財政破綻だけではない、日本にある知られざるリスク


2764265695_c626acee3b_b

 

 

財政破綻は日本でも起きると思う?

 

 

これは最近よく聞かれる。

 

特に周りに起業家が多いので、経済に関心を持っている人ほど

この話題にも敏感だ。

 

 

先日ケソンシティ、

SMノースのコーヒーショップで会話したケヴィン。

 

彼は日本にいたこともあり、国に戻ってからも日本のことに

アンテナを張っていて、下手な日本人よりも日本経済に詳しく関心も高い。

 

財政破綻が実際に起きたとき、一体どうやって日本が対処するのか、

俺にいろいろ質問をぶつけてきた。

 

 

数字は常に、冷静かつ的確に残酷な現実をあぶり出す。

財政破綻が日本で起きる可能性が話題になる、その背景を整理する。

 

 

 

 

 

日本での財政破綻の可能性が騒がれる根拠と実情

 

 

人口の減少と高齢化

 

そもそも長期に渡る経済の流れは、人口で正確に読める。

 

日本は言わずもがな、少子高齢化が人類史上かつてない勢いで進む、

世界で最初の国。

 

特に重要なのは46歳から59歳の人口の割合で、ここが多ければ景気が

安定するというのは、経済に詳しい人なら周知のこと。

 

36歳から49歳のいわゆる団塊ジュニアは1,400万人いるが、この人達が

東京オリンピックの2020年頃から消費を抑える年代に入るので、

日本の景気がさらに下降すると見られている。

 

 

イノベーションと競争力の低下

 

上記のように若い人口が減ると、新技術への消費が減り、

これによってイノベーションが起こらなくなる。

 

現状、すでに国の力は落ちている。国際競争力は1990年に

我が国は1位だったのが、2015年はなんと24位以下だ。

 

日本の経済は、勤勉な日本人の労働力と、ものづくりで成り立っていた。

つまり人口の減少がそのまま労働力の低下となり、メイドインジャパンは

買われなくなってきてしまった。

 

 

労働市場の競争激化

 

2055年には8,900万人になると言われる日本。実に

今の人口の1/3がいなくなっていることに。そのインパクトは想像を絶する。

 

その人口の減少による労働力の低下は、海外からの移民の受け入れで

補完するのが自然の流れになる。

 

幼少の頃からバイリンガルとして育てられ、もしくは言語習得の

得意な外国人達は、能力もやる気も高いにも関わらず、人件費は

日本人より抑えることができる。

 

のほほんとやっている日本人がその仕事や職場をどんどん

奪われていくのは、そう遠いことではない。

 

 

先日もナカジが、「アメリカではすでに、日本人が

出稼ぎに来る場所を用意している」と話していた。

日本人が国外に出稼ぎって・・・

 

 

国の借金が人類史上最多

 

税金などの歳入が48兆に対して、歳出は92兆。現状の国の債務は

約1,100兆円。この数字だけでも、日本の財政破綻はいつ起きてもおかしくない。

 

その場合、ハイパーインフレにより円の価値が1/3から1/4に。

日銀の発表をどこかで紹介したことがあるが、2020年までに

円の価値が半分になる可能性はすでに高い。

 

円の価値はすでに少しづつ下がっているので、

あなたの家計は知らないうちに圧迫されている。

 

 

預金封鎖の可能性

 

明治維新後や1946年など、この国は不定期に預金封鎖

(国民が預金を自由に引き出せなくすること)を行ってきている。

 

財政破綻が日本に起きた場合のIMFの処理計画にももちろん規定

されており、前倒しで来年以降に起こる可能性だってある。

 

 

年金制度の限界

 

受給者1人を支える現役世代の人数は、1970年は42人。

 

2010年の時点で2.4人の若者で1人の老人を支えており、このままだと

支える人数と支えられる人数が逆転するのは時間の問題。

 

2031年に破綻する可能性が大きいとされている年金は、

もうもらえなくなると考えるほうが自然。

 

 

医療費負担の増加

 

例えば、医療負担が10割になってあなたが盲腸にかかったら?

現状8万円(1週間入院)が、なんと243万円(1日入院)となる。

 

アメリカの年間の個人破産153万人の6割は、医療費負担が原因。

 

思うに、健康か不健康かは、間違いなく自分の責任。健康でいよう、

病気を本気で治そうとすれば、入れる情報を変えて、選択を変えていくはずだから。

 

 

1億総貧困化

 

豊かな国、日本と言われるが、いったい誰が豊かなのか?

