フィンランド就職の現状とは?


 

 

北欧のフィンランド。

ここで就職したいと思ったことは?

 

 

 

就職難かつ失業率の高いフィンランドで日本人のようなアジア人が

仕事をするのは、容易ではない現状。

 

そもそもフィンランドという国自体が東京の半分の人口。

仕事自体が見つからない(笑)。

 

日本でビジネスを展開するフィンランド企業も少なくないので、

むしろ日本語を武器に仕事を得られたら相当運が良いと言えるが。

 

 

実は日本から最も近いヨーロッパであり、日本の各都市からの

直行便によりアクセスしやすいフィンランド。

 

霞ヶ関の監査法人にいた頃にフィンランドでの就職を考え、

現地に赴いた経験をここでシェアする。

 

 

 

 

 

フィンランド就職の現状

 

 

冒頭で触れたように、フィンランドは現状

日本人を含む外国人の就職が難しい

 

ただしSEなど、他の国でも通用するコンピュータ言語を操る

友人のシゲのような人間にとってはチャンスがある。

 

 

またフィンランドでは多くの会社が労働者をしっかり守ってくれるという

体制が知られているが、残念かな、アジア人などへの差別意識から

これが就職した日本人には適用されない場合も。

 

それでもやはり、ブラック企業による労働者への搾取が後を絶たない

日本の現状と比べると、働いた分のお金がしっかり出たり

休みがガツンと取れるところは比べものにならないほど恵まれている。

 

 

あなたがチャンスを情熱とやる気で掴みに行こうとするなら・・・

フィンランドと同じ北欧でも、スウェーデンを就職先に選ぶといい。

 

 

 

 

 

フィンランドで就職することのメリット

 

 

確かに、フィンランド語どころか英語すら上手に話せない日本人が

現地で就職するのは、現状厳しい。

 

しかし様々な壁を越えて晴れて就職できたら

実際、魅力はたくさんある。

 

 

ビジネスマナーが日本人に近いところはメリットの一つ。

 

アメリカ流とは違い、ガンガンアピールをしない。

同じ日本でも大阪よりは東京に近い感覚(笑)。

 

 

個人的にフィンランドには、時間があれば廻りたい見どころが少なくない。

あなたが現地で就職したら、是非仕事の合間に訪れてみることをおすすめしたい。

 

戦艦などを観れるスオメンリンナ島は、

フィンランドの世界遺産。

 

有名な作曲家であるシベリウスの名が付けられたシベリウス公園。

ヘルシンキ大聖堂も人気。

 

 

俺のような南国移住者には個人的にデメリットになるが(笑)、

やはり北欧の冬の寒さは半端ではないので、就職する場合は

これを覚悟する必要がある。

 

それでもやはり、北欧のクリスマスマーケットは

美しさのレベルが違うので、一度は観ておきたいところ。

 

 

 

フィンランドで就職しなくても

日本円の安定収入を得続ける手段とは

 

 

 

 

ところで、フィンランドで就職を考えるなら・・・

海外では当然「現地人の採用」が優先されることを思い出したい。

 

そしてフィンランドと言えば、学力世界一と言われる国。

就職では彼らがライバルになることに(笑)。

 

 

「フィンランドの教育ってどんなんやろ・・・」

 

シンガポールに移住したナオは現地での教育レベルの高さを知り、

さらに教育レベルの高いことで有名なフィンランドに興味を持った。

さすがに現地で就職する気はないようだが(笑)。

 

 

 

 

 

フィンランド教育の特徴

 

 

シンガポールと同じように、子ども達が英語ぺらぺらであること。

教育レベルの高さはこれだけでも分かる。

 

このフィリピンに移住した時も、カビテの田舎に住む

4歳児のマークが流暢に英語で話しかけてくるのには、目を丸くしたが(笑)。

 

 

そして驚きなのは、マインドマップを現地の子どもが

すでに活用していること。

 

俺の場合マインドマップはインターネットビジネスのメンター

政木さんから学んだが、成功者にこれを習慣にしている人は多い。

 

中心に最も大きなテーマを置き、そこから枝のように放射状に

分岐し、関連事項をキーワードでつなげていくアイデア創発手法。

 

 

教育システムは効率的で無駄はなく、教師の勤務時間は短い

日本の教育現場が、教師のうつやストレスなどで軒並み崩壊

していることを考えると、フィンランドとはすごい差だ。

 

学校の夏休みが2ヶ月もあるのは驚き。

現地の白夜を思う存分堪能できる。

 

 

またインドのように、

フィンランドでもIT教育が先進的。

 

子ども達はパソコンをどんどん使いこなすし、

iPadは授業でも使われている。

 

 

ちなみに「フィンランドの学校では宿題もテストもない」と

いわれるが、現場を見る限り実際にはある。

 

 

 

 

フィンランド教育と留学

 

 

フィンランドの教育は、留学生にも手厚いサポートがあることで有名。

そのまま現地で就職したくなるのもうなずける。

 

 

現地の母国語であるフィンランド語、そしてスウェーデン語や

英語など、マルチリンガルを最初から目指せる環境は魅力だ。

 

介護や医療、音楽、建築などのデザイン、ITといった様々な分野で

先進的なフィンランド。この国で学ぶメリットは大きいと言える。

 

