変化をつくこと

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■未来を変えるために、3つのものを変える
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

 

リーダーシップとは、変化をつくることです。

 

現状の問題に対処したり、計画通りに進めたりすることは、
「管理者・マネージャー」の仕事です。

 

リーダーの仕事は、
・私たちにとって進む方向性はどこか?
・そのために何を変えようとしているのか?

この2つを決定することです。

 

 
この意思決定をするには、目の前のことに追われ、
日々をこなすことに手一杯ではいけません。

 

毎日、あなたの目の前に、
自分が目指している未来を置くことが大切になります。

 

 

あなたは日々それをどのくらいできているでしょうか?

 

実は、目の前のことに追われているか、
変化をつくろうとしているかは、

次の2つの問いでわかります。

 

Q1:あなたは去年に比べて、何が変わりましたか?

Q2:あなたはこれから何を変えていこうとしていますか?

 

 

これらの問いのどのくらい即答できるかによって、
あなたが目の前のことではなく、
未来をつくることにエネルギーと時間を

投入できているかが分かります。

 

ぜひチェックしてみてください。

 

では、変化はどうしたら起こすことができるのでしょうか?
具体的には次の3つを変えることです。

 

●1つ目:「基準を変える」

 

基準というあなたにとって、
あなたのチームや組織にとっての

「当たり前」を変えることができれば、変化は起こります。

 

大きな夢を描いても、何も変わらない人たちがいる一方で、
派手なことは言わないのに、着実に変わっていく人たちがいます。

 

それは「基準の差」です。

 

今のあなたの発言が

「がんばって○○をやらないと」という言葉ではなく

「○○くらいやって当たり前」という言葉に変わった時、

基準が変わるのです。

 

私たちがゴールを立て、それを達成することの一つの利益は、
「人間は、一度手に入れると、それが当たり前になる」ことが多いからです。

 

つまり、達成を通じて基準をどんどん変えていくのです。

 

●2つ目:「知識を増やす」

 

とても当たり前のことですが、ひとは「知らないことはできない」のです。
「知っていること」の組み合わせでアイデアをつくります。

 

さまざまな場所に足を運ぶ、いろいろな経験をする、
さまざまな本を読む、たくさんの人たちに会う、話を聞く、etc.

 

どんな方法でも構わないのですが、知識が増えていけば、
新しい方法や新しいアイデアが無限に手に入るのです。

 

もっともお得なものは、本です。
数十年の著者の経験のエッセンスが、1冊1500円前後で手に入るからです。

 

●3つ目:「決断をする」

才能もあるし、センスもあるし、スキルもあるんだけど、
この1つがないがために動き出せない人たちがいます。

 

それが決断です。

 

しかし、そうした人たちの話をよく聞くと、
「できたらやりたい」という基準が変わっていないか、
「どうやったらいいか分からない」という知識不足です。

 

よく「決断が遅い」「決断に時間がかかる」
ということを言うひとがいますが、誤りです。

 

決断は常に一瞬です。
ただ「決断するまでに時間がかかっている人」がいるだけなのです。

 

決断に迷ったら
「私は何を大切にしたいのか」
「私が絶対に嫌なのは何か」
ということを考えてみてください。

きっと決断のヒントになると思います。

 

少しでもヒントになったら幸いです。

 

池田貴将