 

急増するワーキングプア、若い人や女性の貧困が問題となっている。

年収200万円以下が4人に1人・・・

 

これを背景に、「将来に希望がない」と答える人が64%。

雇われ根性をいい加減に外さないと、サバイバルができない時代が

もうやってきている。

 

 

地震による経済リスク

 

阪神大震災から始まった日本列島の地震活動は最低50年は続くと
言われていて、3.11によって確実性の高まった首都直下型地震及び
東海地震については、30年以内に70%以上の確率で起きると考えられている。

 

これが起きた場合、112兆円が負債としてプラスされる。

 

地震保険は当然破綻し、その場合は国が負担すると条項に書かれて

いたとしても、東京を支えられる地方都市は存在せず、実質的に

その補償がされることはない。

 

 

財政破綻がこれから起きる可能性を延々と語っても、日本への不安を

いたずらに募らせることにしかならないので(笑)このあたりに。

 

 

 

世界のどこにいても収入と時間の

自由を得られる具体的な方法

 

 

 

 

今こそ本当に投資すべきもの

 

 

財政破綻が日本で起きるかどうか以上に大切なのは、仮にそうなっても

大丈夫な自分をつくっておくこと。準備は、大丈夫なときにするから

こそ。みんなが大変なことになってからでは遅すぎる。

 

周りでうまくいき続けている人は、問題そのものより、その解決法に

よりフォーカスする癖を持っている。日本の実情を正確に掴んだ上で、

ではどう対処しよう?というのが重要になる。

 

 

準備さえしっかりしておけば、財政破綻が日本に起きた場合でも

あなたと家族、仲間は守られる。

 

起きなければハッピーだし、もちろんその場合でも

準備は無駄にならない。

 

 

では財政破綻寸前の日本を前に、

どのような準備をすべきだろうか?

 

 

国や会社に左右されない経済力をつける。

健康をしっかり維持する。

 

当然これは大切なことで、俺の個人メディア特にニュースレターを通して、

その具体的な実現方法を指南させてもらっている。

 

 

ここで特に注目したいのは、人間関係

 

本当の資産はあなたの人間関係であり、

しっかりした人脈をつくることに投資したい。

 

 

365人あなたを1泊させてくれる友達がいれば、1年中何もせずに

生きていけるという笑い話があったが、これはあながち間違っていない。

 

そもそも、365人も泊めてくれる友達がいるような信用のあるあなたが

成功していないはずはないが・・・

 

クオリティの高い人脈は、情報のクオリティも上げてくれる。

 

その中で本当のサバイバルに必要な情報も入ってくる。例えば、

津波の時速は最低40km。この情報だけで、生きるか死ぬかの選択になる。

どんな質の情報を入れるかも、家族を守る自分の責任になる。

 

 

人間力とは、コミュニケーション能力と人脈力。

 

これからはこの人間力を磨くことがより大切になるが、

人は一人では弱いから、コミュニティをつくりまたは属することで

お互いを磨いていくことができる。

 

 

そして、人を喜ばせ感謝してもらうことで、お金もついてくる。

お金はありがとうの量だけ入ってくるというのが、世の中の法則だから。

 

頭では分かっていても実際にやれていないとしたら、今こそ

それを徹底してやる絶好のタイミングだと感じる。人の役に立って

喜んでもらって、稼いだお金を回すことで日本も元気になっていくはず。

 

 

 

 

 

世界的に意識の高い日本人

 

 

世界の平均年齢は29歳。日本46歳、ここフィリピンは23歳。

 

海外から見て日本にこれから投資しようという人は、正直いないだろう。

そして日本は相変わらず、実質的な鎖国を続けている。

 

だからこそ、日本人が世界に出て一生懸命仕事をし、外から日本の

復興に貢献することが必要だと感じる。国内に問題が山積みで、

中でできることに限界がある以上は。

 

 

日本人の意識レベルは、世界の中でもトップレベルだ。

あなたがモテることを応援しながら、その先で見ているのは、

母国が「Japan as No.1」としてもう一度輝くこと。

 

 

志の同じ人が集まれば、できることは小さくないと確信している。

 

 

メールアドレス >

よく読まれている記事



コメントは45件です

  1. […]   自分の経験から、文化の違いをすごく感じたのは、ロシア人エレナやフィリピーナのアデルとの恋愛。 特にフィリピン人の性格については、一つの記事で考察している。  詳細は他の記事に譲るが(笑)、外国人女性を知ることで日本人女性の魅力に改めて気づいた。   先日あいちゃんと話していた、日本の20代女子の貧困がヤバいという話。見た目は可愛いのに、とんでもなく生活が貧しいという・・・ この記事で書いたように、財政破綻が日本で起きるリスクは常に存在している。   個人的にもっと日本人女性に知ってほしいのは、経済的にパートナーに依存せず、自立していくという生き方。 そして、男性と闘うことも女性を捨てることもなく経済的にも豊かになれる手段があるということを。  […]

