不倫彼女が鬱陶しくなる3つの瞬間


 

 

不倫彼女と奥さんとの狭間で揺れ動き、

悩んだ経験は?

 

 

 

俺の身近では会計士受験の

予備校時代の仲間、富山くん。

 

水道橋に毎日一緒に通っていた頃、彼の頭の中を占めているのは

勉強よりも不倫彼女のことだった(笑)。

 

 

 

 

 

不倫彼女が鬱陶しくなる時

 

 

例えば「どうせ私は2号だからね・・・」

 

こういったようにスネる態度を可愛げなく何度も繰り返してくる時に、

多くの男性は不倫彼女を鬱陶しく感じる。

 

 

また、不倫彼女が束縛しようとしてきた時も同じ。

 

奥さんとの話をすると露骨にやきもちを焼いたり、まして

自分と結婚してほしいなどと言い始めると、やはり男性も恐れおののく(笑)。

 

奥さんにバレたら家庭が崩壊する・・・これを感じ始めると、

ほとんどの男性は不倫彼女と距離を置こうとする。

 

 

そして何よりも、肉体関係に飽きてきた時

 

奥さんと違うものを求めていたのに、それに飽きると
やはり危険を冒してまで一緒にいようと思わないものだ。

 

 

 

 

 

それでもパートナーより不倫彼女が魅力的に見えるのは

 

 

まずはその彼女との関係、リスキーな部分に刺激を感じるのが理由。

不倫は犯罪ではないものの、日本の法律上は違反行為になる(共同不法行為)。

 

この危うい感じを楽しんでいたのが、まさに富山くん。

それで俺がひっぱたくに至ったのだが(笑)。

 

 

やはり結婚生活というのは、同じ屋根の下で暮らす中で

どうしてもマンネリ化しやすい。お互いが常に努力をして

新鮮味を保つことをしないと、愛情はどんどん冷めていく。

 

そんな中で、家庭で袖にされているあなたの話をしっかり聞いてくれたり、

褒めてくれたり男性として認めてくれる存在は、やはり魅力的に感じる。

 

ある意味の現実逃避とも言えるが、家庭や仕事から解放されて

別の自分になれるような感覚・・・これが不倫彼女にやはりハマる理由だ。

 

 

それでもやはり、あなたに相当な覚悟がない限り

その彼女と一緒になって幸せになるのは難しい。

不倫には未来がないと言われるが、残念ながらこれは事実。

 

ほとんどの男性は、家庭やパートナーを捨てて

彼女と一緒になることはない。仮にそれを実行しても、

いずれまた同じように不倫に走るだろう。

 

 

奥さんや子供を悲しませないためにも、そして不倫彼女が本当のパートナーと

幸せになる機会を奪わないためにも・・・本当の道を探していきたい。

 

 

 

 

「先のない不倫、

どう別れたらいいんだろう?」

 

 

 

26で監査法人に勤め始めた頃、

元バイト仲間の片桐がそんな悩みを漏らした。

 

4年半に渡る彼の不倫。

別れるのはそうそう容易ではなかった。

 

 

 

 

 

不倫の別れの特徴

 

 

不倫を巡る人間関係の特徴は、

一度別れても復縁を何度も繰り返すこと。

 

フィリピン移住前、俺の周りにも不倫で悩む人が

少なからずいたので分かるのだが・・・普通の恋愛よりも

リスクと刺激がある分ドラマチックで、別れてもなかなか

忘れることができず、相手とつながり続けてしまう。

 

そもそも不倫相手には家庭があり、別れても

いつでも前の関係に戻れるという気持ちがあるのも大きい。

 

 

 

 

 

不倫の別れ方

 

 

ベストな不倫の別れ方としては、

以下の3段階。

 

 

まずは、あえて別れ話をしない

フェードアウトすること。

 

グチャグチャの泥仕合になるのが明白なので(笑)

最初からそれを避けるほうが賢い。

 

 

次に、ダラダラとつながれてしまう関係である以上

その不倫を終わりにするなら、こちらから

キッパリと連絡を断つこと。

 

さっき語ったように、不倫では多くの場合

別れと復縁を繰り返す。

 

LINEなどのアプリは全てブロックし、不倫相手を一切

目に触れないようにしていたのは恵だった。別れても

連絡してしまう意思の弱いあなたは、彼女を真似するのも一つ。

 

 

最後はメンタルの切り替え

 

そもそも不倫にハッピーエンドはないのだから、

この別れを機会に新しい道を歩むほかない。

 

気持ちの切り替え方としては、新しい出会いを求める、

恋愛以外の趣味や仕事に没頭する、今まで放置していた

大事なことに手をつけるようにして自分を「あえて忙しく」する。

 

人が無駄に時間があるとロクなことを

考えない生き物であるというのは、

俺自身が痛感している(笑)。

 

特に太陽が沈んで暗くなった後は

ポジティブに考えるのがそもそも難しいので、

その時間に独りにならない意識をしてみるのもいい。

 

 

また、そもそも相手は二股をするような人だったと

あえてネガティブに思い込む。さらに言えば不倫の代償を

払わなくてラッキーだった、加害者にならなくて良かったと

その幸運を確かめる。

 

「本当の出会いに別れは来ない」という言葉を思い出し、

これから来る本物の出会いにワクワクしよう。

 

 

 

 

「不倫の方法が知りたいです」

 

 

 

アンチ不倫の俺が、有楽町で飲みながら相談してきた川西に

説教に入ったのは言うまでもない(笑)。

 

