シンガポールの駐在妻が強制送還?主婦の絵日記などシンガポール駐在妻、移住者のブログ…シンガポールに住むなら仕事は?


 

シンガポールの駐在妻が、就労条件に違反して

日本に強制送還されたという事件が、実際に起きている。

 

リスクを取るより、自分自身の

スモールビジネスを持つのが賢明だろう。

 

 

シンガポールに住んでも尽きない安定収入。

 

オンラインでのスモールビジネス構築法

以下の無料ニュースレターで学んで頂ける。

 

メールアドレス >

 

 

シンガポールに限らず家族が海外赴任になり、

自分も一緒についていくという形で

海外移住する人は少なくない。

 

駐在員の駐在妻はよっぽどの学歴や能力があったり、

実業家ではない限りついていくだけで精一杯だろう。

 

 

暇を持て余してブログを毎日

数時間ごとに更新している人も見受けられる。

 

 

海外で働くためには基本的には

就労ビザが必要となるが、

駐在妻も働くことはできるのだろうか。

 

自宅でネイルサロンをしていた駐在妻が

国に強制送還になったという2chもある。

 

 

働けるのであれば、

その方法とはどんなものなのだろうか。

 

シンガポールについても詳しく見ていこう。

 

 

 

シンガポールの駐在妻が強制送還に?シンガポールに駐在する妻

 

シンガポールの駐在妻のブログは

検索するとたくさん出てくる。

 

 

駐在員本人は就労ビザでシンガポールに入国できるが、

駐在員の配偶者や子供など、

家族はDPというビザで入国できる。

 

しかしDPは働くことは認められていない。

 

 

駐在妻が働くためには

LOC(Letter of Consent)という

制度を使って許可をもらう。

 

LOCは就労ビザのように条件がないため、

比較的簡単に働くことが許される。

 

 

しかし駐在員である夫の会社が、

働くことを禁止しているのであれば

働くことは許されない。

 

また、働くことができたとしても、

何かの手当てがなくなるなど、

条件がある場合がある。

 

 

駐在妻が働く場合は、

夫の会社の配偶者の就労条件を

よく確認しておく必要があるだろう。

 

 

この条件を破ることがあれば、

国に強制送還ということも

あり得るので気を付けたい。

 

 

パスポートの残存期間が少なかったり、

自営業では自宅の使用ができない業種など

国の決まりもある。

 

駐在妻が働くには注意点が多い。

 

 

ネイルサロンを自宅でしていた駐在妻が

強制送還になったと2chで見つかった。

 

だが、そういったブログは見つからなかった。

 

 

7月にはシンガポールに入国しようとした外国人12人が、

新型コロナウイルスに関して虚偽の申告を理由に

自国へ強制送還されている。

 

12人に日本人は含まれていなかった。

 

 

 

主婦の絵日記など、シンガポールに移住した駐在妻の生活をブログで。シンガポールブログ、英語で主婦がブログを…駐在のお役立ち情報

 

シンガポールへ駐在妻として移住した人の

主婦の絵日記というブログが人気を集めている。

 

日々のシンガポールでの生活をはじめ、

子供の進学や学校のことなどの、

お役立ち情報が満載のブログだ。

 

 

シンガポールをはじめ、

東南アジアでの日本人の駐在妻は多く、

いろいろな人がブログを書いているのでとても参考になる。

 

 

「☆シンガポール子育て日記☆」は

子育てのことも詳しく載っている。

 

 

「専業主婦のtsu bu ya kiブログ」は、

駐在妻の英語力について、

2018年2月20日のブログに言及している記事がある。

 

 

シンガポールでは公用語として基本的には英語を使うが、

シンガポールでの英語はシングリッシュといわれている。

 

やはり自分の意志で移住していないが、

周りとコミュニケーションを取るためには

言語を合わせる必要がある。

 

 

シンガポールの駐在妻で英語が

話せない人もたくさんいるが、

移住をきっかけに勉強し始める人も多い。

 

 

 

シンガポール駐在妻の毎日。シンガポール駐在…駐在妻は家(コンドミニアム)で暇?クラーク・キー(シンガポールのクラークキー)とは?

 

シンガポールでの駐在妻は果たして毎日

どのような暮らしをしているのだろうか。

 

 

どうしても海外で働く人はエリートで、

生活は会社が保障していて、

家族も悠々自適に暮らしているというイメージがある。

 

毎日アフタヌーンティーを楽しんでいる

優雅なイメージがある駐在妻だが、

現実にはそうでないことが多い。

 

 

子供がいれば子供の世話で忙しく、

物価も高いために贅沢はできない。

 

働くことができる環境にあれば

働いている人もたくさんいる。

 

 

また英語でコミュニケ-ションが取れるように、

自己啓発で英語の勉強に取り組む人もいて、

決して暇ではない。

 

 

基本的には住むところは

会社が用意してくれるコンドミニアム。

 