そもそも、ディスカッションや自ら考え行動するという積極性、

コミュニケーション力を重視したレベルの高い教育は、残念ながら

今の日本が到底及ばないもの。

 

 

ちなみにモテ仲間のあなたがフィンランドで就職するなら、

物価の高さを覚悟しておくこと(笑)。

 

フィンランドに留学したり就職して仕事をするなら、

利用可能な公共サービスをうまく活用したい。

 

 

いずれにしてもフィンランド就職を始め、

こうして住む場所の自由を手にしたモテ仲間が

バシバシ増えていくのは嬉しい。

 

 

 

フィンランドと迷った挙句、結局ドイツに移住

その後ポーランド移住も経験した香月。掃除と運の関係を知っている彼は

つくづく運の良い男。

 

フィンランドのような海外で就職しなくてもマニラの夜

こうして一緒に楽しめるのは、オンラインで収入を得る方法を

お互い知っているから。

 

文明の発展に本当に感謝だ。

 

 


メールアドレス >

よく読まれている記事



コメントは13件です

  1. ゼットン より:

    海外で働いてそこで暮らし自立したと一度は思う事ですね!言葉の壁はあると思いますが、能力的にチャンスがあるのであればぜひトライする価値はありそうです。

  2. にせたせ。 より:

    いいですね。北欧。とくにフィンランド。就職なんて、想像もしなかった。>facebookアカウントで
    実際に友達づくりをしてみましたか?
    ここでご一緒しているモテ仲間の中にも、
    facebookを通じてのご縁の方が少なくありません。
    どこでどんな出会いがあるか分かりませんので、
    楽しみながら少しずつ行動してみましょう。
    いよいよ今回から、
    「集客」という最も重要な課題に入っていきます。次回は、
    集客方法としては王道であり、
    無料かつ継続的に安定して人を集める
    ことができる方法をお伝えします。
    >あなたは、「成功」と聞いて
    何をイメージするだろうか?
    ビル・ゲイツのような大企業のオーナーか、
    ウォーレン・バフェットのような投資家・・・
    あるいは若くして世界的な音楽シーンで活躍する
    ジャスティン・ビーバーのようなアーティストや、
    金メダリストのようなスポーツ選手か。
    【成功に対する偏った考え方】
    育てられた環境や今まで触れてきた

  3. makostyle より:

    就職先にフィンランドを候補に挙げたことはありませんが、仕事の感覚が日本に近いとなると魅力を感じますね。しかし同じヨーロッパでも国によって個性は色々なのですね。

  4. panchan より:

    フィンランド、憧れです。外国からの就職はそのような現状なのですね。
    成功するには相当の根性と時間がかかりそうな、、
    個人的には、あまり日本に似ていないほうがうれしかったです 笑
    ですがやっぱり大聖堂とか、いろいろな隠れ観光スポットいってみたいです!

  5. さくら より:

    日本人と同じようなビジネスマナーのある国って言うのは魅力的ですね。世界遺産や有名な公園に行って息抜きができるなら、言葉の壁が無ければフィンランドでのお仕事も楽しく出来そうですね。

  6. ゆい より:

    日本と違ってお休みがしっかり取れるのは羨ましいです。日本では1日とるだけでも肩身がせまいですもんね。働いた分お金が貰えて休みもきっちりもらえたら働きがいもありますね。

  7. ひかり より:

    日本での就職もなかなか難しくなっている現在。
    海外で就職先を見つけることができれば
    そっちの方が楽しく働けるかもしれませんね。
    自分らしい働き方を見つけたいです。

  8. 凛玲 より:

    アジア系の人には差別があるんですか?
    それはちょっと痛いですね。
    日本でも苦手な人はどこでもいますが差別はあまりないですからその点は日本の方が環境が良いですね。

  9. カオ より:

    フィンランドでの就職は大変だけど。
    休日などに観光して気晴らしができるのはいいですね。
    クリスマスマーケットの美しさは拝見したいものです。

  10. me より:

    フィンランドのクリスマス、人生の中で一度は訪れてみたい場所です。仕事をするにはやはりハードルが高そうですが信頼関係を築ければ快適なビジネスができるんですね〜

  11. だい より:

    大阪よりは東京に近いの例えがすごくわかりやすいと思いました。フィンランドへ仕事に行くのではなく旅行として一度訪れて見たいとおもいました。

  12. maimai より:

    海外で働くとなるとほとんどの場合英語が必須なのでしょうね。SEのような専門的な知識も無いし、海外での就職はやはり厳しいなあと思いました。
    私は、ガンガンアピールがあまり得意ではないのでビジネスマナーが日本に近いのは魅力に思います。

  13. Amy より:

    北欧での暮らしには憧れますが、現地で職を得るのは大変そうですね。
    ご友人のようにプログラミング言語などの強みがあれば探しやすいのでしょうが…。
    わたしもスキルアップの為努力しようと思います。

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

自由への道

海外移住プロデューサー:DAN

 

 

フィリピン在住の40代独身男。

 

現地でフィリピン人の起業

支援をしつつ、日本人の

海外移住をサポート。

 

東南アジアを中心に世界を

周ることを日常とする。

 

 

DANの半生

自由への道

人気記事
カテゴリー
最近の投稿
自由への道

ページの先頭へ