パンシットカントンについてフィリピン在住者が語る


 

 

フィリピンのソウルフード(笑)、

パンシットカントンを食べたことはあるだろうか?

 

 

 

仲間を始め、フィリピンに足を運ぶ日本人に人気の

ローカル料理パンシットカントンも、基本的に日本人の口に合う

食べ物の一つだ。

 

 

 

 

 

パンシットカントンとは

 

 

パンシットカントンは「フィリピン風焼きそば」とも言えるもので、

気合いの足りない日本の焼きそばといった感じ(笑)。

 

日本の定番の焼きそばと見た目は近いが、ソースを

使い忘れたような薄味が(笑)特に日本人男性には物足りない様子。

 

フィリピン料理の濃すぎる味に慣れている現地在住の俺には、

このライトな味付けが胃に優しいが。

 

 

このパンシットカントンは、袋詰めのインスタントで

コンビニやスーパーで売られているものも有名。

 

これはまた手作りのパンシットとは別物としてファンが多く、何しろ

スーパーでは一角にコーナーが設置され、全てインスタントパンシットで

埋まっているほど。

 

このインスタントパンシットは味が濃い目。ただ日本のカップ麺同様

栄養がほとんどないのにカロリーや塩分だけ高かったりと、完璧な

ジャンクフード(笑)。健康を考えて食べ過ぎないようにしたい。

 

俺の場合は、これを食べ過ぎると翌日

両目の周りが腫れぼったくなる。

 

 

 

 

 

パンシットカントンをインスタントで作るならおすすめなのは

 

 

フィリピンに来たあなたなら知っているはずの

ラッキーミー(Lucky me!)が、やはり美味しい。

 

 

ちなみにインスタントのパンシットカントンは、

日本のカップ焼きそばと違い、麺が袋に直接入っている。

 

これをどうやって食するのかというと、フィリピンでよく売っている

温めるだけで保温機能のない電気ポットを安く購入(800円程度)。

 

お湯を沸かし、その中に袋から出した麺を割って入れ

2分ほど待つ。

 

その後ポットのお湯を流し、ほぐれた麺を容器に移して

調味料を混ぜれば準備完了だ。

 

 

要は、日本のカップ焼きそばの容器が

電気ポットで代用されるということ。

 

このフィリピン人流の荒技にチャレンジしたければ、

油分で犠牲になるポットを用意しておこう(笑)。

 

 

 

パンシットにハマったあなたは、

フィリピン移住向き。カントン中毒に

なって移住を決めたら構築しておきたい、

場所を問わない安定収入とは?

 

 

 

 

パンシットカントン以外で俺が

日本人の仲間におすすめしているのが、

代表的なフィリピン料理シニガン。

 

試したことはあるだろうか?

 

 

俺が初めてフィリピンでシニガンを食べたのは、

当時付き合っていたアーメルが彼女の実家、

パンパンガのルバオに招待してくれた時。

 

 

 

 

 

フィリピンのシニガンという食べ物

 

 

とにかく強い酸味、そして具としてはアドボと同じように

肉以外にも野菜、魚など何でも入れることができるシニガン。

 

マレーシア料理として有名なシンガンが、このシニガンに近い。

名前も似ているのでルーツは一緒なのか。

 

かなりの酸味から、日本人には好みが分かれる。

妊娠初期の妊婦さんはやみつきになりそうだが(笑)。

 

 

もともとフィリピンでは、このシニガンは首都マニラのある

ルソン島の人達が作り始めたもの。俺がいるセブやミンダナオでは、

ジンジャーが加わったテイストになるのが特徴。

 

野菜の少ないフィリピン料理の中でも、一度に多くの種類の

野菜が摂れるため、お世辞にも健康的ではないフィリピン料理の中では

ヘルシーなメニューだ。

 

 

 

 

 

フィリピン風シニガンの作り方

 

 

シニガンの材料は日本でも全て手に入るので、

家庭で簡単に作ることができる。

 

あなたが日本にいるなら、特に冬の間

体を温めるのにいいだろう。

 

 

シニガンの材料は、例えば4人家族なら

 

玉ねぎ・大根1/4ずつ、トマト2個、豚バラまたはスペアリブ280g、

オクラ・ししとう5個ずつ、ナス1本、レモン1個。

 

調味料としてはナンプラー(ダメなあなたは避けてもいいが)、

そして塩コショウだ。

 

 

豚肉・トマト・玉ねぎと4杯の水を火にかけ、

次に大根と塩コショウ、ナスとオクラ、ししとうをぶち込む。

 

最後にナンプラーとレモン汁で終了。

フィリピン料理なので大ざっぱでいい(笑)。

 

もしフィリピンにいるなら、

レモン汁ではなくタマリンドを使うとベター。

 

 

ちなみに蛇足だが、もっと日本人好みで

日本にある食材で簡単に作れるのがアドボ。

 

俺はポークがお気に入りだが、これは本当に美味なので

是非トライしてほしい。

 

 

 

パンシットをほおばっている姿はとてもリーダーの素質

優秀な人材の特徴も感じさせない、自称「カントン男」こと松永。

 

俺と同じオンラインビジネスですでにサラリーマンの

生涯年収分を稼いだ彼。今はそのほとんどをアルトコインに

費やしているが・・・果たして大丈夫なのか(笑)。

 

 

メールアドレス >

よく読まれている記事



コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

移住と一人起業の専門家:DAN
DANの半生

▼CLICK自由への道

人気のカテゴリー
カテゴリー
最近の投稿

ページの先頭へ