だが、そこには同じような

駐在妻の日本人も多く住んでいる。

 

 

シンガポールは東京ほどの面積しかなく狭い。

 

何年か住んでいると、どこも行ったことがあって

暇になるということはあるかもしれない。

 

 

また、シンガポールにはクラークキーと呼ばれる

シンガポール川沿いを中心とした繁華街がある。

 

マクドナルドなどのファーストフード店や

レストラン、バーやクラブなど。

 

 

夜になると活気がさらにあふれる

観光客に人気のスポットだ。

 

 

クラークキー中心部から東側には、

マーライオンとマリーナベイサンズホテルがある。

 

マーライオンは迫力があるが、その後ろに

小さい子マーライオンがいるので、

行く機会があればその子もぜひ見て欲しい。

 

 

 

シンガポールに住むには…在住者の仕事は?就労ビザや移住の費用、職業。夫が海外赴任(転勤)、妻の仕事は

 

シンガポールは治安が良く安全な国として有名であり、

東南アジアの中で移住したい国として人気はある。

 

だが、外国人が住むには条件が厳しい。

 

 

ヨーロッパや東南アジアなどで

リタイアメントビザというビザで

長期滞在や永住権として認められる国はある。

 

だが、シンガポールでは認められていない。

 

 

長期滞在するためには就労ビザ(EP)や

配偶者ビザ(DP)、

ロング・ターム・ビジット・パス(LTVP)。

 

 

シンガポールで起業する予定がある人は、

グローバル・インベストメント・プログラムや

アントレ・パスを申請・取得する方法がある。

 

 

仕事をするためには就労ビザが必要で、

就労ビザにもEPとSパスの2種類がある。

 

 

SパスはEPよりも取りやすいが、

1社につき採用人数が制限されている。

 

Sパスが使えるかどうかを

雇用主に確認しなければならない。

 

 

マネージャークラス以上のポジションで

就労するにはSパスは使えない。

 

 

シンガポールの移住費用は、夫婦ふたりで

一ヶ月約30~40万円必要だといわれている。

 

 

シンガポールは住居費が高い。

 

 

それこそクラークキーや

ショッピング街があるオーチャードなど。

 

地域によっては家賃が100万円を

超えてくるところもある。

 

 

年中クーラーは欠かせず、電気代も

日本より高くなる可能性がある。

 

ホーカーズの屋台など、フードコートは

安くご飯を食べることができる。

 

 

だが、そこで毎日食事するわけにもいかず、

物価が高いことは生活費を圧迫しかねない。

 

 

仕事をしていないと、住み続けることは

基本的に難しくなる可能性がある。

 

 

夫が海外赴任で駐在員として

海外移住するにもEPが必要になるが、

駐在員の家族は配偶者ビザ(DP)で移住できる。

 

妻の仕事がある場合はDPだけでは就労ができないが、

Letter of ConsentというLOC制度を利用して

就労許可を取ることができる。

 

 

LOCは学歴条件などもないので、

比較的に取ることが簡単とされている。

 

 

 

番外編1:マレーシアやフィリピンの就労ビザは?フィリピン生活の主婦…魅力ある美しい女性を目指すブログ

 

移住したい国として人気がある

マレーシアやフィリピンの駐在ブログは

検索するとたくさん出てくる。

 

 

この2か国での就労ビザはどうだろうか。

 

 

マレーシアは、1年以内の出張や研修などでよく利用される

プロフェッショナル・ビジット・パスや、

一般的な就労ビザなどがある。

 

一般的な就労ビザは2年更新が必要だが、

取った後は滞在期間に制限なく

出入国階数にも制限はない。

 

 

学歴や資格などの条件があり、最低でも

月5,000リンギット以上の収入が

あることが条件となっている。

 

 

フィリピンは、6か月未満と

6ヶ月以上滞在の期間で分かれている。

 

だが、一般的な就労ビザは

学歴や資格などはないので、

他の東南アジアの国よりもビザは取りやすい。

 

 

就労ビザを取るためには外国人雇用許可証が必要。

 

 

雇用証明書や雇用主からの

フィリピン公証の推薦状など必要書類がある。

 

英語での簡単な面接も、

外国人雇用許可証と就労ビザを取る時にあるため、

英語が話すことができなければ難しい。

 

 

フィリピンでは雇う賃金も安くおさえられることから、

駐在員の自宅にはハウスキーパーやメイド、

運転手が付いていることが多い。

 

働いていないと暇を持て余しそうだ。

 

 

駐在妻のつながりとして「駐妻cafe」もある。

 

 

運営しているのは、

駐在妻キャリアサポートコーチの飯沼ミチエ氏。

 

駐在妻ならではの悩みや不安を解消したり、

魅力ある美しい女性を目指すブログも展開している。

 

 

 

番外編2:バリ島の夜遊びとシンガポール、物価(アイルランド)や北センチネル島の現在

 

バリ島は日中は観光やビーチに賑わいを見せている。

 

