オランダでの就職の知られざるデメリット。日本人の求人は?どうやって活動すればいい?


 

 

ユニークな政策で日本人移住者に人気のオランダ。

就職して移住したいという人が相変わらず多いが・・・

以前とはまた状況が異なっている。

 

 

そこでこの記事では、リアルなオランダ就職の現状や

仕事を見つける方法を紹介する。

 

 

 

オランダでの就職のマイナス面。活動の支障になるのは?

 

 

まず地元の尾崎が勘違いしていたのは、ワークパーミットと

オランダを含むヨーロッパへの滞在許可は別ということ。

 

現地に就職できたとしても、90日を超える滞在には当然ながら、

シェンゲン条約の制限がかかる。

 

従って、条件を満たさない雇用契約が交わされたとしても

滞在許可は降りないので注意したい。

 

 

当然ながら、当てもないまま先にオランダに渡っても

コネなどがない限り、就職前に路頭に迷う可能性もある。

 

 

さらには言葉の問題。

 

オランダはヨーロッパの中では英語が通じる国だが、就職となると

やはりドイツ語やフランス語などを理解できるほうが有利に働く。

 

英語に関しても、当たり前だが

ビジネスレベルが求められる。

 

 

オランダで就職率が低く就職難となれば求人に応募が殺到し、

給料が高い人気の仕事は学歴の高い現地人が優先される。ニートもそうだが、

ビザが必要な日本人などなかなかとってくれないだろう。

 

 

税金の高いヨーロッパであり、オランダも例外ではない。

 

現地で働きながら住むためには、俺が移住したこのフィリピンと

異なり気楽ではない(笑)。それなりに覚悟が必要だ。

 

 

 

オランダで就職しても不安に

ならないのは、場所を問わない

収入を得る方法を知っているから

 

 

 

 

それでも魅力あるオランダでの就職。日本人向けの求人も!

 

 

制度の面では、ヨーロッパの中では

日本人が就職しやすいオランダ。

 

日本とオランダの商工会議所があり、ここが

求人情報も提供してくれているのはありがたい。

 

 

こういった情報の中には、日本食のお店や日本からのツーリスト

相手の販売など、それほど語学力が求められない仕事も。言葉に

自信がない場合は検討の余地もある。

 

寿司職人はもちろん、和食が作れる人へのニーズは

オランダに限らず世界的に高い。

 

 

オランダモデルに代表される、働く人の取り扱いの平等さ。そして

ワークライフバランスをしっかり考えた、フレキシブルな働き方。

 

労働者の幸せを考えた様々な取り組みは、

日本政府も見習ってほしいところ。

 

 

ヨーロッパの他の国に比べてもGDPが高く、多くの企業が

進出しているこの国。選択肢もそれなりに広い。

 

 

安楽死やドラッグ、売春などについて

かなりユニークな考え方が取り入れられているオランダ。

 

賛否両論あれど、日本とはだいぶ違う

面白い環境で生きられるのは間違いない。

 

 

 

2015年の2月・・・日本人がオランダで就職するために

ワークパーミットが必要なくなってからまもなく。

 

現地に渡ることを決めたのは、かつて住んでいた川越で

飲み仲間だった、海外好きの八木さんだ。

 

 

またオランダ好きでシンガポールリゾートにも目がないのは、

シンガポールの教育や就職事情に詳しい仲間の目黒さん。

 

マニラ観光をしながらドバイの旅費シンガポールの旅費

チェックする、俺と同じ泣き上戸の彼(笑)。

 

次の目的地は明確なようだ。

 


メールアドレス >

よく読まれている記事



コメントは8件です

  1. へさ より:

    オランダで就職してみたいなーでもやっぱりいろんなハードルがありそういくら日本人を受け入れるといってもやっぱりヨーロッパそして治安がやっぱりそこでは問題いろんな意味でちょっと怖い気もするこないだフランスで庶民がよく食べているクスクスを食べたがとにかく腹にたまる翌日もトイレが大変なことになったしかしそれでもやっぱりヨーロッパ魅力この機会にオランダ掘り下げてみようと思う情報に感謝しているなかなかこういったものにリアルにアクセスできない情報ばっかりは多いけど変なブログが多かったりするからやっぱりほんとに現地に行った人のそしてちゃんとした知り合いのいるしっかりした情報がほしいそしてそれを自分も求めているむしろ情報発信したいまずはオランダに行って現地レポート書いてみよう

  2. シルビアン より:

    オランダというと水車とチューリップとフォークダンスのイメージで
    そこで働こうとか考えたことがないです。
    そもそも何語をしゃべっているのか知らない。
    安楽死やドラッグなどにユニークな考えが取り入れられてるというのは興味あります。
    調べてみます。

  3. makostyle より:

    まさかオランダが日本人が就職しやすい環境が整っているとは意外です!ここに日本とオランダの商工会議所があり、更に求人情報も提供してくれているというのはありがたい事です。オランダ就職考えてもよさそうですね!

  4. ひかり より:

    オランダは日本人が就職しやすいのですね。
    色々とデメリットはありますが
    それでも働いてみると
    良い事が沢山ありそうですね!!
    海外での仕事に興味があります。

  5. ひろし より:

    オランダで働くのは結構ハードル高いですね。英語以外にもしゃべれた方がいいんですね。マリファナなどかなり寛大なイメージがあります。

  6. ユウゾラ より:

    オランダというと国交が開かれた歴史も古い国だと思いますので、日本人が就職するにあたっても何かと有利な事があったりするのかと思いましたが、実際はなかなか難しいのですね。当然でしょうけれど。

  7. のら より:

    オランダは先進的なイメージですが、働くとなるとハードルが高そうですね。滞在許可もなかなか下りないですし、言葉の壁もあります。それでもチャンスがあれば挑戦する価値はあると思いますが。

  8. 美女も野獣 より:

    オランダって日本人が就職しやすいんですね。しかもワークライフバランスのとれた職場とは素晴らしい。オランダって少し変わった国ですけど、移住するのはアリかもしれませんね。

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

移住と一人起業の専門家:DAN
DANの半生

▼CLICK自由への道

人気のカテゴリー
カテゴリー
最近の投稿

ページの先頭へ