  2. より:

    財政破綻の可能性はほとんどないという能天気な意見を見かけましたが、現実逃避甚だしいですよね。danさん情報に沿って準備します。

  3. 青山 より:

    日本製、それだけで安心できることは多々ありますね。
    確かに技術は最高なのでしょうけども、それも人口が減ればどんどん変わっていき、一番失われてはいけない文化の伝承というものもなくなっていきますね。

    日本がなくなるのはそう遠くない未来なのかもしれない、と思ったことはあります。

    これから高齢化が益々増えていきますからね、医療費負担も国にとってとても負担になってくるでしょうし、、、。
    株とかやってみようかなって思ったりもしましたが、なんだか一寸先が闇な感じです。

  4. koten より:

    日本が財政破綻?
    そして
    「日本は、少子高齢化が人類史上かつてない勢いで進む、世界で最初の国」
    なんですね!
    その他、将来の不安材料山積み…
    解決策は、日本人が鎖国意識を捨てて、世界に出て行くことだけ。
    なんですね…

  5. kazato より:

    財政破綻は理解しているんですが、あまり実感がわきません。麻生さんが「国民からお金を借りている」という発言があったように、国の役職はそれを理解しているのが気になります。

  6. あこ より:

    確かに…日本でも財政破綻がないとは言い切れないですよね。ちょっと怖いなと思いました。お金はありがとうの量だけ入ってくる…というのはなるほど!!と思いました。どんなことに関してもそうですが人間力磨いていかないと…ですね。

  7. 春久 より:

    人が国を作っている、人こそが本当に国の宝ですよね。そしてその人が人との繋がりを増やしたり強めたりすることで、宝の価値は更に高まるのだと思います。その宝を是非、国は大事に育てるよう取り組んでほしいものです。

  8. りん より:

    人からありがとうと感謝されて、お金に困らない生活をしていきたと思います。日本の将来がとても心配ですが、自分にできることをこつこつしていきたいです。

  9. ユウゾラ より:

    やはり年金はあてにできませんね。私も後輩などに警鐘を鳴らしていますが、あまり危機感を持ってくれません。私も若い時は同じだったので無理もありませんが。会社で残業代だけ稼いで満足しているようなサラリーマンにだけはなりたくないと思います。

  10. じろう より:

    インターンネットの発達は、日本の経済停滞にどういうふうに影響していくのかにとても関心がありますね。今までは、国土の広さや人口の多さが直接その国の力を反映していましたが、インターネットの発達によって、一人の能力を何人分かの力に替えられるのではないかと。現に、イギリスやドイツやフランスやイタリアやカナダは人口は中国やロシアやアメリカやインドやブラジルにかなわなくとも、絶大な影響力を持っていますしね。

  11. のの より:

    ニュースやヤフーで少子高齢化や日本経済破綻などいろいろ見ますがここまでだったんですね。
    子を持つ親としてどうしても子供達の事が気になり、何とかしてやらねば!とは考えますね

  12. インコちゃん より:

    財政破綻は日本でも起きると思います。というか、すでに起きています。今の年金世代の戦争に行っていない、60代から70代の高齢者はずるいと思います。戦争にもいかずに、バブルを謳歌し、就職にも困らず、若い世代と比べて払った税金が少ないのに、60歳から年金支給で、生涯もらえるお金が多いなんて、本当にずるすぎると思います!!

  13. ぐで子 より:

    私は国や会社に左右されない経済力は皆無ですし、健康状態も今後を考えるとあまり良い方ではなく、人間関係も豊かとは言えません。この記事を読んで今の自分に足りないもの、と言いますか、今はなくても良いとしても今後無いと困るかもしれないものを一切もってなかったので、何十年後の自分を考えながら生活していかなければと感じました。

  14. かすみ より:

    本当に人と人が繋がる…どれだけの人が出来ているんでしょうか、かく言う私も同じですがf^_^;
    会社のネームバリューがあるから、誰かが頭を低くしたり、態度が大きくなったり…
    会社を辞めると、名前すら覚えられていなかった!な〜んて事あると思います。
    最初に言った様に
    本当の意味での繋がりは今からでも大切にしたい改めて思いました。

  15. TM0323 より:

    確かに今の夜中何時財政破綻が起こっても不思議ではないですよね…。
    わたしもいざという時のために人との関りをきちんと持っていかなくてはならないと思いました!

