現地在住者がフィリピンでの起業を語る


 

 

「フィリピンで起業して

美味いラーメンで勝負です!」

 

 

 

とにかく、うどんのような太麺と辛いスープの

ラーメンが売りの仲間、阿久津さん。

 

いよいよ日本を飛び出し、フィリピンで

起業することを真剣に考えていた。

 

 

 

 

 

フィリピン起業のメリット

 

 

これから最も経済が伸びる国として注目されているフィリピン。

そんな勢いがありながらもまだまだ人件費と物価が安いため、特に

起業して現地の労働力を使う場合、日本ではありえないコストで運営が可能に。

 

俺が一時マーケティングを手伝っていたセブの語学学校についても、

優秀な大学を出て教育経験豊富な先生でも1万ペソ、2万円ちょっとで

1か月雇えていた。

 

 

そしてフィリピンでは、日本ブランドがまだまだ通用する。

日本人というだけで信用してもらいやすく、信頼度の高いところから

起業していけるのはかなり有利だ。

 

 

 

フィリピンに住んで生活費を抑え、

余剰部分を投資に回す。安全な

現地起業の具体的な方法とは?

 

 

 

 

フィリピン起業の問題点

 

 

やはり大きいのは、フィリピンと日本の違い。

 

フィリピン人は日本人が好きで親日だが、

やはり一緒に仕事をするとなると別。

 

時間に対する考え方やお金の扱いの点、言い訳が多く

小さなウソも混じってくるところ。仕事に対する勤勉さや

休み、残業に対する考え方もだいぶ違う。

 

このあたりは、フィリピンでビジネスをするなら

彼らのことを理解し、歩み寄るスタンスでいなければ

事業は早晩続かない。

 

 

また、まだまだ後進国のフィリピンでは

他の東南アジアの国と同様にコネが重要であるということ。

 

極端に言えば、コネとそれなりの資金があれば

フィリピンでの起業はうまくいく。それは経済が波に乗っていて、

まさに高度成長期の日本のような状態だから。

 

 

また、マニラでは日本の元暴力団が潜伏していて

シマ争いをしていたり、現地でビジネスを始めた日本人から

みかじめ料を徴収したりという話もある。

 

フィリピンに来ても自由にビジネスがやらないのは歯がゆいが、

命には代えられない(笑)。少なくとも事前の情報収集は必須だ。

 

 

おすすめは、起業するにしてもフィリピンでは費用を抑えることを

主なメリットと捉え、マーケットは日本にすること。

 

ニュースレターで伝えているような

オンラインビジネスなら、それが可能になる。

 

 

 

フィリピン起業してフィリピンで税金を払うことが

多くなったのは、夜遊び好きの地元仲間ポン。

 

フィリピンの正月にセブで一緒に飲んだ彼も、

俺と同じく母親に似て太りやすい体質(笑)。

 

 

メールアドレス >

よく読まれている記事



コメントは15件です

  1. KR より:

    フィリピン、もとい東南アジアの人は陽気でおおらかというイメージがありますが、

    雇用する側となると国民性の違いに戸惑うことも多そうですね…。

    上手に関係を築くことが大切ですね。

  2. jakkri より:

    起業する国として一つ候補に上がっているのがベトナムかフィリピンですまだまだ経済が成長しそうなところがいいですねフィリピンのマカティには自分の知り合いでガツンと起業してばりばりやってる奴はいますがそれなりに面白い国だそうです何しろ英語が通じるのがいいと言っていました日本人も好意的に受け入れられているのですごく仕事がやりやすいと言っていましたただし変な人も多いので気をつけるようにと自分の中で勇気とこれだけで終わりたくないというその情けなさを天秤にかけて自分で行動を起こしてみます 投稿する時はよろしくお願いします

  3. kinz より:

    日本とフィリピンとの考え方の違いはあるんですね。仕事となるとやはり日本人の思考で考えてしまってうまくいかないことになりそうです。
    国のことだけでなく人のこともしっかり考えてビジネスはしないといけませんね!

  4. あーちゃん より:

    フィリピンでの企業には向いている国だということが分かりました。
    しかし、国境を越えるわけですから、日本人と考え方が違って当たり前。

    フィリピンの方とうまく付き合っていくにはそれなりの覚悟と知識がいりそうだと思いました。

  5. こう より:

    お国柄の違いですね。プライベートとビジネスでは別でしょうが、やはりお互い譲歩できるところは譲歩してお付き合いしていく必要があるのでしょうね。参考になります。

  6. 0824 より:

    日本で起業するとはまた違ったメリット、そしてデメリットがあるんだと改めて思いました。
    この記事ではそれらが詳しく書かれてあり、起業を考えている人はとても参考になりますね。
    生まれ持った考え方の違いの差をどうやって埋めていくか、また国境を越えた人とどうやって関わっていくのか、今一度考えさせられます。

  7. やすひろ より:

    フィリピンでの起業、お国柄で考え方や習慣が違うのはなんとなくわかりますが、お金について、非常に大切な感覚も違うとなると大変そうです。

  8. まーちゃん より:

    フィリピンでの起業は
    日本での起業とはやはり違うものだと
    思いました。
    言葉の違い、環境の違いなど様々ですね。

  9. 大工さん より:

    フィリピンの事は、ほとんど詳しく無いのですが、自分大工さんなので、建築って言うのは、少し興味ありますね。主に住宅とかはどんな感じなのか、日本みたいに木造建築とか建てられるのか?風土的なのも関係あるのかね。他の企業的な物はチンプンカンプンで、ごめんなさい。

  10. だい より:

    フィリピン人が日本人大好きなのを初めて知りました。
    これからもしどこかでフィリピン人に会ったら優しくしてあげたいです。

  11. ひでもん より:

    異なる文化の国での起業は克服しなければならない壁もたくさんあるんですね。
    それでもフィリピンは魅力的な新市場なんでしょうね。

  12. コーヒー より:

    人種の違いで少し考え方も違ってくるのは仕方のない事ですね
    しかしフィリピン人は親日の方たちが多いからビジネス自体はやりやすそうですね。
    フィリピンに興味が出てきました。

  13. ひかり より:

    フィリピンでの起業も
    日本での起業も
    やはり色んなことを調べてからでないといけませんね!
    成功者は一握りです。
    自分にもできるでしょうか。

  14. toki より:

    フィリピンでの起業は資金は少なくて済みそうですが、危険は少なくなさそうですね。起業するならしっかり調査してからですね。ところでフィリピンは熱帯?ラーメンは暑くないですかね。

  15. しぃ より:

    フィリピンでの起業だと人件費が安く済むのは良いですね。日本人が勤勉すぎるのかもしれませんが、フィリピンの人たちの生まれ持っての性格だとか、仕事に対する姿勢を理解できないと、共に仕事をしていく場合とても苦労しそうな気がします。おおらかな気持ちで歩み寄ることが大事ですね。

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

移住と一人起業の専門家:DAN
DANの半生

▼CLICK自由への道

人気のカテゴリー
カテゴリー

ページの先頭へ