フィリピンの面白い、笑える話ランキング!


 

フィリピン人がどこかコミカルなせいか、

いかにも面白い話が多そうな気配がしないだろうか?(笑)

 

 

文化が異なる国では、

自分の国では考えられないことが常識となっている。

 

もちろんフィリピンも特有の文化を持っていて、

面白い話が結構ある。

 

旅行で訪れた際には、是非その文化に触れて

フィリピンを楽しんでもらいたい。

 

 

それでは、

どのような文化があるのか詳しく見ていこう。

 

 

フィリピンで面白い話なら必ずチェックしたい「フィリピンあるある」

 

「ジョリビー」とは何か知っているだろうか。

 

実はこれ、フィリピンにあるファーストフード店の名前で、
フィリピンでは絶大な人気を集めている店なのである。

 

フィリピン人から非常に人気が高く来客も多いためか、

店員の数が異常に多いのも特徴の一つだ。

 

 

メニューも豊富でチキン、ハンバーガーなど
様々な味を楽しむことができる。

また、味付けはフィリピン特有の味でされているものが多くある。

 

 

例えば、ミートスパゲッティには

バナナケチャップを使用して味付けが行われているため、
通常のミートスパゲッティよりも甘い味わいとなっている。

 

価格もとても安く200円ほどから楽しめるものが多いので、

現地を訪れた際にフィリピンの味を試してみるのも良いだろう。

 

 

フィリピン人は

「ジョリビー」だけでなく

音楽も大好き。

 

とにかく歌うことが大好きで、
なんと1家に1台カラオケセットがあるとも言われている。

 

また、家でカラオケを楽しむことに止まらず、
レストラン等でバンド演奏が行われていることも数多くある。

 

 

フィリピンのお店に入ると、

店員さんの歌が楽しめるという

フィリピンでしか味わうことができない体験ができるかも。

 

時にはお客さんが自由に歌うことが可能となっているお店もあるので、

フィリピンを訪れた際はあなたも

大勢のお客様の前で歌を披露してみてはいかがだろうか。

 

 

また、

フィリピンの人はあらゆる面においてルーズな傾向にあり、

待ち合わせに30分程遅れて来るのは日常のこと。

 

フィリピン人と遊ぶ約束をするときは、

遅れてくることを想定して

待ち合わせ時間を設定することをおすすめする。

 

さらに、飲食店でも食事が出てくるのが
遅いことが頻繁にんあるので、

フィリピンで食事を行う際は気をつけてほしい。

 

 

 

骨を折って実行することが大事と思うあなたへ。

 

妥協ゼロの徹底サポートで、ゼロから順序立てて

成功への道を歩みませんか?

 

 

 

 

フィリピンでびっくり!こんな常識聞いたことない!

 

 

フィリピンを訪れる前に必ず終えておきたいのが、

フィリピンのトイレ事情だ。

 

 

実はフィリピンでは
トイレにトイレットペーパーを流す習慣がない。

 

これはフィリピンのトイレはパイプが細くなっているため、

トイレットペーパーを流すと

トイレの詰まりに繋がりやすくなってしまうからだという。

 

 

この常識を知らずに、

間違ってトイレットペーパーを流してしまうと、

 

トイレが詰まってしまうという

思いがけないトラブルに見舞われる可能性もあるので注意しよう。

 

トイレットペーパーはトイレに流さず、
必ずゴミ箱に捨てましょう。

 

 

また、

トイレットペーパーが

トイレの外に取り付けられていたりする場合もある。

 

または元々備え付けられていないところもあるので、
ティッシュを持ち歩いておくことをおすすめしたい。

フィリピンの交通事情も押さえておきたいポイントだ。

 

 

フィリピンはとにかく交通渋滞が多い。

車移動で時間通りに予定を進めるのは、
至難の技と言えるだろう。

 

少しでも車を早く進めようと車線を無視した
マナーの悪い運転も目につく上、
クラクションが鳴り響いていることも日常の風景だ。

 

フィリピンでは車の所有率が年々増加しているものの、
道路の整備が進んでいないため近い将来に
交通渋滞がなくなるということは望みにくくなっている。

 

 

また、ひどい交通渋滞を防ぐために、

車のナンバープレートの数字によって月曜日は

末尾が1の車は乗り入れ禁止と言った交通規制を敷いているので注意しよう。

 

また、旅行の際などにタクシーを何げなく利用してしまうと
交通渋滞のせいで利用料金が思わぬ金額になってしまうこともあるので

気をつけておきたい。

 

 

フィリピンを訪れた際は、

特有の文化が味わえる地を

訪れてみてはいかがだろうか。

 

 

フィリピンで大人気となっているファーストフード店では
フィリピンでしか味わうことのできない味を味わうことができる。

 

俺と同じマザコンのリチャードとジョリビーを訪れた時は、

勝手に出てきた甘いアイスティーを吹き出しそうになった(笑)。

 

 

町のレストランでは

即席コンサートを楽しめるかもしれない。

 

独特の文化に触れ、
大いにフィリピンという国を肌で感じてほしい

 


メールアドレス >

よく読まれている記事



コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

移住と一人起業の専門家:DAN
DANの半生

▼CLICK自由への道

人気のカテゴリー
カテゴリー
最近の投稿

ページの先頭へ