合資パートナー募集ページ

 

 

韓国最大規模の生鮮市場で数十年以上のキャリアを持つ

トップトレーダーからの有利な情報をもとに、

 

韓国のハワイと言われる済州島(チェジュ島)の農家と栽培契約をし、

栽培された野菜を売買することで利益を得るというスキームです。

 

 

栽培のための契約資金は、ファンド法人を設立して集め運用しますが

このファンド法人を一緒に設立するパートナーを募集します。

 

ファンド事業に興味がある

日本人事業家、日本の会社が対象です。

 

 

 

 

1期目に目指すファンド資金は2,500万円ですが、

億単位の金額(年間運用金額1~10億円を想定)を動かせる事業として

長期安定的に関わって頂ける方を求めています。

 

 

シンプルに言えば、
77万円~220万円の出資比率に応じて、

年に428万円(※1)から6.08億円(※2)の利益配当

及び役員給与を受領できるスキームです。

 

※1 出資7%でファンド資金2,500万円の場合
※2 出資20%でファンド資金10億円の場合

 

 

これは、

 

1.ファンド資金を1年で4倍に増やせる、トレーダーの長年の経験と能力
2.韓国の栽培環境・法人設立に関する十分な知識
3.韓国現地の各農家との有利なコネクション
4.信頼できる現地の優秀な管理スタッフ

 

があって、初めて成り立つ事業です。

 

 

物を売り買いするファンドなら

ノンリコールなどのファンドがありますが、

栽培ファンドはおそらく世界初の種類のファンドです。

 

 

済州島の気候は比較的温暖で、

安定した生鮮野菜の栽培が可能。

 

例えば人参の栽培は種まきから収穫まで4~5カ月ですので、

種まき時期にある程度の予想ができます。

 

済州島見学会などもタイムリーに開催します。

 
 
 

このスキームの実績

 

2022年度は、およそ6ヶ月で

投下資金の2.5~3倍の利益率になっています。

 

天候不順で済州島産の人参が高騰しました。

 

 

済州島は寒暖中間地に属すので、

二毛作ですから年間に2回転します。

 

種まきは3~4月と6~8月の2回。収穫は各々3,4カ月後です。

亜硝酸塩が残るので連作障害があります。

 

 

昨年の場合は3~4月に種まきをした人参が競りで3倍、

それを2回繰り返しました。

 

 

 

韓国現地の農家の方々

 

 

韓国生鮮市場の様子

 
 
 

見込める利益

 

農家契約のための最低額は1,000万円で、

年間2回の栽培です。

 

単純に、農家への支払い:売値 が 1:2 とすれば、

半年間で1,000万円の元金が2,000万円

さらに半年で2,000万円の元金が4,000万円になります。

 

 

 

例えば、ファンドで集まった資金が1億円とすると

1億円を1年回して4億円に。

 

 

そこから

 

 ・利益分3億円×20%(韓国の法人税率)の6,000万円を納税
 ・経費(約1,000万円※)を差し引き
 ・各投資家への配当(25~30%)、1億円×30%の3,000万円を差し引き
 ・ファンド資金集金担当への報酬分(例として5%、1億円×5%の500万円)を差し引き

 

して残りが、約2.9億円。

 

 

この2.9億円を、法人の持ち分に応じて分配

 

例えばパートナーさんの持ち分20%なら、

2.9億円×20%で5,800万円が取り分となります

 

 

ファンド開始7ヶ月目以降については、

役員給与の受け取りも可能になります。

 

 

 

※経費は
 1.管理営業1人の人件費(済州島に担当者が1人常駐)
 2.宿舎
 3.車両代
 4.ソウルへの運送費
 5.パッケージの段ボール代
です。

 

車両は複数年使用できますから、初期費用以外にガソリン代と整備費用です。
人件費を含めて年間1,000万円程度を用意すれば問題ありません。

 

 

 

10億円を年間4倍で運用した場合、

会社の税引後利益は 40億円 - 9.6億円 = 30.4億円 になります。

 

これが毎年ということです。

経費部分は、誤差の範囲ほど小さいものになります。

 

 

実際のファンド事業のシミュレーションをすると、

もっとイメージが鮮明になります。 

 

