キーワードが全て

キーワードが全て

 

 

はい。そのままです。
「キーワード」が全てです。

 

 

キーワードって何なのか?

 

まだいまいち分かっていない方の為に、
簡単に説明しておきますね。

 

 

あなたがネットで何か調べ物をする時って、
どうやって調べますか?

 

ヤフーとかグーグルを開いて、
「知りたいことの単語」を入力しますよね。

 

この「知りたいことの単語」の事を
キーワードと言います。

 

 

例えば今あなたは、
「淀川花火大会の穴場が知りたい!」とします。

 

ヤフーやグーグルに、
「淀川花火大会 穴場」
と打ち込みますよね。

 

この「淀川花火大会 穴場」がキーワードです。

 

 

じゃあどうしてキーワードが大切なのか?なんですが、
検索結果に表示してもらうために大切なんです。

 

先ほどのキーワード「淀川花火大会 穴場」で検索をした場合、

このキーワードが記事タイトルに入っているものだけを
ヤフーさんやグーグルさんは、検索結果に表示させるんです。

 

・・・という事は・・・

 

記事内容は普通だけど、
「淀川花火大会の誰も知らない穴場情報」
というタイトルの記事だったら、検索結果に表示されるけど・・・

 

「淀川ですっごく良いとこ見つけたよ♪」
というタイトルの記事にしてしまったら、
検索結果にすら出てこないって事です。

 

もし素晴らしい、
誰も知らない穴場情報を書いた記事だったとしても。

 

アフィリエイト業界が長い人は、
こんな話を聞いた事があると思います。

 

「記事の質が濃くないと、検索エンジンから良い評価されない。」
「他の何よりも、記事の質が大切だ!」

 

確かに、記事は適当じゃダメです。
100万人に勝とうと思ったら、
記事の質は大切かもしれません。

 

でも「記事の質を徹底的に濃くしないとダメ」は、
ライバルがたくさんいる時や、
強いライバルがひしめいている時の話です。

 

そもそもライバルがほとんどいない所なら、
記事の質なんて関係ありません。

 

確実に勝てるとこなら、ほどほどで良いって事です。

 

むしろただ単純に勝つだけなら、
キーワードさえ選ぶ事ができているなら、
ペラっぺらの記事でも十分です。

 

 

・100万人のライバル、しかも強い敵もたくさんいる所。
・5人しかライバルがいない所。

 

絶対に10位以内に入りたい場合、あなたならどちらを選びますか?
私なら絶対に5人の所です。

 

もしかしたら、この5人も絶対に勝てないほど、
強いかもしれません。

 

でも、ですよ。
10位以内に入れば勝ちなんですよ。

 

そんな楽勝な条件なのに、
わざわざ100万人の所に戦いに行くなんて、
無意味ですよね。

 

 

もしかしたら、100万人のライバルがいる所だと、
10位以内に入ったら10万円もらえるかもしれません。

 

5人しかいない所だと、
1万円しかもらえないかもしれません。

 

でも確実に1万円もらえるんですよ。笑
じゃあ確実な方を選んだ方が良くないですか?

 

10万円もらうために、
たった一つの記事に命をかけて、
一週間も一ヶ月も時間をかけますか?

 

私なら、ほどほどの記事で、
サクッと1万円もらう方を選びます。

 

そして同じように、1万円もらえる記事を10個、
外注さんに書いてもらった方が遥かに楽ですよね。

 

で、この「勝ちやすい所」「勝てない所」を選ぶには、
「キーワード」が大切って事です。

 

キーワードさえちゃんと選べば、
アクセスなんて簡単に集まるって事ですね。

 

 

 

キーワード選びなんて簡単

 

キーワードの意味や仕組みなどを
お話ししてきました。

なんか難しそうに感じましたよね?

 

だからなんとなく難しそうで、
今まで避けてた方も多いと思います。

 

 

ただはっきり言いますが、

 

キーワードを避けている限り、
あなたのブログにはいつまで経っても
アクセスが来る事はありません。

 

それほどキーワードって大切なんです。

 

 

でも実はキーワードを探す(キーワード選定)って、
全然難しくないんですよ。

 

というか、めっちゃ簡単。
むしろ記事を書く方が何十倍も難しい。

 

 

確かにネットで「キーワード選定の方法」とか調べると、
難しいことが書かれてる記事ばかりが出てきます。

 

有名な人のメルマガなんかでも、
「ペルソナを・・・」とか、
「検索者の考えを想像して・・・」とか、
なんか色々と難しいこと言ってますし。

 

 

でもアドセンスで結果を出すだけで、
そんな難しいテクニックなんて何も必要ありません。

 

私は機械的に、何も考えずにやってるんですが、
そのやり方で十分稼ぎ続けてます。

 

 

ではここからは、ライバルがいない、
勝ち続けられるキーワード選定法をお伝えしましょう!

 

と言っても、もの凄く簡単です。

 

検索結果の1ページ目に「yahoo!知恵袋」があるかどうか?

