が普通に生活できる。

 

これだけ距離的に離れた場所、特に中東地域で日本人でも

適応しやすい場所はなかなかないだろう。

 

 

仲間の永井さんはUAEの永住権を

欲しがるほどだったが・・・

 

この国ではイスラムの文化を守るため、観光や就労には寛大な

一方で、現地人と結婚しても外国人には永住権を与えない方針。

 

彼が残念がっていた部分だ。

 

 

ドバイについて以下で詳しく見ていこう。

 

 

 

ドバイという国の基本情報…通貨や物価(水など生活に必要なもの)、治安(外務省の発表)、時差(日本との違いや時差ボケ)、気温、飛行時間

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

外務省の情報では、UAEには約4,000人の日本人が住んでいて、

首都アブダビとドバイには日本人学校もある。

 

日本との時差は5時間、日本からの飛行時間は約11時間

UAEの通貨は「ディルハム」で、1ディルハムは約29円

 

 

ドバイの物価を日本と比較すると、

ドバイやUAEという国がよく理解できる

 

ドバイは近く石油が枯渇すると言われていて、

約30年前から観光業を基幹産業にして力を入れてきた。

 

そのため観光客からはホテル宿泊費や消費税のほか、

市税や観光税まで徴収する

 

外食は、安いレストランだとランチがだいたい300円~、

ディナーが600円~だが、高級レストランになるとランチは3,000円~

ディナーは6,000円以上とかなり差がある。

 

逆に日本より安いものもあって、

タクシーの初乗りは深夜でも180円程度

メトロは1ゾーンの乗車で120円程度だ。

 

雨がほとんど降らないドバイ、水の値段も高額かと思いきや、

500mlで約30円、1.5ℓが約45円でけっこう安い

 

 

トランジットなどでドバイの空港を利用する場合でも物価が気になるが、

空港は一般的に値段が高いところだ。

 

水やスナック菓子程度なら日本と同じくらいの値段だが、

飲食店になると、普通のチェーン店のコーヒーが約500円

麺とビールのセットで2,000円以上などかなりかかってしまう。

 

 

西アジアは治安が悪いと思っている人が多いが、

実はドバイの治安はかなりよく

もちろん外務省が危険地域に指定しているところはない

 

交通機関などのインフラ、町の外観もきれいに整備されている。

観光業が主幹産業になっていることも関係しているだろう。

 

暑い国のため夜出かける人も多くデパートも夜12時まで営業していたりする。

人通りが多いところを気を付けて歩けば、夜の外出も問題はない

 

 

 

ドバイを観光!地図やお土産、観光地のランキング、日数や予算(費用)、ビザ、服装、ツアーの予約、時期(ベストシーズン)、注意…ブログで旅行記(2020年)もチェック

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

日本人のUAE入国にはビザが必要だが、事前に取得する必要はなく、

到着時の入国審査のときに30日間有効の観光ビザスタンプを押してもらう。

 

 

イスラム教徒が多い国への旅行の注意点としては、

短パンなどは避けた服装をするということだ。

4月~9月はとても暑く、特に7,8月は40℃以上になることもある。

 

ベストシーズンは日本の秋や初夏のような

11月~2月だが費用は暑い時期よりかかる

 

 

予算は、ホテル代を抑えた日数3泊4日のプランで、

 

航空運賃 7万円

ホテル代 3万円

 

食事代  1万円

移動   1万円

 

このほかに、観光施設の入場料などがかかる。

これは個人で手配した場合の予算。

ツアーで行く場合はこれより2万円くらいは安くなる。

 

ツアーの予約方法は、旅行会社を通す方法が安心だが、

オンライン申し込みできるツアーもある。

 

 

ドバイの観光地ランキング3位は、

ドバイの砂漠が体験できるアトラクション、デザートサファリ

 

2位は世界最大の噴水ショー、ドバイファウンテン

第1位は、現在世界で最も高いビル、ブルジュカファリ

 

ドバイには、実はタリススパやフィートファーストなどの温泉もあるが、

スーパー銭湯か健康ランドのような感じ。

ドバイらしさが味わえるところをおすすめする。

 

 

ラグジュアリーなドバイへの旅行体験ブログ

「お金いくらかかったんだろう」などと考えず、

ドバイの魅力を感じながら読んでみてほしい。

 

 

 

ドバイで温泉を何度でも楽しむ。

場所を問わない安定収入の構築法とは?