  16. ゴサパチ より:

    いつもご丁寧にありがとうございます!日本の財政破綻や国家破産についてはいつもあたまにこびりついているテーマです。よく僕は浅はかって言われますが、とんでもないです。
    ここまでしっかり分析している人は多くはないですよ。それは僕が本気の証拠ですね。
    メールで勉強させてもらってます>ご存じの通りシーズン1ではアドセンスが中心になりますので、購入までは求められません。もう少し広く「どんな内容ならクリックされるかな?」という視点で十分いけます^^ちなみにテーマの2つめの旅行関係では、意外と収入につながりづらいのが実際のところです。ですので個人的には、シーズン1ではテーマ1を採用され、シーズン2でテーマ2をメインにされるのが良いと感じます。シーズン2ではメルマガが中心媒体になりますので、コミュニティや仲間づくりという点でテーマ2が合っているような気がしますね。80歳で現役!すばらしい。。お体が元気な証拠ですね。お体ご自愛くださいね。あの本はProject of Lifeの開講と同時に必須図書として推薦することにしました(笑)。お金を払って参加いただいている以上、結果を出していただかないと困りますので^^

  17. りーな より:

    将来の自分の生活を考えると不安になってしまいます。今できる未来への投資を精一杯行いたいですね。金銭面でも精神面でも。

  18. るな より:

    ほんと、将来が不安でたまりません。少子高齢化、若い人にたくさん子供うめといいますが、経済的にうめないのが今の日本…そこをなんとかしていってほしいですよね(;´д`)

  19. ネガメ より:

    見れば見る程恐ろしいですね。
    経済破綻なんて対岸の火事かと思ってました…。
    少子高齢化に歯止めがかからず国の借金は重なるばかり、日本国民全員が数百万の借金を抱えてると。これ、どう解決するんでしょうね…

  20. 小鳥さん より:

    財政破たんは、日本ではまだ起こってはいないけれど、このまま少子高齢化が進み、現役世代ばかり負担が多くなり、増税などで、消費が減少すれば、老人ばかり人口が増え、介護費や医療費や年金費用や生活保護費ばかりが増え、財政破綻してしまうと思うので、いい加減、老人優遇の法律ばかりではなく、若者や中年の負担を軽減してほしいものです。

  21. シャリ より:

    問題ないように見えて日本って問題山積みですよね。笑
    アフリカなどの飢饉なども難しい政治問題だと思いますが、財政破綻するのもまたそれとは違った大変さがありますよね。

  22. もちもちたまご より:

    結局、最後は己の力を磨くために何が必要かという点に行き着くということですね。少子高齢化と人口減少で、国内市場は縮小する一方。イノベーションで何ができるかって、労働力人口を補うことくらいではないでしょうか。生き残るためにも、しっかりとして人間関係を構築しなければと感じました。

  23. みいすけ より:

    少子高齢化がさらに進むと、財政破綻にまで陥るのですね。中国の”一人っ子政策”を見習い、日本も子供を増やすための政策をするべきだと思います。

  24. 238 より:

    ニュースや新聞を読んでいて、日本の将来を気にしていたので、とても参考になりました。今回の記事で学んだことを、今後活かしていきたいと思います。

  25. makostyle より:

    日本に未来はなさそうに思えてきますね。しかし私はそんな国を頼らずに強く生きていきたいと思います。しかしそういう危機感をもっていない人が少ないように思います。自分の勤める会社が安泰だと思っているらしい(笑)。

  26. うっふー より:

    年金制度は現役世代にしてみれば、払った額よりももらえる額は格段に少ない。納付率が低く、崩壊寸前。サラリーマン世帯は有無を言わさず源泉徴収されるので、しぶしぶ払っていますが。

  27. ビストロ より:

    日本でも経済的格差は、あると思います。ただ、知る機会がないだけでかなりの人が貧困で苦しんでるようです。私も報道で知り得た情報ですけど。助けを求める術も知らずに、このご時世に栄養失調で亡くなるなんて胸が痛みます。

  28. ひかり より:

    財政破綻。全然実感はわきませんが
    簡単に考えていると
    後々痛い目に合いそうな気がします。
    自分の老後とか、子供の将来を見据えて
    生活しなければ!!

