不安の払しょく

日本の社会保障費はどうなっていくのか?

 

 

 

 

先日、政府が検討を発表した。

厚生年金加入、70歳以上も納付義務を検討。

 

現在70歳までの厚生年金加入が70歳以上も納付義務へ

そして、年金の受取も、70歳以上からできるように

日本国がある限り、年金は無くなることはないだろうが

どんどん、後ろ倒しになるのは間違いないだろう。

 

寿命がドンドン長くなり

現在でも
70~74歳ではたらいている人は、役員のぞいて、129万にもいる。

 

75歳以上でも53万人。

 

そして、

年間5万8千円増加!! 「隠れ増税!!」

 

 

実は

2017年度の社会保険料負担は会社員1人あたり平均で年間77万5754円だ。

13年度に比べて5万8690円増えた。

この間の給与の伸びは約16万円だった。

 

介護保険料、健康保険料の増加が収入を圧迫しているようだ。

10月からは消費税が10%になる。

 

所得税では無いところで、増税される感じだ。

消費税も、10月から2%あがる。

 

少子高齢化、そして、寿命100年時代。

間違いなく社会保障費は膨れ上がるはず。

 

日本は、間違いなく

もっと人がやってくるようにしないといけないので

外国人も入れて

いろんなものを誘致しないといけないだろう。

 

その場合に、所得税と法人税は、比較して低くするしか無く

そうなると、消費税を上げることになりそうだ。

 

 

それを待っていても仕方が無いので

年金が無くても大丈夫な資金計画。

 

そして、いつまでも働ける、健康知識が

ますます、重要になるだろう。

 

厚生年金加入、70歳以上も 厚労省が納付義務を検討

受給額を上乗せ
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO43565480Q9A410C1MM8000/

 

「隠れ増税」限界に 保険料増、賃上げ効果4割圧縮
給付・負担 見直し不可欠
https://www.nikkei.com/article/DGKKZO43911810Y9A410C1EE8000/