タイ航空のビジネスクラス、荷物や料金をブログで紹介…ビジネスクラスシートやラウンジ、名古屋からの搭乗記など【2020年最新】


 

ロイヤルシルクというブランドに命名されている

タイ航空のビジネスクラス。

 

その名に負けない通り、豪華で華やかな空港だ。

 

 

今回は、そんなタイ航空のビジネスクラスの機内食や荷物の予約

また関空や中部からバンコクへ行く場合の

ビジネスクラスシートなどについて紹介していきたい。

 

 

 

タイ航空のビジネスクラス、羽田のラウンジはどこ?関空や名古屋からバンコクへ行く場合は?

タイ航空のビジネスクラスを利用する場合、

羽田や成田航空から出発する人が多いと思うが、

 

その場合のラウンジはどこになるのか、

同伴者は一緒にラウンジに入ることができるのか気になる人も多いだろう。

 

 

まずはラウンジについて紹介していこう。

 

 

ビジネスクラスを利用する場合の羽田のラウンジ

ANAラウンジ」となっている。

 

成田航空の場合羽田同様「ANAラウンジ」の場合と

「レッド・カーペット・クラブ」の場合がある。

 

 

そして、タイ航空のビジネスクラスを利用するにあたって

注意しなければならないのは、同伴者は

一緒にラウンジに入室できないということだ。

 

 

関空や名古屋からバンコクへタイ航空で行く場合だが、

関空の場合、ビジネスクラスのラウンジは

TG・ロイヤルオーキッドラウンジ」を利用することになる。

 

 

名古屋の場合は「スターアライアンス・ラウンジ」となるので

覚えておきたい。

 

 

 

タイ航空のビジネスクラスの料金は?値段を紹介。機内食や荷物の予約は?

 

またエコノミークラスではなくビジネスクラスや

ファーストクラスを利用するにあたって一番気になるのは、

その搭乗料金だったり機内食や荷物の予約に関することだろう。

 

今回はビジネスクラスに関する記事であり、

ファーストクラスについての紹介はしないので留意してほしい。

 

 

バンコクへの直行便でビジネスクラスを利用する場合、

時期によって相場は変動していくのだが閑散期で

約17万5千円程度。

 

同じ時期のエコノミークラスの料金は約4万6千円程度であるので、

その価格差は約4倍近くある事になる。

 

 

ちなみに繁忙期の場合はビジネスクラスで約20万円ほど、

同じ時期のエコノミークラスエコノミークラスで

約10万円と価格差は2倍程度になる。

 

 

次に機内食について紹介していく。

 

 

繁忙期の場合、搭乗率は100%になることも珍しくない。

そうなると機内食で食べたいものが食べられなくなることもあるだろう。

 

しかしタイ航空のビジネスクラスでは、

機内食を事前に予約することができる。

 

なので食べたいものを事前予約しておけば、

確実に食べることができるので、

とくに繁忙期にタイ旅行を考えているあなたには是非おさえてほしい

 

 

また荷物だが、ビジネスクラスを利用する場合には

40kgまでの持ち込みが認められている。

 

機内に持ち込む荷物は、クラス関係なく3辺の合計が75cm、

合計重量1,5kgの身の回りの必需品を入れるものと、

 

3辺の合計が115cm以内で合計重量が

7kgまでの少し大き目の手荷物が認められている。

 

 

 

タイの旅を楽しんでいても、収入が旅費を上回る・・・

そんな状態を作り上げるには?

 

 

タイ航空のビジネスクラスのアメニティ2020年版!搭乗記で紹介

 

実はタイ航空のビジネスクラスのアメニティー

メルカリに出品されていたりと非常に人気なのだ。

 

タイ航空ビジネスクラスのアメニティーについて、

2020年版の搭乗記と交えて紹介していこう。

 

タイ航空ビジネスクラスの搭乗記だが羽田発でA-350に搭乗したものがある。

 

 

こちらは2018年の記事であるため最新ではないが、タイ航空のA-350

ビジネスクラスの搭乗記はほかにもネット上にたくさんあり、

2020年版の記事も発見したので紹介していこう。

 

 

https://www.measuretrip.com/contents/AIRLINE-TG-002.html

 

こちらはアメニティや機内食の紹介なども写真付きで分かりやすく、

新しい記事なのでこれから旅行を考えているあなたにとって参考になると思う。

 

 

https://u-san-tabilog.com/tg645-2019apr

 

こちらもタイ航空ビジネスクラスの搭乗記で、

中部からバンコクへの便の記事になっている。

 

 

https://www.smarttraveljournal.info/2019/02/thai-business-a380.html

 

こちらもタイ航空ビジネスクラス搭乗記で、A-380に搭乗された方の記事。

 

 

 

タイ航空のビジネスクラス、747や777、A350やA380について。ビジネスクラスシートへのアップグレードはいつでも可能?

 

タイ航空のビジネスクラスに関する搭乗記などを探していると、

飛行機の種類もいくつかあるように感じる。

 

公式サイトの機種別シート図というものを参考にするに、

boeing747、777、A-350、A380などの種類が

タイ航空のビジネスクラスにはある。

 

 

また、先ほどタイ航空のA-350のビジネスクラスに搭乗して

羽田からバンコクへ向かった搭乗記を紹介した。
現在タイ航空のビジネスクラスでは、A350-900という機種は一番新しいようだ。

 

boeing747、777に関しては2階建ての大型の飛行機であることが特徴。

 

 

またビジネスクラスシートへのアップグレードだが、

当日空きがあれば可能ということなので、エコノミークラスで予約して、

ビジネスクラスを急遽利用したくなった場合などに参考にしてほしい。

 

 

 

まとめ

 

これまで、タイ航空のビジネスクラスについて

紹介してきたがどうだっただろうか。

 

 

自分としては、機内食を事前に予約できて、

確実に食べたいものを食べられる点などが魅力に思えた。

 

これから海外旅行を考えているあなたにとって、

飛行機や航空会社とは無縁というわけにはいかないので、

少しでもこの記事が参考になったのであれば、うれしく思う。

 

 

 

マザコンの自分としては、タイ以外でも

母ちゃんをビジネスクラスでの海外旅行に連れて行きたい(笑)。

 

メールアドレス >

よく読まれている記事



コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

移住と一人起業の専門家:DAN
DANの半生

▼CLICK自由への道

人気のカテゴリー
カテゴリー
最近の投稿

ページの先頭へ