  29. 0617 より:

    産婦人科医の間では、以前から講演などで語られている話なんですが、このままのペースで少子化が進めば、西暦2500年に日本の人口は1000人を切る。こうなれば日本人は希少種となり、やがて絶滅する可能性も否定できないらしいです。

  30. さおり より:

    年金、2031年には貰えなくなると考えてた方がいいんですよね?
    このまま少子高齢化が進むと本当、怖いですね。
    子供は少ないですし、子供が少ないから学校も無くなったりしますしね。
    将来が本当、怖いです。

  31. ともねーさん より:

    ニュースで財政破綻やっていますね。日本では、どうなっているのか心配ですね。2020年の東京オリンピック計画で、ボートの競技や、バレーボールなどの球技での会場では何処の場所が適切かそして、予算がどうとかで考えていますね。

  32. みかん より:

    私も社会人になりニュースをよく見るようになりました
    最近のお気に入り番組は有識者があつまって一つのテーマに関して各々の意見を出し合う番組を好んでみています

    その時に日本の将来についてを話し合っていたのですが
    どれも表立ってニュースになっていないような内容ばかりでした

    日本人は自分の国に対して少し意識が低い気がします
    もう少しニュースとかでも大々的に取り上げてもいいんじゃないかと思うんですがね

  33. BIG MAC より:

    これだけ問題が山積みなんですね。平和ボケの取れない自分が、まるで近隣諸国の状況をテレビで見ているような客観性を痛感します。でも本当に必要なもの人間関係強く共感します。でもまだまだお先真っ暗ですね。

  34. ponta より:

    財政破綻・・・何年か前に夕張が財政破綻しましたね。その時はふーんぐらいにしか正直思ってなかったですが、日本自体が財政破綻となると・・・怖いです。人口の減少がこんな風に影響されていくんですね。ほんと怖い

  35. みーな より:

    日本の財政破綻は目前な気がします…。もうこれ以上国民に負担させて欲しくないです。ただでさえ、老人が車で若い人を轢く事故が多発しているのですから本当に政府は何を考えているんでしょうね?投票数だけですかね?

  36. みぽち より:

    最近よく思うのが、将来、年金は何歳からもらえるのか?ということです。平均寿命が延び、高齢化も進んでいる現在、年金をもらえる年齢がどんどん伸びでいますよね。私が高齢者になった時のこと、子供が高齢者になった時のことを考えると恐ろしいです。

  37. おたこ より:

    人間力、つけたいです。今からつけようと思ってなるものなのかは分かりませんが、今の自分はコミュニケーション能力も人脈も全然足りていないと思うのでまずはそこをどうにかするという点を考えながら、これからの準備をしていきたいですね。

  38. るい より:

    これから自分が生きてく未来に不安しかないんですよね。年金はあてにならないし、自分で貯蓄するにもなかなか難しいし。どうなることやら、ほんと不安です。

  39. より:

    近年はどうなのかと思うところがいくつかありますが、母国の日本は素晴らしい国であると思っています。核家族が始まってから日本の良いところが見えない部分から少しづつ崩れていっているように思えます。

  40. yuko より:

    1日1泊365人の友達に泊めてもらったら一年暮らせるってのに笑いましたが、そもそも泊めてもらうのにだって食費や交通費はいるだろうから余計にお金かかりそう。でも、そんなに友達がいたら楽しそうですね。

  41. カモネギ より:

    日本が破たんすることは多分ないとは
    おもいますが、危機感はもっといたほうが
    いいですね。よっぽどないとは思いますが。

  42. オレンジ より:

    日本の行く末はどうなっていくのかなんてあまり考えたくないことだけれど今のままではと思うことはあります。人との繋がりを大切にしようと思います。

  43. 野田 より:

    私が小さい頃福祉先進国はギリシャと言われ日本も将来そうなると言われていました。
    私が今会社に勤めているときにギリシャが崩壊しました。
    経済破たんで…。
    日本もそれに向かっていると思います。

    日本が今経済破たんにならないのは国の借金の殆どが日本人であるがすぐに返還を求められることがないと言われているので野放ししているだけ。
    これって子供が親にお金を借りて返さないパターンと同じ。

    こんな親不孝な議員ばかりがいる国家なら金正男の方がよっぽどいい國だと思う。
    あれは一人しかいないが日本にはそういうのが400人議員としているんだから問題だろう。

  44. にこ より:

    なんだか今の自分がいる環境を見てると危なくなってくるのも納得できてしまいます。毎日毎日危機感をもってるのは疲れてしまうけど、将来のことをきちんと考えなければ。

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

トラックバックURL: 
移住と一人起業の専門家:DAN
DANの半生

▼CLICK自由への道

人気のカテゴリー
カテゴリー

ページの先頭へ