をチェックするだけ。

 

ね。簡単でしょ。笑

 

 

どうして知恵袋があったらライバルが弱いのか?
という理由なんですが、これも非常にシンプルです。

 

ブログの記事って、
基本的には読んでる人が悩みを解決できるように、
書かれていますよね。

 

特にアドセンスブログの場合には、
お悩み解決系の記事が非常に多いんですよ。

 

で、そのアドセンス用の記事の書き方の基本、
しかも王道としてみんなが教えている方法の中に、

 

「知恵袋を参考にして書く」
というものがあります。

 

知恵袋で相談している人に向けて、
解決できる内容を書いていくという事ですね。

 

しかも知恵袋で伝えている解決方法を参考にして、
さらにアドバイスしていく、という方法なわけですから、
知恵袋よりも、もっと充実した内容の記事になります。

 

すると自然と知恵袋よりも上の順位に上がります。

 

 

もし知恵袋がまだ10位以内にあるという事は、
他のライバル記事がまだ参入していない証拠。

「狙い目のキーワードである」という事ですね。

 

 

難しい説明を色々としてきましたが、

 

まあ簡単に、どストレートに言うと、
「知恵袋が10位以内にあるなら、そのキーワードで記事を投稿すれば良い」
という事です。

 

 

「検索者の意図を考えて・・・」
とか、
「ライバルの数が・・・」
とか、難しい事なんて何一つ必要ありません。

 

まだライバルがいないキーワードだけを
徹底的に記事にして投稿していく。

 

たったこれだけの事で十分なんですよ。

 

 

もちろん全ての記事が
確実に上位表示できるわけではありませんが、
かなり高確率で10位以内に入ります。

 

また、まだライバルが参入していないキーワードって事は、
凄まじい数のアクセスを集められるわけじゃありません。

 

キーワードによっては、1日1アクセスしか集まらない、
なんて事もあるでしょう。

 

でも上位表示できる記事が増えてくれば、
自然とブログの評価は上がっていきます。

 

すると自然と、もっとアクセスが集まるキーワードでも、
上位表示させられるようになってきます。

 

私のブログのように、ずーっと放置し続けてても、
勝手にアクセスが増えていくでしょう。

 

 

『知恵袋があるかどうかをチェックする』

 

たったこれだけの作業だけで、
あとは記事をどんどん投稿していくわけですが…

 

ただ問題点としては、自分で記事を書いていると、
どんどん書いて、どんどん投稿するなんて出来ませんよね。

 

1日1記事どころか、2~3日に1記事しか投稿できなかったり。

 

中にはたった1記事書くだけなのに、
1週間、1ヶ月もかかってしまう人もいるでしょう。

 

私も同じでした。

自分で記事を書いていた時は、
1ヶ月に1記事、多くても2記事…

 

今考えたらそうとう酷いですね。笑

 

その当時は、それでも精一杯頑張ってたんですが、
そりゃアクセスなんて来るわけがありません。

 

 

でも私は外注化する事で、
全てを解決することが出来ました。

 

 

 

アドセンス審査を外注さんの記事で出来る!

 

 

「あらゆるネットビジネスで何よりも初心者向けのジャンル」

 

それがアドセンスです。

 

 

ただ最初にして最大のハードルが、
アカウント取得のためのGoogleさんの審査。

 

簡単に言うと、
「Googleさんの広告を使わせてもらう権利」
ですね。

 

 

以前は簡単だったんですが、
2016年の3月からチェックが厳しくなった事で、
初心者の人だとなかなかOKが出なくなりました。

 

その大きな原因は、

 

・自分で記事を書く事がしんどくて続かない
・初心者だと、OKが出るような記事が書けない

 

この2つです。

 

どちらも、初心者の人にとっては、
本当に深刻な問題ですよね。

 

 

ですが、自分で審査用の記事を書く必要はありません。

アドセンス教材を実践している人たちは
「いつになったら、スタートラインに立てるんだろう…」
なんて悩みながら、何ヶ月もずーっと一人で記事を書いてます。

 

でもあなたは記事すら書かなくても、笑
その人たちを一気に追い抜いていく事ができます。

 

最近の事例で言うと、
審査に出してから3時間もかからずに合格する人が続出しています。

早い人だと、記事を集め始めてから2~3日で、
アカウント取得することも出来ますよ。

 

 

外注さんには本当に感謝ですが、

自分では絶対に書けない独自性の高い記事が

たくさん手に入るのも、ありがたい点です。

 

検索エンジンで高い評価を受けて、
上位表示してもらうために必要なことは、

 

『オリジナルコンテンツ(独自性が高い記事)であること』

 

これはあなたも一度は聞いたことがあると思います。

 

ただ独自性と言われても、本当に難しいですよね。
今の世の中、自分独自の事なんてほとんどありませんから。

 

 

アドセンスブログで王道の方法と言われているノウハウが、
「イベント系テーマ+年中検索されるテーマ」

 

この2つを組み合わせて、どんどん記事を書いていく、
ごちゃ混ぜ(雑記)ブログと言う方法です。

 

ただ、このごちゃ混ぜブログは、
実は少しずつ難しくなっています。

 

特にイベント系テーマに関しては、
自分で記事を書いている人だと絶対に、
独自性が高い記事なんて書けません。

 

記事を書き慣れている人でさえも、
毎日苦しんで書いているくらいですから、
初心者の人が結果を出す事は無理なんですよね。

 

 

でも外注さんを使えば、
完全独自性の記事でも簡単に、しかもいくらでも手に入ります。

 

「爆発的なアクセスが来た!」という方だけではなく、
「イベントの直前、ギリギリ3時間前に投稿した記事でも当たった!」
「そんなギリギリの記事なのに、たった1記事で10万円以上も稼いだ!」
という方も続出しています。