ナイトクラブやビーチクラブ、

ディナーショーなど

夜遊びも楽しむことができる。

 

 

クタ地区のレギャン通りには、

バリ島最大規模ナイトクラブの

スカイガーデンがある。

 

キャバクラ的なカラオケもあり、

自分の好きな女の子を選んで

カラオケに連れていくというシステム。

 

 

日本人観光客向けに日本の歌を歌ってくれる子もいる。

 

 

シンガポールではクラークキーは、

眠らない街といわれるほどで、

夜の方が活気であふれている。

 

またアイルランドは日本からの留学先としては

メジャーではないが、近年留学先として

世界各国から人気を集めている。

 

 

アイルランドの物価は他の

ヨーロッパの国と同様に高い。

 

日本と同じくらいかそれ以上だ。

 

 

消費税が23%というところも

物価が高く感じるのだろう。

 

 

食品や子供の服など

課税対象にならないものもある。

 

 

インド領である北センチネルは、

未だにセンチネル族という民族しか

住んでいない島だ。

 

過去にこの島に上陸しようとしたが、

センチネル族は自分たち以外の

人間を受け入れなかった。

 

 

インドも深刻な自然災害や、

病原になるような病気が発生しない限り干渉しないと、

島に近づくことを厳しく制限している。

 

 

2018年11月にはキリスト教を広めようと

島に近づいたアメリカ人宣教師が

殺害される事件も起こっている。

 

 

世界で唯一の孤立部族であるセンチネル族の人々。

 

島以外の人間が島に近づけば、

色々な病気の免疫を持たないセンチネル族を

絶滅させてしまう原因になりかねない。

 

 

接触されない権利を尊重しなければならないと、

北センチネルの現在は、今もなお

誰も近づこうとはしていない。

 

 

 

番外編2:三重で主婦が英語で仕事…子連れや夜の仕事で高額なのは?風俗は暇?

 

三重では、令和元年12月31日時点で

外国人住民数が過去最高を更新した。

 

ブラジル人が13,000人超で

ベトナム人が8,000人超、

フィリピン人が7,000人超。

 

 

四日市市、津市、鈴鹿市に多く住んでいる。

 

 

特に四日市市では一般企業でも

パートなど主婦の英語の仕事がある。

 

産業廃棄物処理などを事業とするミズノは、

四日市市にある本社内に、子連れで出勤できる

カンガルールームという部屋を設置している。

 

 

夜の仕事としてキャバクラや風俗などは三重にもたくさんあるが、

渡鹿野島という別名売春島と呼ばれる

浮き島があることはご存じだろうか。

 

 

この島に行く手段はピストン運行している小型船のみ。

 

その名のとおり売春婦が売春を行っている島だ。

 

 

60分がショートで2万円、

翌朝までのロングが4万円。

 

これを高額と思うのかは人それぞれだが、

ここには外国人の女性もたくさんいた。

 

 

2000年頃から衰退し始め、

伊勢志摩サミットが行われることが決まってから

負の遺産のように取り扱われた。

 

2020年1月には島で売春婦として働く女性は

日本人2人とタイ人2人の計4人のみになっている。

 

 

そのうちタイ人の1人だけが島に住んでいて、

置屋が2軒ありどちらもオーナーは高齢者だ。

 

時代が変わるごとに今ある風俗も、

新しいスタイルに変わっていくことがあれば

暇になるかもしれない。

 

 

 

まとめ。シンガポールの駐在妻の強制送還について

 

シンガポールでの駐在妻の生活は

ブログがいくつもあるのでわかりやすく、

現地のお役立ち情報もよくわかる。

 

世界で流行している新型コロナウイルスによって

各国行き来が簡単にできなくなり、

強制送還も今後しばらく各国であるだろう。

 

 

シンガポールは物価が高いことは、

シンガポールを訪れたことない人でも

知っているくらい有名である。

 

だが、この物価が高いことは

住む上で生活を圧迫していく可能性がある。

 

 

駐在妻は優雅なイメージがあるが、

なんとか生活していくのに必死だという現実。

 

 

しかし日本のように主婦が

パートをするといったような

働くことを認めていない。

 

 

シンガポールはLOC制度を利用しても、

夫の会社で妻が働くことが認められていないと

働くことができない。

 

駐在妻が働く場合は規則の確認が

必要となることを忘れないようにしたい。

 

 

シンガポールにはクラークキーなどを

はじめとする観光地もたくさんあるので、

旅行で訪れる分にはとても楽しい国だ。

 

自分も2回訪れたがちょっと行くのには

日本人にはちょうど良い国だ。

 

 

シンガポールにかつて駐在していた青柳。

自分と同じくマッサージがとにかく好き(笑)。

 

メールアドレス >

よく読まれている記事



コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

移住と一人起業の専門家:DAN
DANの半生

▼CLICK自由への道

人気のカテゴリー
カテゴリー

ページの先頭へ