 

 

 

 

うまくいく不倫の方法

 

 

個人的には、文字通り倫理的に問題のある不倫はもちろん

おすすめできることではないが・・・今まで出会った中で、

そうした関係を長続きさせてきた人達に共通の方法があった。

 

 

まずは、逢う場所に細心の注意を払うこと。

 

家族と行動するテリトリーで逢わないことは当然として、

車での移動を徹底し、具体的な物でプレゼントしないこと。
一夜を共にするのも不倫の方法としてはタブー。

 

 

自分の配偶者への接し方を変えないのも、

既婚者側の必須の不倫方法。

 

ちなみにスマホや携帯を2台持って使い分けているのは、

彼らにとって当たり前の常識になっていた。

 

 

さらに、うまくいっている不倫の方法として

会える時しか連絡しないということ。

 

どんなに不倫相手に連絡したくても、メンタルを

しっかりコントロールすることが長続きに必須の方法となる。

 

 

「吹き付けるような肉欲が・・・」

 

まるで森村誠一の小説のようなフレーズを吐きながら(笑)

コントロールの難しさを語っていたのは、高井戸駅近くの

騒がしい場所に住んでいるチョロだったが。

 

 

 

彼女との不倫に未来がないと悟ったら、

経済的自立への道を。海外移住できるための

安定収入を得る方法

 

 

 

 

方法以前に。不倫のリスクを知っておこう

 

 

また不倫の方法として、自分の職場で

パートナーを見つけるという人もいるが・・・

 

これはもともとリスクが高い行為。

 

人間関係が固定されている以上

周囲が2人の様子の変化に気づきやすいし、

かつダメになった時お互いの立場が気まずくなる。

 

もし本当にパートナーを探したいなら、職場以外の

コミュニティに参加したり、SNSで相手を探すのが

周りで行われている常套手段。

 

 

冒頭でも語ったように、俺は不倫を勧めることはできない。

 

何しろ、それで精神的経済的にボロボロになり

痛手を被った人達を何人も見てきた。

 

不倫はそもそも他人の幸せに土足で踏み入る行為であり、

一方の相手を自分の都合のいい人にする方法。

 

当然ながら不倫を続けた先に、お互いにとって明るい未来はなく

またバレた場合の慰謝料の問題もあり、リスクが小さい恋愛方法でもない。

 

心から穏やかになれる本物のパートナー、

健全な恋を探したいものだ。

 

 

 

 

不倫が成功しても、むしろ泥沼に・・・

 

それを立て続けに目の当たりにしたのは20代前半、

まだ和光で公認会計士受験生だった頃。

 

 

むしろ、不倫は成功しないに

越したことはないと悟った。

 

 

 

 

 

不倫を成功させたらどうなるのか

 

 

結論から言えば不倫の成功、つまり不倫が長続きしていた人で

俺の周りに幸せな人は一人もいなかった。

 

 

とにかく、だんだん不倫相手の配偶者に対する嫉妬、

「どうせ自分は二番目だから」なんてフレーズが増えてくる。

 

職場にいる時など場所を問わず、

電話の回数が増える始末。

 

配偶者との話が出るたびにやきもちを焼くし、最後は

ほぼ必ず「いつか一緒になってほしい」というフレーズに。

こうなると成功した不倫も泥沼だ。

 

 

家庭を持っている側は「自分の家庭が崩壊するのでは」という恐怖で

距離を置こうとするが、やはり人間の感情というのは簡単に割り切れず

ズルズルと続いていくことが常。

 

一方で、いつかはきっとと期待しながら待たされる不倫相手は

本物のパートナーと出会うチャンスがどんどんなくなっていき、

気づいたら歳をとっている・・・こんなことにも。これでは成功も何もない。

 

 

不倫に明るい未来はない・・・希望のないことで

成功を目指す前に、この事実を覚えておこう。

 

 

 

 

 

不倫を成功させるタイプの特徴

 

 

ちなみに、不倫が長続きする

成功者タイプの特徴も示しておこう(笑)。

 

 

気配り上手でマメ、呼吸のように褒めることができたり(笑)

何より異性としての色気がある人。

 

この色気と言うのも、見た目というより

ちょっとした行動に魅力を感じるということ。

ギャップ萌えするのは不倫の成功者も同じだ。

 

 

行動面で言えば、不倫相手と会う回数をちゃんと自制できたり

気持ちをコントロールできる人が成功する。自分のパートナーと

接し方を変えないのも必須。

 

不倫相手と会う時は必ず、時間と安全な場所を明確に決めている。

一泊してくるなどもってのほかで、成功者にこういう人はいない。

 

 

不倫自体が都合のいい行為だが(笑)、大事なものの優先順位を

しっかり分かっていること・・・ これが不倫を成功させる人の

メンタリティと行動になる。

 

 

しかし驚くのが、日本にいる不倫カップルの概算数値・・・

やはり「結婚制度はいらない」のかもしれない(笑)。

 

 

 

彼女と素質論で相性がバッチリと喜んでいたのは、ゴールデンウィークに

フィリピンに遊びに来た俺と同じアンチ不倫派の越苗(笑)。

 

フィリピンのドゥマゲッティにしばらく住んで生き方を変える決意をした彼。

フィリピン発のノアコインに手を出さなくて良かった(笑)。

 


メールアドレス >

よく読まれている記事



コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

移住と一人起業の専門家:DAN
DANの半生

▼CLICK自由への道

人気のカテゴリー
カテゴリー
最近の投稿

ページの先頭へ