 

 

ドバイのホテル、高級な場所ならチップは必要?人気のランキング

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ドバイでは、基本的にチップを払う必要はないと考える。

ドバイは人口の80%が赴任者や出稼ぎ労働者などの

外国人だと言われているが、彼らの多くは

 

チップの文化がないアジアや中東から来ている。

ホテルやレストランでかかる費用にも

サービス料がすでに加算されているということもある。

 

知り合いは、ドバイの高級ホテル

ボーイに荷物を運んでもらったりしたとき

500円程度のチップを渡そうと思っていたが、

 

気が付いたら荷物が運ばれていたりして

タイミングがなかったと言っていた。

 

 

利用者の満足度からランク付けした、ドバイのホテルランキング

https://4travel.jp/os_hotel_list-city-dubai.html

 

おすすめホテルの情報がわかるサイト。

https://www.tour.ne.jp/matome/articles/91/

 

中でもアトランティス・ザ・パーム・ドバイは、

人工島に建設されたスケールの大きいホテル。

内観も見入ってしまうくらい美しい。

 

 

 

ドバイ空港ってどんな感じ?空港のwifiやシャワー、ターミナル3などの見取り図(地図)、お土産を買う免税店、トランジット(乗り継ぎ)の際のラウンジでの過ごし方

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ヨーロッパへ行くときの経由地としても利用されるドバイ空港。

ドバイ空港で乗り継ぎするときの過ごし方、例えば7時間ある場合

 

ターミナル3はエミレーツ航空専用のターミナルだが、

ここに入っている「ドバイ・インターナショナル・ホテル」では

1時間単位での利用が可能できちんと睡眠をとることができる。

 

ドバイ空港での乗り継ぎの過ごし方、

夜中の場合もホテルがコンコース内にあることはありがたい。

 

 

睡眠はとらなくてもシャワーだけという人も

このホテルを利用することができる。

 

ドバイ空港で乗り継ぎするときの過ごし方、観光の場合も、

暑いドバイで汗だくになったり砂にまみれたりしたあと、

シャワーが浴びられるとうれしい。

 

 

ドバイ空港での乗り継ぎ、ラウンジでの過ごし方を紹介すると、

エミレーツ航空専用の第3ターミナルにある

 

ラウンジB(カディス・タパスバル)は

他のラウンジより空いていておすすめ。

 

薄暗いので書類を読むなどには向かないが、

wifiが速いからメールチェックなどは問題なくできる。

ドバイ空港での乗り継ぎの過ごし方としてビジネス利用の場合は、ぜひ利用してほしい。

 

ドバイ空港全体と第3ターミナルの地図

http://livedoor.blogimg.jp/hevionna/imgs/3/1/319c58f9.png

 

ドバイ空港第3ターミナルの見取り図、

地下鉄の駅にも直結しているメインとなるターミナル。

免税店の位置を要チェック。

 

ラクダミルクで作ったアルマスナというチョコレート水タバコなど、

中東ならではのお土産をチェックしたい。

http://file.germanytoday.blog.shinobi.jp/dubai_terminal3_info.jpg

 

 

 

ドバイを旅行、格安のツアーの予算(費用)や日数、安い時期は?持ち物や注意点も紹介

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ドバイへの格安ツアー

予算は航空券が安い時期の7-9月に4日間の日数で8.5万円くらい。

 

観光施設の入場料は含まれていない場合もあるから

トータルでは10万円弱ぐらいだろう。

 

ラマダン(断食)の月は、観光客であっても

公の場での飲食を控えるのがマナーだと考えられているため、

ラマダンの期間はおすすめしない

 

イスラム教徒の国であることを理解しておくことが注意点だ。

 

 

ドバイは、石油や観光業を中心に発展した大都会、

暑い国だがエアコンのきいたところで過ごせることが多い。

 

必要な持ち物は、暑さや日差しへの対策として、

帽子やサングラス日傘、エアコンの部屋で過ごすときは

体温調節用にカーディガンやストールだ。

 

イスラム教徒が多い国だということで、

長ズボンや長いスカートなどを着用することが必要だ。

 

 

 

まとめ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

金持ちが旅行する国と言われるUAEのドバイだが、

中東ということに加えて、宗教的な難しさや

気候が日本とはかなり違うことも、旅行するときの不安要素かもしれない。

 

日本人にはあまり知られていないが、

温泉もある。格安ツアーや物価など、

ドバイ旅行に必要な情報を調べてみた。

 

 

物価の高さや税金などで観光するにはお金がかかるドバイだが、

工夫次第で安くお得に旅行することも可能だ。

日本と全く違う所だからこそ旅をする楽しみもある。

 

 

ドバイという海外に移住し、その後はワルシャワ(ポーランド)

移ってフィンランドでも就職デンマークの自転車販売に携わる

大塩さんは、現地の温泉も楽しんでいる。

 

ネットの出会いからつながった彼は、まだ会っていないが

俺と同じ強力な天然パーマの持ち主のようだ(笑)。

 

