不倫彼女が鬱陶しくなる3つの瞬間


 

 

不倫彼女と奥さんとの狭間で揺れ動き、

悩んだ経験は?

 

 

 

俺の身近では会計士受験の

予備校時代の仲間、富山くん。

 

水道橋に毎日一緒に通っていた頃、彼の頭の中を占めているのは

勉強よりも不倫彼女のことだった(笑)。

 

 

 

 

 

不倫彼女が鬱陶しくなる時

 

 

例えば「どうせ私は2号だからね・・・」

 

こういったようにスネる態度を可愛げなく何度も繰り返してくる時に、

多くの男性は不倫彼女を鬱陶しく感じる。

 

 

また、不倫彼女が束縛しようとしてきた時も同じ。

 

奥さんとの話をすると露骨にやきもちを焼いたり、まして

自分と結婚してほしいなどと言い始めると、やはり男性も恐れおののく(笑)。

 

奥さんにバレたら家庭が崩壊する・・・これを感じ始めると、

ほとんどの男性は不倫彼女と距離を置こうとする。

 

 

そして何よりも、肉体関係に飽きてきた時

 

奥さんと違うものを求めていたのに、それに飽きると
やはり危険を冒してまで一緒にいようと思わないものだ。

 

 

 

彼女との不倫に未来がないと悟ったら、

経済的自立への道を。海外移住できるための

安定収入を得る方法

 

 

 

 

それでもパートナーより不倫彼女が魅力的に見えるのは

 

 

まずはその彼女との関係、リスキーな部分に刺激を感じるのが理由。

不倫は犯罪ではないものの、日本の法律上は違反行為になる(共同不法行為)。

 

この危うい感じを楽しんでいたのが、まさに富山くん。

それで俺がひっぱたくに至ったのだが(笑)。

 

 

やはり結婚生活というのは、同じ屋根の下で暮らす中で

どうしてもマンネリ化しやすい。お互いが常に努力をして

新鮮味を保つことをしないと、愛情はどんどん冷めていく。

 

そんな中で、家庭で袖にされているあなたの話をしっかり聞いてくれたり、

褒めてくれたり男性として認めてくれる存在は、やはり魅力的に感じる。

 

ある意味の現実逃避とも言えるが、家庭や仕事から解放されて

別の自分になれるような感覚・・・これが不倫彼女にやはりハマる理由だ。

 

 

それでもやはり、あなたに相当な覚悟がない限り

その彼女と一緒になって幸せになるのは難しい。

不倫には未来がないと言われるが、残念ながらこれは事実。

 

ほとんどの男性は、家庭やパートナーを捨てて

彼女と一緒になることはない。仮にそれを実行しても、

いずれまた同じように不倫に走るだろう。

 

 

奥さんや子供を悲しませないためにも、そして不倫彼女が本当のパートナーと

幸せになる機会を奪わないためにも・・・本当の道を探していきたい。

 

 

 

彼女と素質論で相性がバッチリと喜んでいたのは、ゴールデンウィークに

フィリピンに遊びに来た俺と同じアンチ不倫派の越苗(笑)。

 

フィリピンのドゥマゲッティにしばらく住んで生き方を変える決意をした彼。

フィリピン発のノアコインに手を出さなくて良かった(笑)。

 

 


メールアドレス >

よく読まれている記事



コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

自由への道▲CLICK

海外移住プロデューサー:DAN

 

 

フィリピン在住の40代独身男。

 

現地でフィリピン人の起業

支援をしつつ、日本人の

海外移住をサポート。

 

東南アジアを中心に世界を

周ることを日常とする。

 

 

DANの半生

▼CLICK自由への道

人気記事
カテゴリー
最近の投稿
自由への道

ページの先頭へ