年間30%の私募ファンドで、あっという間に

運用金額が大きくなることをご理解頂けると思います。

 

 

 

■現実的には、初めの6ヶ月が終了した段階で利益が発生していますので

7カ月目から役員給与を捻出できます。

 

その結果、年間の利益分を圧縮することができますので

会社の納税額は調整することができます。

 

7ヶ月目以降は、

税理士と相談しながら節税していくことになります。

 

取扱高が増大した段階で 済州島スタッフの増員も行います。

かかる税金を考えながら、役員報酬の増額や経費を

少し緩めに増やしていくなど節税をします。

 

 

■参加者は、年間30%の複利運用をする人が圧倒的です。

会社としては、年間運用金額を10億円に留めることを考えています。

 

運用資金を拡大させないことでファンド自体の人気が高まり、

参加者が再投資を繰り返すことになります。

 
 
 
 

合資の条件

 
このファンド事業は、
韓国側・DAN・ご参加くださるパートナーさんとの合資で
韓国に会社を設立します。
 
出資金比率で持ち株比率を決めます。
 
 
経営権のキープがあるため、韓国側が51%以上の株式を所有します。
 
残りの持ち分については、例えばDAN29%、パートナーさん20%
といった形で比率を決定します。
 
合資で設立した法人については、代表者を韓国人にしますので
表向きは韓国人の会社に見えます。そこに日本人が入っていても問題ありません。
 
 
 1.韓国法人の設立
 (資本金1,000万円と設立費用約100万円を持ち分で按分して負担、約1ヶ月で完了)
 

 2.日本に合同会社を支店として設立(済州島の韓国法人を本店に/約2ヶ月で完了)し、金融庁に届け出

 

 

 

この栽培ファンドの会社は、いくつあっても問題はなく

1社限定である必要はありません。

 

数社が設立されても、済州島の農地は広大ですので

農家はそれ以上にあります。

 

 

ファンド参加者には月2回程度の頻度で、

栽培経過報告の写真・栽培農家のインタビュー動画・

出荷状況の写真・競りの動画などを送信します。 

 
 
 

ご関心がある場合、下記

公式LINEへの無料相談をお願いします

 

LINEで連絡する

 

 

 

  個人情報保護の観点により完全に保護されています。

【プライバシーポリシーについて】

個人情報保護の重要性を認識し、適切に利用し、保護することが
社会的責任であると考え、個人情報の保護に努めることをお約束いたします。

個人情報の定義
個人情報とは、個人に関する情報であり、氏名、生年月日、性別、電話番号、
電子メールアドレス、職業、勤務先等、特定の個人を識別し得る情報をいいます。

個人情報の収集・利用
当方は、以下の目的のため、その範囲内においてのみ、個人情報を収集・利用いたします。当方による個人情報の収集・利用は、お客様の自発的な提供によるものであり、お客様が個人情報を提供された場合は、当方が本方針に則って個人情報を 利用することをお客様が許諾したものとします。

・ご注文された当方の商品をお届けするうえで必要な業務
・新商品の案内などお客様に有益かつ必要と思われる情報の提供
・業務遂行上で必要となる当方からの問い合わせ、確認、および
 サービス向上のための意見収集
・各種のお問い合わせ対応

個人情報の第三者提供
当方は、法令に基づく場合等正当な理由によらない限り、
事前に本人の同意を得ることなく、個人情報を第三者に開示・提供することはありません。

個人情報の管理
当方は、個人情報の漏洩、滅失、毀損等を防止するために、個人情報保護管理責任者を設置し、
十分な安全保護に努め、 また、個人情報を正確に、また最新なものに保つよう、 お預かりした個人情報の適切な管理を行います。

情報内容の照会、修正または削除
当方は、お客様が当社にご提供いただいた個人情報の照会、修正または削除を希望される場合は、
ご本人であることを確認させていただいたうえで、合理的な範囲ですみやかに 対応させていただきます。

プライバシーに関する意見・苦情・異議申し立てについて
お客様が、当ウェブサイトで掲示した本方針を守っていないと思われる場合には、お問い合わせを通じて当方にまずご連絡ください。
内容確認後、折り返しメールでの連絡をした後、適切な処理ができるよう努めます。