メールアドレス >

よく読まれている記事



コメントは18件です

  1. ナヤ。 より:

    ドバイの温泉以外というかありえない組み合わせでした自分の中ではすごいですねあのハイテクなビルの中に温泉ですか興味深いですね温泉はもともと好きです何しろ箱根の温泉にはまりましたドバイよりは少なくともずっといいと思いますやっぱり日本で寿司温泉の国いろいろ地震などリスクはあるけど温泉の国やっぱり魅力もありますよね怖さの反面だから日本の良いところをもっとみようと思います海外では絶対に味わえない日本の魅力ですあの熱い温泉にゆっくりつかりたい湯船の中でどっぷりつかりたいこの数ヶ月経験していないけどやっぱりありが大好きです本当にあそこで体を洗うのが大好きですとても魅力的な日本の温泉ですまずはやっぱり日本の良いところディスカバリージャパンをもう一度やってみたと思っています

  2. makostyle より:

    あのドバイにも温泉がありますか!暑い都市というイメージが強いので温泉はあると思っていませんでしたのでものすごく意外です。でもさすがにお高いですね。ただし39度という温度は私にとっては適温です!

  3. マゼンタ より:

    ドバイに温泉あるんですか。現地の人は温泉なんて入るのかと意外に思ったけど、外国人向けなのかな。どんな泉質なのか興味あります。でも、ドバイまで行ってわざわざ温泉に入ろうとは思わないなぁ(笑)

  4. ユウゾラ より:

    ドバイで温泉の発想は全くありませんでした。温泉はものすごく好きですが、あまり混雑しているのは嫌ですね。しかしアルアインというところの、温泉のお湯が流れる川というのは経験したことがないので是非行ってみたいです!

  5. えみえみ より:

    ドバイで温泉…思わず金のライオンをかたどった彫刻の口のから
    金の浴槽にお湯が注がれてる成り金みたいな温泉を想像してしまった(笑)
    800円くらいで入れるなら、日本の日帰り温泉より安いかもしれないですね。

  6. 美女か野獣 より:

    ドバイに温泉あるんですね。それもスーパー銭湯的な。スーパー銭湯でもいいので、温泉をっぽいものを楽しめるのはいいですね。それより手取りの多さに少し惹かれますね。

  7. ひかり より:

    温泉は日本にしかないものだと
    思っていました!
    海外にも温泉があるのですね。
    しかし、海外の温泉に入るとなると
    少し抵抗があります…。

  8. はる より:

    最後の最後でドバイの温泉に持ってかれました!笑
    気になりすぎる!
    不安要素はありつつも、やはりバブリーなイメージがあるドバイ、一度は遊びに行ってみたいですね(^^)

  9. ドクターC より:

    ドバイで温泉ですか・・・うーんドバイまで行って温泉に入りたいとは思いませんね。旅の途中で疲れを癒すのならありかもしれませんが。ドバイでは競馬の大きなレースが開催されるので、いつかは行ってみたいと思っています。

  10. かな より:

    ドバイはチップなし文化なんですか!
    意外です!!
    値段もそこまで高くはなく観光できるのはとてもいいですね!

  11. さら より:

    あたたかい地で温泉は意外です!ドバイは高額かと思ったら、格安じゃなくても10万前後なんですか。いつか行きたいです。

  12. とむ より:

    世界で最も観光客が訪れる都市なんて素晴らしいですね。私もいつかは行って、セレブな雰囲気を感じてみたいです。

  13. いっくん より:

    ドバイで温泉は意外だ。
    マッパで入れるのか気になる。やっぱり水着か。
    気温が40度にもなる時期に温泉は入りたくないから、
    行くならやっぱり冬だな。

  14. あい より:

    ドバイはなんでも高いイメージでしたが、探してみればランチも300円程からあるんですか!
    日本から11時間というのがなかなかネックですね。

  15. まや より:

    つい最近どこかの国の温泉がテレビで特集されていて思わず見入ってしまいした!
    観光客にも人気と言っていましたよ!

  16. あん より:

    温泉が1人800円程度のスーパー銭湯的なものがあるんですか!
    さすがドバイ、マッサージ高いですね!笑

  17. さなえ より:

    ドバイで温泉? 暑いですよねドバイ。結びつかないですね。
    でも旅で疲れてるときにお湯に浸かれるとうれしいな。
    ブログで紹介されていた旅行うらやましい。
    私も母を連れて行ってあげたい。

  18. かや より:

    ドバイ、さすがですね、観光税なるものまであるとは!
    それでもいつかは行ってみたいなぁと思う魅力的な場所です!

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

移住と一人起業の専門家:DAN
DANの半生

▼CLICK自由への道

人気のカテゴリー
カテゴリー

ページの先頭へ